アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

新幹線の早割チケットは?東京大阪間がお得なものについて解説

2017/02/24

東京から大阪への新幹線って早割みたいなのはないのかな。学生時代は学割があったけど、社会人になっての移動って結構お金かかりますよね。っていう方に向けて、東海道新幹線の割引切符を解説します。

スポンサードリンク

新幹線の早割チケット

新幹線の割引切符って、以前の記事にも書いたけど、20世紀だと往復割引か周遊切符との組み合わせぐらいしかなかったんですよね。

ですが、JR分割後各社こぞって割引切符を出しています。JR東日本については以前に書いた通り。えきねっとが一番使勝手がいいみたい。登録もタダですし、使えるクレジットカードも自分が持っているのがほぼ使えますからね。

JR西日本はJR九州とか四国にも対応しているので、そっち方面ならJR西日本のおでかけネット。これがえきねっとに対応するもので、やはり登録も無料。クレジットカードも持っているものがほぼ使えます。

が、新幹線の中で一番乗車数が多いというのは東海道新幹線なんですね。まあ、新幹線を使う人の多くはビジネスマンですからね。東京から大阪とか、東京から名古屋への移動に使いますよね。

で、東海道新幹線はJR東海。ってことで、えきねっとでもおでかけネットでも予約は出来るんですけど、安くならないんです。JR東海ですから。じゃあ東海道新幹線だと安く乗れる方法はないのかってことですが、当然あります。それについて解説します。

新幹線の早割東京から大阪

東海道新幹線というと東京から大阪。この間の割引切符を見ていきましょう。定価(2016年2月現在)でのものと比べてみると

・普通車指定席(のぞみ) 14450円
・普通車指定席(ひかり・こだま) 14140円
・普通車自由席 13620円
・新幹線回数券(普通車指定席用) 13690円 6枚セットの1枚あたり
・ぷらっとこだまエコノミープラン 10300円 前日までに購入
・e特急券(普通車指定席) 13570円
・EX-ICサービス(普通車指定席) 13370円
・IC早特(タイプB 普通車指定席)  12340円 3日前までに予約
・IC早特(プラスEX 普通車指定席)  12340円 3日前までに予約
・ICサービス(プラス・普通車指定席) 13940円

そうすると、この中では、【ぷらっとこだま】が一番安いですよね。でも、こだましか利用できません。各駅です。のぞみとくらべると2時間ぐらい余計にかかります。となると、ちょっと出張とかではどうですかね。遊びに行く場合はいいですけどね。

他のものを簡単に説明すると、【e特急券】というのは、 会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引きっぷがe特急券のことです。新幹線乗車にはe特急券と通常運賃の乗車券が必要です。乗車当日の予約でも購入可能ですが、駅の窓口などでは購入はできません。

が、エクスプレス予約を使うのであれば、 【EX-ICサービス】の方がお得です。 おなじ「エクスプレス予約」の会員専用のチケットレスサービスというだけですから。スイカやイコカみたいに、専用のICカードを改札口にかざすだけで通れます。もちろん、指定席の座席については、改札口でICカードをかざしたら自動的に出てきます。スイカやパスモになれている人なら全く問題なし。

自由席の定価より少し安い価格で指定席に乗ることができます。チケットレスサービス利用が条件で、駅の窓口などでは購入できません。それに。乗車当日の予約可もできるってことでお勧めです。で、エクスプレス予約だともっと安い【IC早特】というのがあります。IC早特は3日前までの予約をすることで、通常運賃料金より大幅に安くなるもの。グリーン車はさらにお得になります。駅の窓口などでは購入はできません。

ということで、東海道新幹線をある程度使うのであれば、【エクスプレス予約】に登録するのがお勧め。ただしエクスプレス予約は、専用のクレジットカードが必要なんですよね。それに年会費が1000円ほどかかります。

が、上に書いたように、東京から新大阪を1往復すればもとは取れます。ですので、年に2回以上東京から大阪を往復するのであれば、エクスプレス予約に登録しておくのが良いかと思います。ほんと直前まで予約変更が何回もできますからね。席も窓側から通路側まで選び放題です。


スポンサードリンク

新幹線の早割宿泊があると

じゃあエクスプレス予約に登録登録ってことですが、唯一もっと安いパターンがあります。宿泊する場合です。その場合は、JR宿泊予約と言うホテルと往復の切符が一体となっているのが一番安いです。

往復切符とホテル込で2万円からありますから。でも、曜日や時期によってはすぐに満杯になることも多いので、その辺りはちょっと厳しいですかね。

日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」が一番有名。ですが、土日はほぼとれません。あとゴールデンウィークとかお盆・正月も厳しいかな。

それに対して、JR東海の「JR東海ツアーズ」のものは比較的土日でも取れます。が、ちょっと日本旅行に比べて高いことが多いです。と言っても、切符とホテルとを別々に取るよりかは安いですけど。

ですので、宿泊する場合は宿泊セットプランも参考にしてみてください。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ネットが普及してから本当に便利になりましたよね。私が学生の頃は本当に往復割引か、あとは周遊券とかミニ周遊券と組み合わせるぐらいしかなかったんですけどね。

それに予約もプッシュホンで出来るようになったときはとっても画期的でした。が今ではスマホで直前まで変更まで出来てしまいますからね。

ということで、文明の利器を使いこなして快適な旅を。

関連記事
北陸新幹線はくたかの自由席の混雑具合は?
新幹線の早割 東京からだと? 
新幹線とホテルのパックツアーは? 

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,