アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

下関の観光スポットは?お勧めのモデルコースを紹介します

2017/09/09

下関といえばふぐって言う人が多いですが、歴史と海峡の街下関はみどころ満載。観光スポットとお勧めのモデルコースを紹介します。

スポンサードリンク

下関の観光スポットは?

下関の観光スポットは?っていうと、すぐに第一位が「角島大橋」って出てくるんですよね。最近では、市民が選ぶ観光スポットでも1位とか。確かに日本とは思えないエメラルドグリーンの海に浮かぶ白亜の橋は、死ぬまでに見ておきたい世界の風景第3位になるっていうのもうなずけます。

が、これって下関といっても以前は郡部。平成の大合併で下関になったから、いわゆる歴史の街下関とはちょっと違うんですよね。それに、車でも市街地から2時間以上、列車も電化されてない山陰線だから、これまた1時間に1本あるかどうか。下関といっても、角島大橋はそれだけ別個に考えておいたほうがいいでしょう。その辺りは別の記事にしてあるので、そっちを読んでください。

で、いわゆる「歴史と海峡の街下関」についての観光スポットを紹介しましょう。幕末が好きな人は見たいところがたくさんあるでしょうし、そうでなくても関門海峡の夜景はこれまた一生に一度は見る価値があります。ということで、いわゆる下関の観光スポットを挙げてみました。

◆みもすそ川公園
公園前の海は関門海峡の一番狭まったところで早鞆(はやとも)の瀬戸といわれ、潮流も一番速く、代表的な関門海峡の景色を見ることができます。ここはまた、源平壇之浦合戦の古戦場であるとともに、幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡でもあります。公園内には源義経・平知盛両雄の像(夜はライトアップされます)とともに、像の除幕式に参加された滝沢秀明さん(NHK大河ドラマ「義経」の義経役)中越典子さん(同 建礼門院役)をはじめ、大河ドラマ「義経」出演者の手形が設置されています。また、長州砲のレプリカ(原寸大)5門も関門海峡をにらんで展示され、うち1門は音と煙の演出がお楽しみいただけます。

◆巌流島
関門海峡に浮かぶ周囲約1.6kmの小さな島で宮本武蔵と佐々木小次郎が相対したのは、慶長17年(1612年)4月13日のことでした。現在は、海沿いの散策道なども整備され、直行便の船も就航。誰でも気軽に訪れることが出来ます。

◆火の山公園
火の山は瀬戸内海国立公園に含まれ、山頂からは瀬戸内海と日本海が一望でき、その夜景は1000万ドルの価値があると言われています。春には、桜・ツツジ・トルコチューリップが咲き誇ります。山頂までのアプローチはパークウェイ(通行無料)があり、また歩いて登ることもできます(所要時間約1時間程度)。山頂展望台には回転展望レストランや土産品の売店もあります。

◆海峡ゆめタワー
国際貿易ビル、アリーナと共に海峡メッセ下関を構成する、高さ153メートルの下関のランドマークタワー。展望室(高さ143メートル、日本有数)からは、関門海峡はもちろん、対岸の九州や日本海側が一望できます。特に、巌流島の絶好のビューポイントです。夜はバリエーションに富んだライトアップに照らされ海峡の風景にアクセントを添えています

◆赤間神宮
平壇ノ浦の合戦で入水された安徳天皇を祭神とする神宮。境内には、安徳天皇阿弥陀寺御陵、平家一門の墓、七盛塚(ななもりづか)、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の怪談で有名な「耳なし芳一」の木像が祭られている芳一堂、「長門本平家物語」「源平合戦図」など貴重な資料のある宝物殿等があります。毎年5月3日には、上臈参拝で有名な先帝祭のメイン会場となります。

◆唐戸市場
関門地区では歴史ある市場で、水産物が豊富。小売も行っているので朝早く出かければ新鮮な魚を安く手に入れることができます。また、市場内の様子を一望できる見学デッキや屋上芝生広場、水産加工品の小売店、食堂、喫茶店もあります。毎週末(金曜、土曜、日曜)と祝日には、唐戸市場の1階が海鮮屋台街に大変身。新鮮な食材を使った握り寿司や味噌汁、から揚げなど品数も実に豊富。もちろんふく刺しもあります。まるでお祭りのようなその賑わいは各種メディアでもおなじみです。

◆功山寺
鎌倉時代創建、唐様建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺様式を残しており、国宝に指定されています。また、数々の歴史の舞台となったところで、毛利元就に追われた大内義長が自刃したり、高杉晋作が明治維新の転機となる旗揚げをしたりしたところでもあります。初代秀元をはじめ9人の藩主達の墓が仏殿裏に、大内義長のものと言われている墓が裏の墓地の奥まったところにあります。また、坂本龍馬の盟友、三吉慎蔵のお墓もあります。桜と紅葉の名所です。

他にもたくさんありますが、とりあず全国的に「下関」という名からするイメージ合うところは上のところを抑えておけば、「下関」の名所旧跡を見てきたってことになります。

下関の観光でおすすめは?

