アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スノーボードのストラクチャーって必要?効果や種類を解説します

2017/02/23

毎年ゴールデンウィークまで滑っているスノボオタクの僕ちゃん。でも春になると、全然板が滑らないんですよね。って話していたら、何やらストラクチャーというのを入れると、板の滑りがよくなるとか。ストラクチャーってなんですか?やっぱり必要な物?効果はバッチリなんですかね。って言うあなたに、スノボウンチクラクターが解説します。

スポンサードリンク

スノーボードのストラクチャーって必要?

そもそも、ストラクチャーってナニ?ってことですが、救急車とかに乗せられるときに使うベッドみたいなものですよね。って、それはストレッチャー。はいはい、滑りまくり。ってことで、ストラクチャーっていうのをスノボの板に入れたら、私のギャグより滑りが良くなるとか言われていますよね。

で、そのストラクチャーっていうのは、そもそも何なのかってことですが、ボードの滑走面に細かいキズ(溝)を意図的に入れることというか、通常その溝のことを指します。

ボードが雪上を滑走する時に、摩擦熱で雪が溶解し水となりますよね。自動車のタイヤと一緒で、F1のスリックタイヤみたいに溝がないと、水がを掻き出せないので滑りが悪くなるじゃないですか。ですから、この水の排水溝を造ってやると滑走性が高まるという訳なんです。

元々はスキーでやっていたことなんでしょうけど、当然スノーボードでも入れている人が多いですね。特に水分が多くなってくる春先からは入れていると入れてないとでは全然違います。

が、逆にトップシーズンやパウダースノー(アスピリンスノーって言う人もいますが、違いは分かりません。誰か教えてください)なんかだと、入れても入れなくてもあんまり関係ない。ですから、必要かとうかって言われると、僕ちゃんみたいにゴールデンウィークまで滑るっていうのなら、入れた方がいいでしょう。

いやー、スノボは冬の趣味だから、3月でおしまい。春雪になったら滑らないよって言う人には必要ありません。その辺りを考慮して入れるかどうかを決めてみてください。

スノーボードのストラクチャーの効果は?

じゃあやっぱりゴールデンウィークまで滑りまくる僕ちゃんは入れたほうがいいのかな。でも、中には、ストラクチャーなんて入れてもあんまり違いはわからないよって言う人もいるし、ホントに効果はあるの?って言う人もいますよね。

こればっかりは、その人の実感ですからね。ただ、スキーなんかではよく入れてもいれなくても変わらないって言う人もいるみたいですが、ボードの場合は面積が大きいじゃないですか。

ですから、よっぼどの鈍感な人じゃないと、ストラクチャーを入れた板と入れない板との違いは分かると思いますよ。ただし、上にも書いたように、春の水分の多い雪じゃないとそんなに違いはありません。それに、効果がバッチリ分かるのが緩斜面のところ。

春先からもちろんゴールデンウィークでもいいんですけど、3月末以降のスキー場で、緩斜面になったところでは、その威力は抜群。他の人がスケーティングしないと進まないようなところでも、バッチリ両足をバインからはずさなくても滑ることができます。

ですので、何度も書きますが、3月末以降も滑る方は入れておいたほうが楽しく滑ることができるというものです。私も1本は入れていて、もう1本は入れてないのですが、春になると当然ストラクチャーを入れた板しか乗らないようにしています。ヨレヨレ中年になると、特に疲れない板が必要ですからね。そういう意味でも、中高年御用達と言えるかもしれません。


スポンサードリンク

スノーボードのストラクチャーの種類は?

僕ちゃんも人生に疲れているから、それじゃあスノーボードにもストラクチャーを入れて、ラクーに滑れるようにしようかな。で、ストラクチャーってどこで入れればいいの。ショップに持っていけばいいの?って聞かれてしまいました。プロショップだと、ほぼ対応してくれます。もちろん、チューンナップショップに持ち込めるのであれば、そっちの方が早い場合もあります。

で、最初は分からなければ『ストラクチャーをいれてほしいんですけど』って言えば、『種類はどうしますか』って聞かれるので、フリーランしていますとか、ゲート張ってレースしていますとか(そういう人はここを読まなくても既に処理されていると思いますが)、トリックとかグラトリですとか言えば、それに合わせてパターンを入れてくれるので心配いりません。

スキーの場合は、ツリーだなんだって、パターンもたくさんあるみたいですが、スノーボードの場合は、基本的に「クロス」という回転性を高めるパターンを入れることが多いです。もう一つ直進性を高めるということであれば「ストレート」になります。

が、昨今はそのいいとこ取りをしている「斜めクロス」というのが、一般的。解説書では、「斜めクロス」も直進性を高めるってことになっていますが、いろんな乗り方に対応できるので、特にアルペンの方なんかだと斜めクロスでもいいじゃないでしょうか。もちろん、私も斜めクロスです。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、なければなくても全く問題ありませんが、入れると特にこれからの季節は滑走性能がバッチリ上がるので、興味のある方は一度ストラクチャーを入れてみてはいかかですか。

ちなみに、今までストラクチャーを入れていて、滑らないようにってことでストラクチャーをやめても、ギャグの滑りは変わりませんので、そこのところは注意してくださいね。では、良いお年を。

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-, ,