アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

ノロウイルスによる胃腸炎とは?治療法は?予防法は?

2017/02/27

手洗いやり方

寒くなってくると気になるのがノロウイルス。インフルエンザと一緒で、年間を通してウイルスはいるんですけど、12月頃からの発症が目立ちますよね。

そして、この時期忘年会やなんやかんやと、飲んだり食べたりすることも多くなってしまいます。

特に、家族で誰かが発症すると、全員にうつるということもあって、結構気にしている方も多いことでしょう。

ということで、ノロウイルスの症状から予防法までを解説します。

スポンサードリンク

ノロウイルスによる胃腸炎とは?

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、冒頭でも述べましたが、実は一年を通して発生しています。その中でも特に冬季に流行するので、注意が必要です。

そのノロウイルスによる胃腸炎ですが、手や指、また食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖します。症状としては、おう吐、下痢、腹痛など、いわゆる胃腸炎の症状をを起こします。

健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがありますので、その辺りに気をつけてください。。

ノロウイルスによる胃腸炎の治療法は?

では、運悪くノロウイルスによる胃腸炎になった場合はどうすれば良いのでしょうか。どんな治療法があるのでしょうか。

ということですが、現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。ということは、そうなんです。通常は、対症療法でしか対応ができないんです。

特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行うことが、回復への道筋と言われています。脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。

スポンサードリンク

気を付けることは、止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいと言われています。その点は医療機関の指示に従ってください。

ノロウイルスによる胃腸炎の予防法は?

治療法がないとなると、残るはノロウイルスに感染しないようする予防に力をそそぐしかありません。

これまたほかの感染症対策と同じで、まずは手洗いとうがい。手洗いも単に水でチャッチャと擦るだけでなく、下のイラストにあるように、指の間、爪と指の間、小指の外側、親指の付け根、そして手首と、しっかり石鹸で洗ってください。時間的には20秒以上と言われています。ハッピーバースディートゥーユーの歌を2回繰り返すと20秒と言われています。

それから、食材の加熱、これは 85度から90度で90秒以上と言われています。特に貝類を中心とした食材は十分に加熱してください。

また、調理器具・まな板の消毒も徹底してください。 次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が必要となります。

なお、ノロウイルスに感染した人がいる場合は、患者のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが排出されるので、 上で述べたように、手洗いや調理器具の洗浄・殺菌に加え、マスクの着用を必ず行ってください。

ノロウイルスは乾燥すると空中を漂い、口に入って感染する恐れがあります。従って、ふん便や吐物はできるだけ乾燥させないようにし、処理には手袋とマスクの着用をしてから行うようにしてください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

非常に強い感染力をもつノロウイルスですが、きちんとした対応をしていれば、感染する可能性も低く、症状も軽くすみます。

外出から帰ってきたら、必ずうがいと手洗い。そして外に出る時はマスクの着用。これらでかなりの割合で感染から身を守ることができます。

インフルエンザ予防にもなりますので、この機会にしっかりした手洗いの励行を身に着けてください。

では、お大事に。

スポンサードリンク

-健康と医学
-,