アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スノーボードのメンテナンスは?チューンナップや保管方法を解説

2017/02/23

スノボシーズンもそろそろおしまい。今年も楽しく滑りました。で、滑り終わったあとというか、シーズンが終了したときのメンテナンスってどうすればいいの?保管方法は?って意外とぞんざいに扱ったりしますよね。次のシーズンまでゆっくり休んでもらうためのメンテナンスと保管方法を解説します。

スポンサードリンク

スノーボード シーズン終わりのメンテナンス

ということで、今シーズンもそろそろ終了。でも、滑り終わった後って、メンテナンスが必要っていいますよね。って言うアタナ!普段のメンテナンスはしてないんですかね。

まず、滑り終わったら、雪をよく払って、エッジ部分の水分を取っておきましょう。と言っても、バインディングと板の間に雪が挟まっているから、1~2日は立てかけて、水分がなくなるようにしましょう。

で、毎週滑りに行くような人だと、毎回ホットワックスをしたほうがいいんですけど、シーズンに3~4回ぐらいしか滑らない人だと、ホットワックスもヘチマもありませんよね。せいぜいシーズン前にショップでワックス掛けてもらうぐらい。あとは、スプレーワックスかけるぐらいかな。ソールが毛羽立ってなければ、滑走日数がそれぐらいなら、そんなもんでしょう。あくまでもレジャーの一環ですからね。

でも、シーズンが終わって、来年まで滑らないとなると、それだとちょっと困ります。まず、できればバインディングは外しましょう。といっても、1回外すとセッティングがわからなくなる。っていう方もいるでしょう。

そういう場合はネジを緩めるだけでO.K.です。というのは、バインディングをつけたままにしておくと、引っ張られてソール面のネジの部分が凹んでしまったり、ひどいと板全体がねじれてしまいます。

ですから、基本はワックスを掛ける時とかでもバインは外す。滑り終わったら外すってことなんです。そうすると、バインと板の間に雪もたまりませんしね。

私の友人のオタンコナスな人なんか、滑り終わったらゲレンデでバインを外して、ネジが無くならないようにチャック付きの小さいビニール袋まで持参しているオッサンもいます。まあ、そこまでいくとただのオタクですけどね。ですから、シーズンが終わったらまずバインを外すかネジを緩めてください。

で、水分が完全になくなったら、ワックスをかけましょう。ホットワックスならベースワックスをかけて冷える前にすぐ剥いでしまえば汚れが取れます。ドロドロのところを滑ってきたら、まずは水洗い。その後リムーバーをかけてもいいでしょう。

ただし、1回リムーバーをかけると、染み込ませているワックスも全部なくなってしまうので、またベースワックスからしないといけませんけどね。まあ、シーズンが終わっているから大丈夫ですかね。その後、ベースワックスをかければ、エッジ部分までワックスがかかるので、特に錆止めをしなくても問題ありません。

以上は、ホットワックスの場合。年間3~4回しか滑りにいかない僕ちゃんだと、ホットワックスとかしませんよね。ですから、水気をまず全部とって、その後はスプレーワックスでいいので、全面にかけてください。エッジ部分は錆止めペンみたいなのがホームセンターで売っているので、それでビューっとなぞればO.K.です。とにかく水気を全部取る。バインを外すか緩める。この2点だけでも随分違うので実行してくださいね。

スノーボードはチューンナップはしないといけないの?

でも、友人からシーズンが終わったらチューンに出さないといけないっていわれるんだけど。っていう質問も受けます。出しましょう。出すのが基本です。

が、これまたシーズン中3~4回しか滑りにいかない人は出す必要がありません。というのは、チューンにも色々あって、シーズン終わりに出すのは、滑走面を一皮剥いて新しい状態にするのと、エッジの研磨、それにワックスというのが基本なんです。

が、3~4回しか滑ってないのであれば、一皮剥くもなにもまだ慣らし運転中ってカンジ。当然エッジもまだギンギン状態ですよね。もちろん、春にブッシュや石を踏んでソールやエッジが傷ついたっていう場合は別ですが、そうじゃなければ、ソール面も全く問題なし。

となるとチューンするところがないじゃないですか。唯一しっかりホットワックスをしてもらいたいっていうぐらいでしょうか。ですから、チューンに出すとしても「ホットワックスコース」でいいでしょう。値段はだいたい3000円ぐらいです。これで次のシーズンまで大切に保管しておいてくださいね。


スポンサードリンク

スノーボードの保管方法

じゃあ、その保管方法ってどうするの?ってことですが、基本はボードショップなんかを見ると分かるように、立てかけておきますよね。でも、上にも書きましたが、その時にバインが付いているとねじれ等が発生するので、できれば外せるように、アングルやスタンス幅をメモしておきましょう。それともう一つは、板を重ねないってことです。これまた重ねると、下の板が上の板の重さでよじれてしまいますからね。

あとは、水平に置けるラックみたいなのがあれば、そこに置くのも手です。スキー場とかにある水平に何枚も板を置けるラックありますが、あれの1枚分なり2枚分を想像してもらえばいいと思います。ホームセンターに行って、そういう金具を揃えて自室にラックを作る人もいますので、参考にしてみてください。

基本は、板に変な力が加わったままにしないということです。そうすれば、ねじれ等が発生しないので、板本来のポテンシャルが長い期間持続するというものです。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、オタク軍団は、それに多大な時間とお金をかけますが、趣味でやってるとそうも言ってられませんよね。とは言っても、ちょっとだけ気を使ってやれば、ながーく使えるのが道具ですので、来シーズンもよろちくねってことで大切に扱ってやってください。では、良いお年を。

関連記事
スノーボードのリムーバーについて

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-,