アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

父の日のギフト 義父の場合は?食べ物 スイーツなどは?

2017/02/23

父の日って憂鬱。っていうのも、義父に何を贈れば良いのか毎回困っています。主人は全然協力的じゃないし、お酒もタバコもやらないし。これといった趣味もないみたい。こういう場合何を贈ればいいんですかね。っていう悩める貴女にお答えします。

スポンサードリンク

父の日のギフト義父の場合は

義父へのプレゼントって悩みますよね。特に父の日。旦那は『そんなのしなくていいよ』としか言わないし。そもそも旦那さんが、『うちの父はカクカクシカジカだからこれがいいんじゃないの』とかいう家庭だと、悩む必要ないし。お義父さんの情報が少ないっていうのが一番の問題。

父の日のプレゼントっていうと、まず思い浮かぶのがお酒。でも、義父はお酒飲まないんですよね。タバコを吸う人なら、ライターとかちょっと洒落た灰皿とかもあるけど、タバコも吸わない。

となると、あとは趣味に使うもの。これも好みがあるからその周辺グッズ。アウトドア系ならちょっとした小物入れとか、帽子とかなんかありそうじゃないですか。が、これまた義父は趣味もない。引退してからはずっと引きこもり。テレビ見るのが趣味というぐらい。困ってしまいます。

っていう悩みもよく効きます。活発な高齢者がクローズアップされていますが、その一方で、特に趣味もなく、お酒もタバコもやらないっていう人も多いんですよね。

そういう方には何がいいでしょうか。基本的に、嫁がくれるものは何でも嬉しいっていうのがあります。そうじゃない人は、やたら味にうるさかったり、志向がはっきりしているから、ある意味その方向性を理解してあげればおのずと決まってきますよね。

でも、何が好みで何が好みじゃないかをはっきり言わない人は、ストライクゾーンが広いんです。そうじゃなくて、表面的に喜んでいるけど、実は嬉しくなかったっていう場合は、お義母さんにボソっとこぼしていますからね。その辺りのリサーチも重要。

ということで、まずそこを理解して貴女が「これはいい」っていうものを選べば大丈夫。そして、その使い方とか、なぜいいのかをじっくり説明してあげると、実際に使う使わないは別にして、「これは○○□□で中々手に入らないもの」とかなんとか、実は知人に見せびらかしたりしているはずですからね。

父の日のギフト食べ物は?

とはいっても、毎年毎年上げるものも出尽くしたっていう方も多いことでしょう。1年目2年目だと、カクカクシカジカな変わったものでもいいんですけど、すでに今年で結婚10年。考えつくものは全て贈ったってことで悩んでいるんですよね。

そういう場合は、今年から消え物。食べたり飲んだりするものに変えてみるっていうのもありです。特に離れて住んでいる場合は、今住んでいるところの特産。隣の街や隣の県の特産品を贈るのも手です。

また、旅行に行った時や、自分がもらって美味しかったものを贈るのも定番。だって、それを美味しいと思った訳ですから折り紙つきです。特に特産品だと、ウンチクというかその商品の説明も詳しくできますよね。

そもそもりんごが特産品だったこの地において、それをとなり町の○○と掛けあわせて、加工中にたまたまた失敗してできのが、このお菓子。それを食べた社長がその美味しさにびっくりして商品化し、今ではモンドセレクションの金賞に輝くほどになったとかなんとか、すぐに語れますよね。

それに消えてなくなるから、お義父さんが気に入れば、「あれはおいしかった」と言ってくれるので、毎年でも大丈夫だし。毎年といかなくても、数年は飽きるまでそれで押し切ることもできると思います。

そして、実際お義父さんはそれほど食べなくても、お義母さんが食べてくれればいいじゃないですか。父の日といいながら、義母に感謝するってことで、意外とバッチリだと思いますよ。


スポンサードリンク

父の日のギフトスイーツは?

で、上にも書きましたが、名産品、珍味もありですが、その土地、その土地の隠れたスイーツも喜ばれると思います。全国的に宣伝している地方のお菓子って別にその土地に住んでなくても知ってるし、ネットで取り寄せもできますよね。

でも、全国的には有名じゃないけど、その土地ではとっても有名とか、最近でてきた新名物で、とってもおいしくて評判になっているものとか、意外とあるんです。私も今のところにやってきて、3年目で初めて知ったスイーツがあって、とってもおいしくて、早速贈ったことがありました。

スイーツといっても、いわゆるザ・スイーツっていうものじゃなくて、和洋折衷というか、創作お菓子みたいなものも最近結構ありますよね。

そうすると、お義父さんも意外と口にあったりして、「ケーキとか全然だめで、おまんじゅうしか食べなかったおとうさんが、ペロッと食べたのよ」とかお義母さんから電話があるかもしれません。

基本はやっぱり自分が食べておいしいもの。これは実感がこもりますからね。それをもらって自分が美味しいと思うかどうか、もう一度食べたいと思うかどうか。これを基準に考えると、結構選択肢は広がると思います。それに、父の日のプレゼントを名目に、いろいろと食べ歩きもできますしね。

ちなみに私の一押しスイーツは「とろける生大福」です。えっ?アンタが食べたいだけだろう?って。その通り。でも、義父も義母も喜んでくれています。とりあえず、味見ってことで食べてみてください。
【送料込み!春風のとろける生大福セット】TV雑誌で紹介のフワトロ食感のクリーム大福を堪能!お誕…


yorezoの戯言

私の父はお酒も好きだし、甘いものもすき。まんじゅう食べながら日本酒を飲むような人でした。まあ戦前の貧しい世の中で少年時代を過ごしたってこともあって、貰えるものは何でも喜んでくれたので助かったんですけどね。

では、お義父さんが喜んでくれる素敵なプレゼントが見つかることをお祈りいたします。

関連記事
父の日のプレゼント 和菓子のおすすめは?

スポンサードリンク

-季節のイベント
-, ,