アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

横浜開港祭の花火大会のベストな場所は?混雑やアクセスも解説

2017/02/23

横浜の開港祭では、一足早く花火大会があるとのこと。梅雨入り前のこの時期に異国情緒たっぷりの横浜で、花火デートっていうのもいいかも。そんな僕ちゃんに、ベストな場所や混雑状況、アクセスなんかを紹介します。

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火大会のベストスポットは?

横浜開港祭っていうのは、そもそも。えっ?そもそもはいらない?いやいや、一応ウンチクを知ってないと彼女に、『開港祭っていつからやってるのかなあ』と聞かれたときにこまるじゃないですか。

で、その開港祭、黒船の来航がきっかけなんです。時は江戸時代末期、1859年の6月2日、横浜港が開港したってわけですな。それで、翌年、1周年を記念して山車も出て大賑わいだったとか。

それをきっかけに国際港として発展したってことで、地元企業一体となってのお祭りをしているんですね。

ですから、ちょっと早いけど花火大会もあって、その他いろんな催しがあります。例年梅雨入り前ですから、暑くもなく寒くもなく、行楽日和の横浜を満喫できるといわれているんです。

はいはい、そんなウンチクはいいから、花火がよく見えるところを知りたいってこでしたね。いわゆる、ベストビューポイントってやつ。

まずは人気ナンバーワンは、横浜といえば山下公園。アベック(死語でした)、失礼カップルには定番。私も若い頃は、男の先輩と『俺たち変態じゃないよ』とか言いながら行った覚えがあります。ですから、可能であれば山下公園で観るのがおすすめです。

もちろん、山下公園外でも見られます。迫力重視というと、
・横浜赤レンガ倉庫&赤レンガパーク---大さん橋周辺
・マリンタワー
・新港パーク
あたりですかね。

一寸はなれてもいいってことなら、
・MM21
・スカイウォーク
・ポートサイド公園
・臨港パーク
なんかもバッチリ観ることができます。

離れてもいいし、むしろムードも大切。だって、僕ちゃんおデートだもーん。っていう場合は、
・港の見える丘公園
・クイーンズパーク
・ランドマークタワー展望台スカイガーデン
・野毛山公園展望台

この辺りから、アクセス等を考慮して絞っていってください。ただし、横浜開港祭は例年60万人から70万人の人出といわれていますからね。早めの出陣をおすすめします。

横浜開港祭の花火大会の混雑は?

で、その60万になり70万人なりの人出ってどれぐらい混むのかってことですが、これは場所によって結構違います。もちろん早い方がいいのに決まっていますが、ベストスポットだったりすると、当日の朝には既に場所が埋まっているってこともあります。ですので、場所ごとに例年の様子をお知らせします。

メイン会場の臨港パークは、光と音の迫力と花火を100%満喫できますが、当然超激混み。当日の朝から場所取りをする人もたくさんいます。例年の様子だと大体混んでくるのは、花火開始3時間ぐらい前の午後3時頃からのようです。ですから、お昼すぎにはいかないと難しいでしょう。ただし、場所取りが出来たなら関東で一番早い花火大会を100%満喫できます!

いやいや、僕ちゃんアベックだから、山下公園がいい。っていう方もいらっしゃるでしょう。山下公園は木があるので、下で上がっている花火が若干邪魔されて見えにくい場所もあります。それで、意外と穴場という話もありますが、実際のところは、当日の朝9時くらいからは、シートをもった人たちが場所取りをされています。ですので、これまた厳しいですな。

じゃあどっか穴場ってところはないの?ってことですが、あります、あります。ここだけの話。ってブログに書いたらみんな行くから駄目じゃん。っていわれそうですが、このブログ、そんなに人気がないから大丈夫。

カップヌードルミュージアムパーク(旧:新港パーク)。ここは出足が遅いです。みなとみらい万葉の湯の裏側のエリアです。臨港パークに人が流れる中ので、前日の時点で例年誰も席取りしていません。 当日の昼頃になって、ようやく最前列が埋まり始めるという状況で、その他はまだ余裕ありです。新港パークなら当日朝行けば、十分いい席が確保できるでしょう。

それに日中、花火を待つ間も、のんびり、ゆったりと海を見ながら待つことが出来る雰囲気のある場所ですので早めに行くのも悪くないと思います。ただし、日焼け止め対策と水分補給はしっかりしてください。

その他、山下ふ頭とか、野毛山公園なんかも穴場です。その分、ちょっと遠くなってしまいますが、混雑を取るか、ゆったりまったりムーディーな夜を取るかはお任せします。


スポンサードリンク

横浜開港祭の花火大会のアクセスは?

アクセスはもう横浜を目指してください。っていうと話になりませんね。ただし、車はダメですよ。車は。大渋滞で、いつたどり着くかわからないってカンジです。それに朝から行くってことなら、駐車料金が膨大になりますからね。まあ、その辺、気にしないセレブな方々だったら、ホテルでもどこでも停めてくればッてカンジです。

公共交通機関の場合は、「横浜高速鉄道」の「みなとみらい駅」が最寄り駅です。メイン会場までは徒歩5分。JRの場合は、根岸線の桜木町駅から徒歩15分です。

山下公園なんかだと、「横浜高速鉄道」の「元町・中華街」ですぐ。JRのだと関内からになります。まあ、この日はとにかくこの一体は大混雑なので、その中をウダウダ歩くのもありでしょう。

雨でなければ、お散歩にちょうどいい季節ですからね。おデート、楽しんできたください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、横浜も私が学生時代に『俺たち変態じゃないよ』って言ってた頃とは大違い。赤レンガ倉庫とか、昔はなんだったんだろう。とにかく21世紀に益々オシャレになっていますからね。ぜひおデートでもお散歩でも、素敵なひと時をお楽しみください。

関連記事
横浜の花火大会のお勧めは?

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,