アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

横浜の花火大会おすすめは?神奈川新聞花火大会について解説

2017/02/23

憧れの横浜に引っ越してきたので、今年は横浜の花火を楽しむゼ!という僕ちゃん。で、どんな花火大会があるか知らないって?それは大変。横浜の花火でおすすめなもの、おすすめのビュースポットと言うか場所ですな。その辺りを解説します。

スポンサードリンク

横浜の花火でお勧めのものは?

横浜の花火大会ってナニがあるんだろう?って気になりますよね。横浜と言っても広いから、山側だと遊園地なんかでも夏は週末毎に花火を打ち上げます。

が、やはり横浜というと港。横浜港辺りでのドデカイ花火大会ってナニがあるんだろうっていう、今年から横浜市民とか、上京してきて、横浜に憧れている僕ちゃんだと、分かりませんよね。

横浜というと、まず、毎年6月頭に開催される『横浜港祭』での花火大会が有名です。そもそも、横浜港祭自体、例年60万人から70万人の人出で大賑わい。その一環として花火も打ち上げられるということで、毎年当日の朝から場所取りに勤しむ輩がたくさんいます。その辺のことは、別の記事にしたので、そちらを読んでくださいね。

それに6月の頭というと、梅雨入り前で、季節としては最高ですが、夏の花火大会ってカンジではありません。というか、既にこの記事を読んでいるのが7月かもしれませんからね。いわゆる夏の花火大会を知りたいんですよね。

となると、毎年8月の第1週に開催される神奈川新聞花火大会ってことになるでしょう。市民の花火大会ってことで、毎年1万5千発。中には関東最大級といわれる直径480メートルにも及ぶ2尺玉なんかも打ち上げられるので、その迫力はすごいもの。

これを見ないと横浜の夏とは言えないぜ。ってはまっ子はいっております。ですので、横浜ボーイ(含む<昔の>)となった僕ちゃんは、ぜひともこの神奈川新聞花火大会に行ってみてください。特に音楽とのコラボは見応えあり。横浜の夜景を背景にした、花火との共演は絶景です。

横浜の花火大会 神奈川新聞花火大会って?

この神奈川新聞花火大会っていうのは、市民協賛の花火大会っていわれています。その関係かどうか、席も有料席があるんです。それも2種類。っていうか、そもそもは無料だったんですけど、あまりに人が押しかけて、事故の可能性が大ってことで、数年前から有料席を設けるようになりました。

有料席は2種類あります。一つ目は「花火鑑賞券」というもの。臨海パークとカップヌードルミュージアムパークの有料席は花火鑑賞券の事前購入による入場制限があります。

で、事前に購入しておく必要があります。購入方法は全国のローソンにあるLoppiで購入できます。大人2600円(高校生以上)・子ども500円(小中学生)・小学生未満は無料(保護者同伴)これは、有料区域内に入ることができるってことなので、指定席ではありません。区域内は自由席になるので、そこのところはお間違えのないように。

そして、もう一つゴージャスに花火大会を満喫したいという方には、あるんです。セレブ用のチケットが。「協賛券」というもの。ナント、7200円。ですが、ビール&ソフトドリンク2杯で、お菓子の詰め合わせセットもついちゃう。そして、臨港パークの最前列で見れるていうもの。

ですので、どっちにしても初ボーナスをもらった僕ちゃんとか、彼女とここで決めたい彼とか、奥さんの機嫌をそこなったパパとか、それ以外でも、最前列でビールを飲みながらの贅沢な時間を過ごしたい方にはぜひと言うカンジ。

なお、詳しい事が知りたい場合は、神奈川新聞クロスメディア営業局 045-227-0744となっております。


スポンサードリンク

横浜の花火大会 神奈川新聞のよく見える場所は

よく見える場所というと、これはもう有料席ってことになります。もちろん、一番は上に書いた協賛席。7200円を払うと、バッチリ・チリバツな夜を楽しめます。2600円の方でも大丈夫。ただし、自由席なので、ちょっと早めに並んだほうが無難かな。

いやいや、僕ちゃんまだ学生だし、貧乏だから、どっか無料のところはないかなあって言う場合は、山下公園。もちろん、カップルで行ってください。最悪、同性の友人と「俺たち変態じゃないよ」って言いながらだと大丈夫。一人でカメラ持って行くと、覗きと間違われて逮捕されても知りません。

あとは、外人墓地とかもアリ。車を持っていたら大黒ふ頭のPAもよく見えます。が、これまた早くから大混雑なので、昼過ぎには行った方がいいでしょう。その他、入場料がかかりますが、横浜マリンタワーとか、ランドマークタワーの展望スカイガーデンなんかもオススメです。

少し離れたところでもいいってことなら、ポートサイド公園、野毛山公園展望台なんかも綺麗に見えます。ただし、意外とこの辺も穴場として知れ渡っているので、結構早めの出陣をおすすめします。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

横浜といえば港、港の直ぐ側までホテルや高層ビルが立ち並び、その夜景の美しさに花火がとっても映えるんですよね。デートじゃなくても、一度は横浜の花火をみてみたいものです。ぜひ素敵な夏になることをお祈りしています。

関連記事
横浜開港祭の花火大会のベストな場所は? 

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,