アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

梅雨時にカビが生えた枕はどうする?洗濯の仕方などを解説

2017/02/23

梅雨時は何もかもジメジメしてイヤになりますよね。って枕もカビが生えているんじゃないかと心配になりました。そういえば、枕って起きたらそのまま押し入れていてたし。洗濯とかできるんだろうか。その辺りのメンテナンスを解説します。

スポンサードリンク

梅雨時カビが生えた枕は

枕って意識してないけど、実は毎日、1日のうちの約3分の1から少なくとも4分の1は頭と接しています。ってことは、当然、汗や皮脂がつきます。それになんといっても、昼間は押し入れにしまっていたり陽があたらない場所に長時間放置されるので、ダニや雑菌、カビ、ニオイ菌などの温床となるんですよね。怖いですねえ。

そう、怖いんです。だって、アレルギーの原因のトップはダニ。屋内にいる8割はこのチリダニという種類です。で、このチリダニ、人の汗や皮脂が大好きなので枕にはどんどん増殖します。また、ダニが排出するフンも体によくありません。

ってことで、そんな枕と毎日接していると知ると、ゾッとしますよね。他のところは除菌とか気合をいれていても、枕の除菌ってどうするの?とか、今まで考えたこともなかったって言う人も多いんじゃないでしょうか。

とは言っても、枕のお手入れってどうすればいいの?本当に洗っていいの?とって思いますよね。えっ?既に洗濯機に放り込んだ?それはそれは、ナント申しましょうか。大丈夫なものもあるんですけど、パーになる枕もあるので、そのあたりをしっかり見極める必要があります。

洗える枕と洗えない枕、その2種類があるってことをしっかり認識して、清潔な枕になるようにメンテナンスしていきましょう。

次章では、具体的に素材毎にその手入れの方法を紹介します。

梅雨時カビが生えた枕の洗濯は?

では、まず洗える種類の枕について、その特徴と洗濯の仕方を紹介します。

1.パイプストロー
中身はストローを細かく切った形です。大きさや硬さはいろいろあります。通気性がよく、虫害もなく耐久性も高い素材です。繰り返し洗っても丈夫です。が、その反面、大きく硬いパイプはごつごつして、頭を動かすとパイプ同士がこすれる音がします。ですので、寝返りを打つたびに音がしてイヤという人もいます。

ただ、メンテナンス的には一番ラクチンです。そばがらしかなかった世代からすると、パイプスロー枕っていうのは、江戸幕府が倒れて明治維新になったぐらいのインパクトがありました。ですので、簡単に清潔にしたいっていう方は、パイプスロー枕にしてみるといいかもしれません。

で、洗濯の仕方はネットに入れて洗濯機で洗えます。ですので、できるだけ頻繁に洗うようにしてください。また、天日干しも大丈夫です。ですので、晴れた日は天日干し。休みの日は朝に洗っておけば、夕方には乾くので安心です。

なお、パイプストローの寿命は3年から5年程度です。入っている生地が破れた時、中のパイプがつぶれた時が買い替え時です。

2.ポリエステルワタ素材素材
人工繊維で綿ののようにフワフワしています。クッション性にすぐれ、枕によく使われています。コンフォロフト綿と粒綿があります。それぞれの特徴は、コンフォロフト綿は、特殊加工が施された上質のポリエステル綿です。通気性とクッション性が高く、綿ホコリが少なくなっています。これに対して、粒綿のものは、粒状に加工され、反発性が少なくやわらかい感触です。

というポリエステル綿枕ですが、実はは水洗いできるものとできないものがあるので、表示をよく見てから洗うようにしてください。洗う場合は、手洗いが基本です。1か月に1回程度が目安。脱水が強すぎると偏りの原因になるので注意しましょう。また、天日干しもO.K.ですので、これまた頻繁に天日干ししてください。寿命は1年から3年程度です。ふんわり感がなくなり、つぶれてきたら買い替え時です。

3.マルコ・コルマビーズ
マルコ・コルマビーズは、中が空洞のプラスチックボールに大きな穴が2つ開いた形の物が入った枕です。通気性にすぐれていて、パイプよりもやわらかく、弾力性があり、耐久性も高くなっています。パイプ同様頭を動かすと音がします。パイプに比べると比較的高価です。パイプまくらで満足出来ない方もマルコ・コルマビーズだと柔らかくてバッチリと言う声も聴きます。

洗い方はパイプと一緒で、ほとんど洗えるので、できるだけ頻繁に水洗いしましょう。天日干しもO.K.です。水洗いできるものは、上記3つが主なものとなります。これに対して水洗い出来ない枕はどんなものでしょうか。まずは羽毛枕ですよね。

4.羽毛枕
羽毛は、水鳥の羽根を使い、洗浄と消臭を施した自然素材です。高級感があり、ふんわりやわらかい素材です。通気性が良く、吸湿性、保湿性、発散性にすぐれており、冬は暖かく夏は涼しいのが特徴です。ただし、羽根に細い骨があり、枕から突き出ることがあるので注意しましょう。

そして、水洗いはできません。いくら水鳥羽根を使っていると言っても、枕にしてあるものは水洗できませんので、気をつけてください。普段のお手入れは陰干しとなります。ただし、ドライクリーニングはできるので、あまりに汚れが酷かったり、カビが生えてしまったというときは、ドライクリーニングにだしてください。羽根が出てくるのが頻繁になったら買い替え時です。