なるほど、なるほど、歴史の街だけあって、ズラズラとたくさん出てきましたね。でも、これを全部見ろっていうこと?特におすすめってないんですかねえ。っていうわがままな人もいるかもしれません。上に挙げたところは本当に下関のおすすめなんですけど、これは絶対外せないっていうところを敢えてご紹介しましょう。下関出身者が彼女・彼氏を連れて帰ってきたら、絶対に行く所ッてカンジですかねえ

まずは
・火の山公園
ここは標高260mぐらいの小高い山なんですけど、真下に関門海峡と関門橋を見下ろすことできますし、戦時中は軍部があったこともあり、下関の四方八方を見渡せる場所なんです。ですから、日中は関門海峡とそこを行き交う船のコントラストが最高。夜は1000万ドルの夜景といわれ、対岸の門司の光がとても美しい市内No.1のビューポイントです。

同じラインでは
・海峡ゆめタワー
火の山の場合は、下関駅から車やタクシーで20分程度離れていますが、海峡ゆめタワーは下関駅から徒歩7分。展望階にはレストランもあり、夜景を楽しみながらの食事は最高です。カップルにはおすすめスポットといえるでしょう。

・巌流島
そして下関だったとは知らなかったと言う人でも、巌流島はご存知でしょう。武蔵と小次郎が戦った、これまた歴史スポット。唐戸桟橋から、連絡船で10分です。関門海峡のどまんなかにあるので、すぐ向かいには九州門司の街が。門司の人の声が聞こえて来そうなほど近くでびっくりします。また、関門橋を真横から見れることでも、ビュースポットとして上陸の価値は十分あります。

・唐戸市場(カモンワーフ)
巌流島への渡航船は唐戸桟橋が発着場所。となると、下関の水産物が集まる唐戸市場へは寄って見る価値十分あり。新鮮な魚介類と、回転寿司とは思えないほどの美味で有名なお寿司屋さんは行列ができるほどです。

・赤間神宮
そして、そこまで来たら、壇ノ浦の戦いでわずか7歳で入水した安徳天皇を祀る赤間神宮にもお参りください。2015年には、佳子さまが初めてのお一人公務で参拝されたということで、これまた話題になったところです。

この5箇所に行けば、老いも若きも「下関に行ってきました」と胸を張って言うことができると思います。下関の美しさと美味しさと歴史を堪能できると思いますよ。


スポンサードリンク

下関の観光モデルコースは?

ということですが、移動時間とか手段とかがよくわからないから、お勧めの観光モデルコースを作ってよって言われてしまいました。しょうがないから、上のスポットを中心にご提案しますね。

◆関門海峡周遊コース
JR下関駅⇒徒歩7分 海峡ゆめタワー ⇒バス5分「海響館前」下車、徒歩3分 しものせき水族館「海響館」 ⇒徒歩2分 唐戸市場・カモンワーフ ⇒唐戸桟橋から関門連絡船5分、門司港下船、徒歩すぐ 門司港レトロ地区 ⇒バス8分「関門トンネル人道口」下車すぐ、関門トンネル人道(門司側出入口) 関門トンネル人道(世界的にも珍しい歩行者用の海底トンネル。全長780mの中央付近には山口県と福岡県の県境がある)⇒関門トンネル人道(下関側出入口)から徒歩すぐ みもすそ川公園 ⇒バス12分下関駅

◆源平ゆかりの地めぐりコース
JR下関駅⇒徒歩5分 大歳神社(おおとしじんじゃ)⇒バス5分「海響館前」下車、徒歩3分 しものせき水族館「海響館」 ⇒徒歩2分 唐戸市場・カモンワーフ ⇒徒歩8分 赤間神宮 ⇒バス3分「御裳川(みもすそがわ)」下車、徒歩すぐ みもすそ川公園 ⇒バス3分「前田」下車、徒歩4分平家の一杯水(壇之浦の合戦の際、傷付いた平家の武将が最期の水を口にしたという伝説が残る)⇒徒歩4分「前田」乗車、 バス6分「松原」下車、徒歩8分 豊功神社(とよことじんじゃ)壇之浦の合戦の際、源氏軍が兵を集結させた満珠・干珠の島を眺望。海峡の景色が見事。⇒バス24分下関駅

◆唐戸レトロ建築散策コース
JR下関駅⇒バス7分「唐戸」下車すぐ 旧秋田商会ビル(大正4年築の西日本初の鉄筋コンクリート造で屋上には日本庭園や茶室もあるユニークな建物)⇒徒歩すぐ 下関南部町郵便局(明治33年築の国内最古の現役郵便局舎。建設当時の雰囲気を残す中庭やギャラリーも魅力的)⇒徒歩10分 日清講和記念館(明治28年の日清講和会議の会場で使用された調度品や写真、資料などを展示しています)⇒徒歩1分 赤間神宮 ⇒徒歩8分 唐戸市場・カモンワーフ ⇒徒歩2分 しものせき水族館「海響館」⇒バス7分下関駅

◆関門海峡・巌流島上陸コース
JR下関駅⇒徒歩7分 海峡ゆめタワー ⇒バス5分「海響館前」下車、徒歩3分 しものせき水族館「海響館」 ⇒徒歩2分 唐戸市場・カモンワーフ ⇒唐戸桟橋から直行船便で巌流島桟橋まで10分 巌流島 ⇒巌流島桟橋から直行船便で唐戸桟橋まで10分 赤間神宮 ⇒バス3分「御裳川」下車すぐ みもすそ川公園 ⇒バス12分下関駅

といったところでしょうか。どれも1日で見て回れるので、前日下関入りして、関門海峡の夜景を堪能したあと、上のどれかのコースを見るのでもいいですし、観光のあと下関の夜を楽しんでも良いと思います。

関門海峡の夜景はぜひ見ておくことをおすすめします。ですので、ホテルでは必ず海側の部屋を予約してくださいね。おすすめは、下関グランドホテル。目の前が唐戸桟橋です。
下関グランドホテル


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、ネット上ではやたら「角島大橋」が世界的に有名になった下関ですが、歴史と海峡の素晴らしさもぜひ味わってみてください。では、良い旅を。

関連記事
下関の温泉の効能とお勧めの宿は?
下関のお土産は?
ゴールデンウィークのイベント 下関といえば? 
関門海峡の花火大会のみどころは?
下関の観光といえばふぐ? 
下関の赤間神宮のアクセスは? 
日本の絶景角島の観光コースは?
功山寺の紅葉は?

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,