アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

三社祭の見どころは?日程やアクセスについて紹介します

2017/02/24

東京のお祭りで有名な三社祭。前から気になっていたけど、今年は5月に東京に行くことになりました。ちょうど日程が合うので見てこようと思います。ところで、三社祭の見どころってなんなの?っていうあたなに、みどころやアクセスについて紹介します。

スポンサードリンク

三社祭の見どころは?

三社祭って名前だけは知ってるけど、どういうお祭りなんでしょうか。三つの神社のお祭りなんですかね。三社ってなんじゃとか言ってると、つまみ出されるかも。

三社祭っていうのは、三つの神社じゃなくて、浅草神社の旧名である三社大権現社または三社明神社に因んでいるんですね。ですから、正式名称は「浅草神社例大祭」というもの。一応ウンチクも書いておかないとね。「三社祭を見てきたぜ」って言ったら、「3つの神社のお祭りなんだ」とか言われて、「そうそう」とか返事すると、知ってる人に笑われますからね。

で、その三社祭り、何を見ればいいんでしょうか。もちろん、御神輿です。っていってもこれがたくさんあるんです。

1:氏子各町神輿連合渡御
  これは土曜日に行なわれます。浅草寺浦に各町の神輿が集まり、そこから各町に担いで行きます。昼12時頃からです。
 
2:宮出し
  日曜日の朝朝6:00からの行事でこれは見るべき価値があると思います。但し、凄い人で中々見れません。どうしても見たいって言う場合は、土曜日の夕方あたりから浅草寺の社殿の上で場所取りした方が良いでしょう。
 
3:本社神輿町内渡御
 本社渡御の中で一番見ごたえがあるのは西浅草三北町会です。通称「マルキンさん」が担ぎます。背中の彫り物を見せびらかしながら神輿の上に乗って渡御されます。場所は浅草ビューホテルと合羽橋の商店街の丁度中間です。渡御時間は11:30からとなっていますが、正確な時間に行ったのでは凄い人で見物する事すら出来ません。遅くとも11:00前には行って下さい。脚立を持参されるなら、早めに場所取りをしてください。神輿好きなら一度は見てみてくださいね。午後は西浅草三北町会の町内神輿(本社より大きい神輿)が渡御されます。この町会の本社渡御と町内神輿渡御を見ただけでも、三社祭を堪能した感じになると思います。

4:お祭り広場
  日曜日、雷門前の通りは「お祭り広場」と称して歩行者天国になります。そこに各町の神輿が来ます。これもいいんじゃないでしょうか。

5:宮入り
  三社祭の宮入りはPM8:00頃です。これが本来の三社祭と言う感じです。見られたら見たほうが良いでしょう。しかし、本来は町会・担ぎ手関係者しか神社境内に入れません。ですので境内でどんな様子か観客はなかなかわからないと思います。

ということで、とにかく神輿を見てくるっていうのが、三社祭みたい。それに、背中の彫り物が・・・。ってことで、21世紀の現代では他では中々見られないってことでしょうか。

宮出しは見れたらすごく感動するって言いますが、時間が早いし、人出も多いし。そこまでの覚悟があれば、一生に一度は見ておく価値はあると思います。

三社祭の日程が今年は変更?

ところで、その三社祭、そもそもは1872年から5月17・18日に行われるようになっていたそうです。が、現在は5月第3週の金・土・日曜日なんですね。ですが、今年は伊勢志摩サミットがあるじゃないですか。その影響で、日程がズレました。私の人生はいつもズレているけど。

去年までの案内を見て、5月の第3週、第3週って思って行ってみたら、実は終わっていたってことになりますから、そこは注意してくださいね。5月13日(金)~15日(日)になります。宮出し、宮入は5月15日(日)になりますからね。


スポンサードリンク

三社祭のアクセスは?

これはもう、銀座線の浅草で降りてすぐってカンジです。まあ細かく書くと、A5出口が一番便利かな。そこから雷門を目指せば5分で到着。ですが、スゴイ人ですからね。そこだけは注意です。


★詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】★


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

とういうことで、一生に一度は見る価値あるといわれている三社祭。その神輿はスゴイとしか言いようがありませんが、人出もスゴイですからね。気を付けて見てきてください。では、お大事に。

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,