5.そばがら
枕といえば、そばがら。これじゃないと眠れないって言う人も多かったほどです。中身はそばの実の殻を乾燥させた素材で、日本では昔から枕の素材として使われてきました。通気性と吸湿性にすぐれています。安価でボリュームがあります。しかしながら、一番の問題は、使用しているうちにそばがらがつぶれて粉が出てくることがあったり、湿ったままにしておくと虫がつくこともあります。結構虫がつくので気をつけてくださいね。

で、そばがら枕は当然のことのようにこのタイプは水洗い厳禁です。また、虫がわきやすいので、こまめに干すのがポイントです。直射日光でも良いので、できるだけ毎日天日干しにすることをオススメします。干した時にたたくとそばがらが割れて虫がつきやすくなるので注意してください。

6.低反発ウレタン
最近はやりの「ぐっすり眠れる枕」として人気が高いですね。スポンジ状の素材で、ゆっくり沈み、ゆっくり戻ります。低反発ウレタンは、小さな気泡が集まっている構造で、枕を使用していると自然に空気の出し入れが行われ、清潔さを保てるようになっています。しかしながら、水に濡れると低反発の戻りが早くなり、強度が低下しますので注意してください。

柔軟性にすぐれており、フィット感があります。体圧分散効果で素材の負担を軽減します。それ故にぐっすり眠れる枕なんですけどね。しかしながら、気温が低いと硬くなります。夏は熱がこもり、ムレやすくなります。水洗いは避けましょう。干すときは陰干しにしてください。

ということで、洗える枕、洗えない枕をしっかり把握して、ポリエステルわたやビーズの場合、製品によって洗えるかどうかが違うので注意しましょう。では、実際に自宅で洗う場合の手順を次章で紹介します。


スポンサードリンク

梅雨時カビの生えた枕の洗濯方法

自宅で洗濯する場合の手順も何も、洗濯機に入れればいいんじゃないの?って思いますよね。でも、ちょっとそれだと問題があります。洗濯機に入れていいものと、手洗いのものとがあるので、それを確認してください。

で、洗濯機で洗う場合ですが、もともと、枕にカバーがついていることがあります。自分でつける枕カバーは外しても、もともとついていたカバーを外さずに洗っている人も多いです。

ですので、外せる場合はかならず外し、カバーと枕を別々に洗いましょう。タグの洗濯表示を確認します。洗濯機で洗えるものかどうか確認しておきましょう。また、枕カバーだけでも頻繁に洗えば、カビやダニの防止につながりますので、そこは休日の度にでも洗いましょう。洗剤は中性洗剤を用意します。通常の洗濯洗剤で大丈夫です。

1.洗濯ネットに入れます。
2.洗濯機に入れます。この時に、枕が大きすぎて中で回りそうもなければ洗濯を中止しましょう。
3.洗剤を入れます。
4.選択モードは、「手洗い」「ドライ」など弱めのコースを選び、洗濯を始めます。
5.洗濯機の脱水が終了したら取り出します。中身が偏っているので、全体を手のひらでたたいて形を整えます。
6.天日干しができる枕は、外に干します。枕干しがあると便利です。

ということで、洗濯機を使う場合はそんなに気にしなくても大丈夫。ただ、弱めのコースじゃないと、枕がよじれてしまって、夢の中で人生や身体がよじれてしまったってこともあるので気をつけてくださし。なお、完全に乾くのに数日かかる場合もありますので、替えの枕は必要です。

でもこの枕、すぐによじれてしまそう。っていう場合は、手洗いです。洗う前に、枕カバーを外し、タグの洗濯表示を確認してください。ただし、手洗いにはスペースが必要になります。洗面所のシンクや浴槽など十分な量の水が張れる場所だとストレスなく洗うことができます。

<洗い方>
1.水を張り、洗剤を入れます。
2.枕全体を端から揉みながら洗っていきます。
3.流水でよくすすぎます。洗剤の泡がなくなるまで十分にすすぎます。
4.押しながら水を切ります。絞ると中身が偏ってしまうので、上から押し付けて水を出します。
5.外に干します。枕干しがあれば使いましょう。洗濯機の脱水よりも水が切れないので乾くのに時間がかかります。
しっかり中まで乾かしましょう。

ということで、そんなに難しく考える必要はありませんが、ちょっとだけ優しく心遣いをしてあげると、今日も楽しい夢を見させてくれるかもしれません。

ちなみに、自宅ではちょっとむずかしいかなあと言う場合は、、クリーニングに出すという手もあります。プロに任せれば、気になる汚れもスッキリ落ちるので、定期的にクリーニングすればバッチリです。

なお、枕を洗うまでしなくても、頻繁に陰干しするだけで、中の湿気を取りますので、それは心がけてください。天日干し出来る枕はそれが一番。昔はそばがらしかなかったから、晴れた日はみなさん枕を干していたほどです。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、意外と枕ってそのままにしていることが多くありませんか?私も以前は枕カバーすら1年に数回しか洗っていませんでした。今考えるととんでもないんですが、一人暮らしの僕ちゃんとかはそんなもんですよね。では、枕を洗ってすっきり。楽しい夢でバッチリといきたいものです。良いお年を。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,