アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

山口への観光のおすすめは?モデルコースを1泊2日で紹介します

2017/05/19

幕末の部隊となる山口。一度は行ってみたいと思っていたけど、今度のゴールデンウィークに行くことにした。とは言っても、山口県の見どころってどこ?っていうあなたに、山口出身の筆者が紹介します。

スポンサードリンク

山口への観光でおすすめは?

山口というと、萩・津和野ルートっていうのが、若い女性には人気。他には日本最大の鍾乳洞の秋芳洞とか、カルスト台地の秋吉台とか、はたまた山口市自体も、室町時代は西の京といわれ、当時治めていた大内氏が金にあかして、京都から文化人を呼び寄せて、五重塔や雪舟の庭なんかを作ったんですよね。ですから、山口市も見所満載。そして、これまた山口というと錦帯橋という5段の橋も絶景です。

それから、ネット上で世界的にすごいアクセスがあると言われている角島。これも山口県の下関市になります。えっ?下関って九州じゃないの?とか言ってると、関門海峡を泳がされますよ。

その下関も、これまた幕末の舞台となっていますから、城下町長府や、10万ドルの夜景と言われている関門海峡、武蔵小次郎が戦った巌流島などなど、見どころ満載です。

じゃあ、角島大橋を見て、橋つながりで錦帯橋に行って、秋芳洞も見たい。とかいう人もいますよね。でも、山口って意外と横に長いんです。それに、瀬戸内側というか、山陽方面は高速道路も新幹線もありますが、山陰方面は高速道路もないし、鉄道も電化されていません。

ってことで、おすすめといっても、西部地域に絞るか、山口を中心とした中央部にするか、はたまた錦帯橋を入れるかどうか、ってことで、ルートが決まってしまうんですね。そこんところはご理解ください。

山口への観光のモデルコースは?

◆角島~下関コース
 死ぬまでに見ておきたい世界の絶景のベスト3に入ったとかなんとかってことで、やたらネット上でも再生回数が多いのが角島大橋。まあ、あのエメラルドグリーンの海を見ると、日本とは思えませんからね。一度は見ておいて損はないと思います。というか、アレを見に山口に行くって言う人も多いようです。
★角島の詳細情報はこちら★

が、角島って今でこそ下関市ですが、元々は郡部。ってことで、アクセスがすごーく悪いんです。ネットで観光協会のサイトを見ても、『JR特牛からバス20分』って、そもそも「特牛」が読めないですよね。どうやってきっぷ買うんだッて感じ。特牛と書いて「こっとい」と読みます。

そんなことはどうでもいいんだけど、例えば首都圏から飛行機で山口宇部空港にやってくるとすると、そこからどう行けばいいんだろうかってことになりますよね。これは一度下関まで出るしかないんです。宇部空港から空港バスで下関行きっていうのがあるから、それに乗って下関駅でおりて、山陰線に乗って、特牛で下りるってわけですな。かれこれ宇部空港から接続がよくて3時間ぐらいかかります。ですので、角島を見た―い!!っていうのであれば、角島と下関の観光ってカンジですかね。

◆山口~萩コース
 でも、一昨年の大河ドラマでもやっていたけど、松下村塾を見てみたい。あれって萩ですよね。そう、山口の観光といえば萩。じゃらんとかでは、萩~津和野ルートとか人気。

萩を見たいとなると、もちろん萩~津和野コースでもいんですけど、意外と津和野ってみるところがないんです。まあ、実は津和野は島根県だから差別しているってことはないんですけど。それだったら、西の京と言われた山口市と萩のルートの方がおすすめです。

特に山口市って、県庁所在地だから、萩にもバスがバンバン出てるんですね。萩から津和野って、ツアーで行くのならいいんですけど、車じゃないととても不便。ですから、それだったら萩と山口市の方がストレスなく楽しい旅になると思います。

