アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

クレジットカードのおすすめブランドは?ランクや会費無料を解説

2017/02/24

この春から社会人ってことで、クレジットカードを作ろうと思っています。でも、VISAとかMASTERとか、アメックスとか、どこにすればいいんだろう?っていうあなたに、クレジットカードのブランドとランキング、はたまたカードの選び方について解説します。

スポンサードリンク

クレジットカードのおすすめブランドは?

とうことで、クレジットカードのパンフレットやサイトで検索しているんだけど、クレジットカードって、VISAとかMASTERとかありますよね。アメックスはステータスがあるけど、中々審査が厳しいとか。どれを選べばいいのか悩みます。

っていう僕ちゃん、あまり気にすることありません。っていうと元も子もありませんよね。っていうか、私は当初そんなこと考えたこともありませんでした。っていうのも、このVISAとかMASTERとかいうのは、いわゆる国際ブランドっていうもの。

国際ブランドってなんじゃらほいってことですが、店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指す(カードの右下のロゴマークのこと)のが国際ブランド。

で、その国際ブランド、VISAとMASTERが有名ですが、実は日本のJCBも国際ブランドなんです。もちろん、あのもAmericanExpress(通称:アメックス)も入っています。そして、若い人っていうか、学生さんとかあまりクレジットカードとかを使ってない人はなじみがないかもしれませんが、Diners Club(ダイナースクラブ)を入れて、上の5つが5大国際ブランドとも言われているんですね

ちなみに、最近は爆買いで有名な中国勢力も世界を席巻しているっていうことで、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、そしてDiscoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもあるんです。

その国際ブランド、一体何なのってことですが、国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことなんです。上の5大国際ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)、また、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あって、大きく2つのカテゴリに分けられます。

ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」というもので、、VISA、MasterCardがこれに当てはまります。もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがそれに当てはまります。

でもって、会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが他をしのいでいて、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴なんですね。ですから、海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドを選ぶと間違いはありません。

ということで、国内で使う分には、そのあたりはあまりこだわる必要はありません。VISAでもMASTERでもJCBでもお好きなもので問題ないでしょう。JCBは国内のカードってことで、ほぼどんな田舎に行っても使えないってことはありません。VISAとMASTERなら、現在はほぼどちらも差はありませんが、若干VISAの方がほぼどこでも使えるという気がします。

アメックスは、入会審査が厳しいということで、持ってるだけでステータスになるんですが、まだ意外と使えないお店とかがあるので、1枚目にするのであれば、検討の余地はあります。

クレジットカードのおすすめランキングは?

でも、VISAとかMASTERとかとは別に、〇〇銀行カードとか、◇◇ショッピングカードとか、ネット系のカードとか、ガソリンスタンド系のカードとか、はたまた消費者金融系のカードとか、今はもうありとあらゆる企業がクレジットカードを作っていますよね。

これまたどれにすればいいんだろうって悩むと思います。一昔前っていうか、昭和の時代というか、バブル時代もそうかな、その頃までは、意外とクレジットカードにランクというのがありました。もちろん、1位はアメックスやダイナーズクラブのステイタスカード、その次というか、一般庶民としては銀行系のカード、三井住友カードとか、みずほカードとか、東京三菱UFJカードとかですよね。

その他に、百貨店やスーパー、ガソリンスタンド系のカード、そして消費者金融系のカードみたいな序列でした。まだネット系の企業がありませんでしたから。ですから、消費者金融系のカードを持っていると、『この人、消費者金融でお金借りているんだろうか』とか思われたりしていましたが、21世紀の今はねえ。そんなの全く関係ありません。

特にアメックスも以前ほど審査が厳しくありませんし、そもそも銀行系カードだろうが、ネット系だろが、はたまたゴールドカードであろうが、クレジットカードをステイタスと見る人が少なくなりましたよね。まあ、飛行機のVIPラウンジが使えるとか、そういうのはありますけどね。

ですから、その辺りのステイタスを考える必要はありません。よく「クレジットカードランキング」とかいうのが雑誌やらネットでも公表されていますが、これって、使う人の生活スタイルによって違いますからね。旅行をしょっちゅうするのか、ネットショップをよく使うのか、ガソリンスタンドでよく給油するのか、そんなことで、ランキングも変わってきますので、これまた気にする必要はありません。

敢えていうのなら、地方や年配者にはまだまだ消費者金融系のカードに対して差別があるので、1枚目は銀行系のカードにしておくのが無難かもしれません。まあ、そういう、持ち物で人を判断する人はそれだけの人なんで、気にする必要はありませんけどね。


スポンサードリンク

クレジットカードのおすすめで無料のものは?

じゃあ、一体どういう基準でカードを選べばいいんでしょうか。まず、クレジットカードは、あなた自体の信用というものにもなります。ですので、1枚は銀行系カードでいいでしょう。給料振込口座がある銀行だと、勤め始めて半年以上経っていれば、ブラックリスターズにでも入ってない限り、審査は通ります。

そして、クレジットカードはなるべく少ない枚数にしておくのが重要ですが、可能であれば、もう一枚持っておくのが安全。1枚目を落としたとか、不正使用されたとか、機械の不具合で使えないとかいうこともありますからね。そういう時のために、年会費無料のものを1枚持っておくのがお勧めです。

それは、ご自分のライフスタイルに従って選んでください。たとえば、決まったスーパーで必ず買い物をすのであれば、そのお店のカードが良いでしょう。私も某ヨーカドーで毎日買い物するのですが、そうすると、カード支払にしなくてもカードを提示するだけで1年で1万円分ぐらいのポイントが溜まるんですよね。1万円っていうと、結構いろんなものが買えますよね。


おなんじように、車に乗る人ならガソリンスタンド系のカード、ネットショッピングが多いのなら、ネットショップのカード、旅行や出張が多いのなら鉄道や航空会社系のカードと言う風に、ポイント還元で見返りが多いモノを選んでください。そして、できれば、そちらをメインカードにして、独り暮らしなら、電気ガス等の光熱費等もそのカード経由にすれば、ポイントもあっという間に溜まりますからね。

私がメインで使っているのは、某航空系のカードですが、光熱費やその他ほとんどのショッピングをそのカード経由にしているので、1年に1度は東京から福岡までの往復チケット代が出るほどです。

ということで、クレジットカードは信用と言う意味もありますが、ポイントを上手く使って、日々の生活を潤わせることに使ってみてくださいね。



ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私が若い頃は、ホントにアメックスとかゴールドカードを持ってるだけで、ステータスになっていましたが、21世紀の現代だとねえ。特に女性はシビアだから、そんな年会費の高いカードをもつことは、よっぽどじゃないとしないと思いますが、男性はねえ。

『このカードで』とかゴールドカードを出してみたいって思うかもしれません。でも、それを喜ぶのはクラブのママぐらいで、それも表面だけ。腹の中では、『見栄ばっかり張って、もう少しお金を上手に使えばいいのに』って思っていたりします。当然、合コンなんかで、素人、おっと、失礼、普通のOLとかだと、「この人と結婚したら、浪費するから、×」とかチェックされてしまいます。

ということで、たかがクレジットカード、されどクレジットカードってことで、今後の人生に旨く役立ててくださいね。では、良いお年を。

関連記事
新社会人のクレジットカードの審査は?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,