アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

新幹線の早割 大阪からは?博多から大阪間のお得な情報を紹介

2017/02/24

今大阪に住んでいるけど、今度福岡に行くことになった。やっぱり新幹線が一番ラクチンだし早そう。といっても意外と値段がするんですよね。何か割引切符みたいなものはないかな。という方に向けて解説します。

スポンサードリンク

新幹線の早割 大阪から西は?

大阪から福岡っていういうか、JRの駅は博多になるんだけど、その間の割引切符って何があるんだろう。もちろん、往復割引は知ってるけど。ってことですが、新幹線の早割というか割引切符について、JR東日本管轄、JR東海管轄と書いてきました。ということは、やはりJR西日本管轄について書かないといけませんせんよね。

大阪からはJRの西日本の管轄。東京から博多まで新幹線に乗ると、大阪まではJR東海の車掌さんがアナウンスするけど、大阪からはJR西日本の車掌さんに代わるんですよね。ってことで、新幹線の切符ももちろんJRの西日本が販売。といっても、東京や名古屋でももちろん買えますけどね。割引に付いては、JRの西日本が充実しています。

以前書いたように、最近ではネットサービスも全国のものを扱っています。JR東日本のえきねっとでも東京から博多までの切符が買えますし、帰りも買えます。おんなじようにJR東海のエクスプレス予約でも、東京から博多まで、また新大阪から博多まで買うことができます。

が、やっぱり地元は強い。ってことで、JR西日本のおでかけネット。これには登録しておいたほうがお得です。だって、これまた登録だけは無料。クレジットカードも、新しくする必要はなくて、ほとんどのクレジットカードが対応。ですから、今持っているカードが使えるってことなんですね。

じゃあ、実際に新大阪から博多まで、どんな切符があってどれぐらいの違いなのか。その辺りを見ていきましょう。

新幹線の早割 博多から大阪間は?

大阪から博多って、高速バスはバンバン出ているし、LCCの飛行機も飛んでる。ってことで、JR西日本はいろいろとあの手この手で安さを強調しています。実際に現在販売されている新幹線の切符を見てみましょう。

・普通車指定席(のぞみ・みずほ) 15310円
・普通車指定席(さくら・こだま) 15000円
・普通車自由席 14480円
・普通車指定席(のぞみ・みずほの往復割引) 14340円
・普通車指定席(さくら・こだまの往復割引) 14030円
・普通車自由席(往復割引) 13510円
・新幹線回数券(指定席用) 13270円 6枚セットの1枚あたり
・山陽新幹線4枚きっぷ 13470円 4枚セットの1枚あたり 
・新幹線福岡割引きっぷ・新幹線大阪割引きっぷ 13470円 往復タイプの1枚あたり
・バリ得こだま 7700円 前日までに購入
・こだ丸 7700円 前日までに購入
・きままにこだま 7900円 前日までに購入
・こだま早特往復きっぷ 7715円 往復タイプの1枚あたり。14日前までに購入
・スーパー早特きっぷ 10290円 14日前までに購入
・e特急券(普通車指定席) 13240円
・e特急券(指定席・往復割引) 12270円
・eきっぷ(普通車指定席) 13240円
・eきっぷ(指定席・往復割引) 12270円
・EX-ICサービス(普通車指定席) 13240円
・IC早特(タイプA 普通車指定席) 11780円 3日前までに予約

となっています。こうみると、「バリ得こだま」とか、「こだ丸」とか、「きままにこだま」とかが安く見えますが、こだまですからね。時間を気にしない人はこれでいいしょう。だって、正規料金の半額ですからね。

でもね。のぞみやみずほだと、博多・新大阪間は約2時間30分。それに比べて、こだまだと4時間半から5時間。この差は大きいでしょう。ですから、学生さんとか、自分探しにふらっと行く旅とかだどいいけど、ビジネスや予定が決まっている場合はどうしょうしょうかね。

ということで、のぞみ・みずほ・さくらで考えてみましょう。そうすると、やはり「スーパー早得きっぷ」が10290円っことで、一番オトクですよね。これがいわゆるJRの西日本のおでかけネットで申し込むというもの。ですから、おでかけネットは登録だけはしておきましょう。

ただし、14日前までの予約ですからね。そこまで先の予定じゃないっていう場合は、やはりIC早特がおすすめ。エスクスプレス予約に登録必要ですけどね。こっちは、登録料が年に1000円かかります。が、正規料金と比べると3500円安いですからね。片道だけでも十分お得。往復すれば豪華弁当が食べれます。

もちろん、今からすぐに乗りたいと言う場合は、エクスプレス予約のEX-ICサービス。これでも片道2040円のお得ですから、登録料を考えてもお弁当代は出ます。

ということで、安いだけなら高速バスを使ったほうが安いですから、ある程度の早さも考えると、「おでかけネット」と「エクスプレス予約」を使い分けるのが良いでしょう。もちろん、私はその2つは登録済み。登録だけはただなので、JR東日本の「えきねっと」にも登録しています。


スポンサードリンク

新幹線の早割 九州から大阪は?

九州新幹線が出来てから、のぞみ以外に、みずほやさくらといった、以前の寝台特急だった名前の新幹線ができていますよね。早さだけなら、のぞみが一番速いです。時間的にはのぞみとみずほは一緒。さくらは、多少停車駅が増えるので、博多から大阪間では10分ほど遅くなります。新神戸に停まることが多いのかな。

ですが、この区間に乗るのなら、絶対にみずほかさくらおすすめ。というのも、おなじ700系なんですけど、車内の座席が違うんです。のぞみはABCと3列で、DEと2列ですよね。東海道新幹線ですから、とにかく一度にたくさん人を運ばないといけません。が、みずほとさくらは ABで通路、CDなんです。普通車ですよ。ですから、1座席が広い。それに木目調でちょっと高級感溢れています。

ですので、本数自体がそんなに走っていませんが、可能であれば、ぜひみずほかさくらに乗られることをおすすめします。ウッシッシな旅になること間違いなし。もちろん、料金はみずほとのぞみは同じ。さくらは上に書いたようにちょっと安くなります。その分10分ほど時間が余計にかかりますが。気にかけてみてください。


yorezoの戯言

ということで、以前からJR西日本とかJR九州って車両にこだわっていましたが、サービスの方もライバルに負けないように充実しています。

おすすめパターンとしては、エクスプレス予約に登録して、そこでは指定のクレジットカードになりますから、それをおでかけネットでも登録すれば、新幹線用にはこのカードってことで、煩わしくないと思います。

では、良い旅を。

関連記事
新幹線の早割 東京からだと?
新幹線の早割りチケットは?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,