◆秋芳洞・秋吉台コース
日本最大の鍾乳洞秋芳洞は、とても見どころがあるので、ぜひ見ておいて欲しいと思います。で、秋芳洞の上がカルスト台地の秋吉台。ですから、これはセットで考えて頂いて結構です。

が、ここって山口県の真ん中からやや西よりなんですけど、これまたバスとか車じゃないと行きにくいところなんですね。ですから、ここを見るとなると、もう一つは山口市というのがベスト。ですが、下関からもいけないことはありません。もちろん萩からも。

ですから、秋芳洞・秋吉台をメインに考えると、もう一つは山口市、または下関、または萩ってことになると思います。ただし、萩にした場合は、新幹線や飛行機で帰る場合だと、先に萩に行って、帰る途中というか、翌日に秋芳洞・秋吉台にしないと、新幹線の駅や飛行機のアクセスが悪くなるので注意が必要です。

◆錦帯橋
錦帯橋を見たいって言う人も、意外と多いみたい。確かに5段の橋はとてもめずらしく、見る価値はあります。ついでに岩国城も見てくると、これまた長州の歴史が詰まっていますからね。

ですが、岩国ってほとんど広島。広島の隣なんですね。ですから、下関とだと200キロぐらい離れています。まあ新幹線を使えば1時間ぐらいですけど、ですから、錦帯橋を見たいとなると、新幹線を使って下関と行き来するか、新山口で降りて在来線に乗り換えて山口市を見るかってことになると思います。

萩や秋芳洞・秋吉台を入れると3日ぐらい日程がないとかなりの強行軍になり、リフレッシュに行ったのか疲れに行ったのか分からなくなりますからね。


スポンサードリンク

山口への観光 1泊2日だと?

ということで、上で述べたのは1泊2日コースっていうカンジのところで考えてみました。もちろん、3日も4日も山口を知り尽くしたいってことなら、全部見て回る事もできますけどね。一般的なところで2日間のコースです。

そこで問題はどこに宿を取るかってこと。山口一番の温泉街というと、山口市の湯田温泉。今でこそ、落ち着いていますが、一昔前は、すごい賑わいでした。ですので、まずこの湯田温泉に宿を取ると間違いはありません。駅は山口線の湯田温泉。新幹線の新山口から山口線に乗り換えて、20分ぐらいです。一押しはホテルニュータナカ。湯田温泉一番のホテルです。
湯田温泉 ホテルニュータナカ

角島大橋を見たいってことなら、下関。これは2つ候補あって、関門海峡の10万ドルの夜景をみることができる、海べりのホテル。これは市街地になります。一押しは下関グランドホテル。直ぐ目の前が関門海峡。関門橋もきれいに見えます。
下関グランドホテル

そしてもう一つは、山陰線で特牛から下関よりのところにある川棚温泉。古くからの温泉で、特に下関の名産「瓦そば」が有名なところです。川棚温泉に宿を取って、ゆったりするっていうのが至福の時間を過ごせるかと思います。
川棚温泉 川棚グランドホテル

あとは、萩周辺。萩市内にももちろん趣のある宿はたくさんあるのですが、少し西に行ったところに長門湯本温泉という温泉郷があります。ここも県内の温泉地としては有名。角島からからも行ける距離なので、長門湯本に宿を取って、レンタカーを借りれば、角島と萩とを1泊2日で見ることは可能です。が、新幹線や飛行場へのアクセスが良くないので、そのままレンタカーで飛行場なり新山口なりに行って、乗り捨てということになると思いますが。
長門湯本温泉 大谷山荘


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、山口県も観光ということになると、どうしても西寄りの地域がメインになってしまいます。下関はある意味九州みたいなものなので、下関に行くのであれば、門司も一緒にという方がいいみたいですけどね。では、素敵な旅になることをお祈りしています。

関連記事
山口県の観光スポットは?
下関の温泉の効能とお勧めの宿は?
ゴールデンウィークのイベント 下関といえば?
下関の観光といえば?

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,