アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

大曲の花火大会のよく見える場所やアクセスと駐車場を解説

2017/02/22

日本三大花火大会の大曲花火大会。秋田であるから避暑も兼ねて行ってみようと思っています。でも、どうやっていけばいいの?どこがよく見える場所なんだろう。車で行く場合は、駐車場はあるの?っていう疑問にお応えします。

スポンサードリンク

大曲の花火大会でよく見える場所は?

日本三大花火大会ってことは、盛り上がるんでしょうねえ。ってもちろんです。大曲って大仙市の中にあるんですが、その大仙市は人口4万人の街。そこに、この花火大会の日には70万人の人がやってくるんです。

20倍近い人ですよね。ってことは、日頃そんな多くの人を見たことがないから、おばあさんは、腰を抜かして大変。ってことはありませんが、とにかく道路は規制されてしまいます。

他の地域でも、車の通行止めっていうのはありますが、大曲の場合は人も通れないところが出てきます。ってことで、よく見える場所とか言う前に、まずどこだと行くことができるのか、どこは通行止めになるのかをしっかり把握してください。

と言う前に、基本情報が知りたいんでしたね。大曲の花火大会は、毎年8月第4週の土曜日に開催されます。場所は秋田県の大仙市の雄物川の河川敷(大曲橋下流)で打ち上げられます。

大曲駅から徒歩30分。そう、徒歩なんです。参加者の安全第一ってことで、とにかく自動車類は全て通行禁止。ですから、シャトルバスもない。ひたすら歩いてください。

時間は昼の部っていうのもヘンですが、公式プログラムに「昼の部」ってなっているんですよね。それが、17:30~18:15、夜の部は18:50~21:30となっています。打ち上げ数は1万8千発ってことで、見応え充分です。

なんで、そんなに歩かされるの?って思うでしょうが、とにかくすごい人出。どこも花火大会っていうとすごい人出ですが、大曲の花火大会は半端無い多さです。ですので、車は公共のものでも乗り入れ禁止になっているんです。

ということは、そう。よく見える場所とか言う前に、とにかく座れる場所ということになりますよね。そうすると、特に遠路はるばるやってくる人だと、有料席を取って置いたほうが安心です。無料席は地元民が朝から狙っていますからね。

その有料席、大曲商工会議所が4月上旬から抽選を受け付けるので、そろそろサイトをチェックしておいてください。大曲の花火サイトはこちら⇒ 

いやいや、このブログを見たのが、既に8月で全部売り切れだった。とか、抽選に外れたっていう残念な方もいらっしゃるかもしれません。しょうがないから、そういう人のために、無料でみることができるスポットもご案内しますね。

まずは、河川敷の花火大会というと、河川敷で見るっていうのが基本。ですから、河川敷のキャンプエリアだとよく見えます。打ち上げ場所が「大曲花火大橋下流付近」ってなっているので、大曲花火大橋より上流にあるキャンプエリアで見てやろうっていう魂胆です。

予約エリアと先着エリアがあって、先着エリアは地元民で占められているので、予約エリアをゲットしておきましょう。

同じくキャンプ場というと、大曲ファミリーキャンプ場というのもあります。会場から離れているので、そんなに混雑していません。それに、大仙市を一望できる高台なので、遠くからでもよく見ることができると言うわけです。

この他、大曲中学校周辺、大曲花火大橋上流右岸河川敷(川目南)無料駐車場、大平山の登山口になっている姫神公園、仙北自動車学校付近の土手、サンクス大曲西根店駐車場なんかも、意外とよく見える場所なので、有料席に外れた方は行ってみてはいかがでしょうか。

大曲の花火大会のアクセスは?

で、その大曲の花火大会、どうやっていけばいいの?ってことですが、大曲に行けばいいんです。っていうと元も子もありませんよね。でも、大曲って新幹線が通っているです。秋田新幹線。ですので、東京周辺の方なら、秋田新幹線に乗って、大曲に行けばあとは、ひたすら30分歩いてください。

秋田には秋田空港もあるから、夏休みだし、東北の夏を満喫したいぜっていうあなたの場合も大丈夫。大阪・伊丹空港や名古屋空港、北海道の千歳空港からも飛行機が飛んでいるので、それでひとっ飛び。もちろん、羽田からも出ていますけど。秋田空港からはリムジンバスで大曲駅まで直通です。これでバッチリ、チリバツ共和国ですな。

えっ?夏休みだし、車で行きたいって?だからー、車は通行止めになるからやめた方がいいんだってば。それでもどうしても車で行きたいって言う人は、秋田自動車道の大曲I.Cで降りればすぐです。東北自動車道の北上ジャンクションから横手方面を目指してくださいね。でも、車はやめた方がいいと思うんですけどね。


スポンサードリンク

大曲の花火大会駐車場はあるの?

ところで、駐車場には何時頃に行けば入れるの?っていう質問をする人もいます。何度私が車はやめた方がいいって言っても聞かなんですよね。困ったものです。日本語が通じないんですかね。英語で書きますかね。って、英語はまるでわかりませんが。

一応、駐車場はあります。まず、有料駐車場と無料駐車場があって、無料駐車場は前日からやってくる地元民で、ほぼ満車。朝の7時の段階でも難しいといわれています。ですので、有料駐車場を狙いましょう。

それでも、お昼前には入らないと空きはありません。ですから、車はやめた方がいいって言ってるんですけどね。それに、運良く入れても、今度は花火が終わって出ようとしても動かない。気がついたら日付が変わってたってことも多々あります。

そこまで言ってもどうしても車で行きたいっていうアンポンタンには、しょうがないから、有料駐車場をおしらせしますね。まだ今年のものができてないので、昨年のもので解説しますが、有料駐車場はこちらになります⇒

有料駐車場マップは裏面もあるので、こっちも見てね⇒

これを見ただけでもやめておこうかとおもいますよね。えっ?思わない?そうですか、まあ若い人だと大混雑で日付が変わったっていうのも楽しいのかな。

あと裏技として、大曲駅の1つ2つ隣の駅の駐車場に停めておいて、電車でそこまで移動って言う手もあります。が、最近はそういう人も結構多くなってきたので、これまた早めに行って見ないと厳しいと思います。

ホテルルートイン 大曲駅前


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、なんたって日本三大花火大会ですからね。それに人口4万人のところに、70万人もやってくるってことで、その混雑は大変なもの。それを肝に命じて行ってみてください。でも、東北の夏の花火はとっても綺麗。それだけしても観る価値は有ると思いますよ。では、良い花火大会を。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,