アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

京都祗園祭りはいつ見に行けばいいの?見どころやホテルを紹介

2017/02/22

京都の祇園祭。これを見ないと日本の夏は始まらないって言う人もいるぐらい。なんたって、日本三大祭りの一つですからね。っていうか、そもそもは京都がずっと日本の首都だったわけだから、大昔はこっちが中心ですよね。ですから、今年は見に行こっと。でも、何やら1ヶ月もやっているみたい。いつ行っても大丈夫なんだろうか。見どころって何?ホテルとか取れるの?っていうあなたに解説します。

スポンサードリンク

京都の祇園祭っていつ見に行けばいいの?

京都の祇園祭、一生に一度は見てみたいって思っている人も多いことでしょう。なんたって、西暦800年代から続いている歴史のあるお祭りですからね。

お祭りといえば祇園祭、京都といえば祇園祭っていわれているほどですがから、その人気は国内だけでなく海外からもたくさんの人がやってきます。

で、その祇園祭いつやってるの?ってことで、ナント、7月1日から1ヶ月間なんですね。えー?いつから京都はラテン民族なったの?って思うかもしれません。

が、一応お祭りの期間は1ヶ月なんですけど、それぞれの出し物というか、行事は日程が決まってるんです。

ですから、その日程を外して行ってしまうと、お祭りってどこ?誰もいないじゃん。もう終わってしまったの?って言う風にAfter Festival 後の祭りってことになってしまいます。

ちなみに、後の祭りっていうのは、この祇園祭から出てきたと言う説が有力なんですね。というのも、その祇園祭、一番の見どころは山鉾巡行という、あの写真とかテレビでよく映しだされている山鉾といわれている飾り付けられた山車が、市内を巡回するのものです。

その山鉾巡行は、7月17日と7月24日におこなわれるんですね。7月17日を日を「前の祭り」、7月24日を「後の祭り」といいます。

で、7月17日の前の祭りでは、山鉾巡行は祇園ばやしにあわせて、鉾車や山車を何台も並べて進んでいきます。その様子はまるでパレードのようで、これを何十万人もの大勢の人が見物に来るわけです。

一方7月24日の後の祭は、7月17日の前の祭りのときに、鳴り物入りでパレードしてどこか一箇所(四条のお旅所)へ連れて行かれた?神様たちが神輿に乗って氏子の町内を回って神社へ厳かに帰ってくる神事(還車の行事=還幸祭)の日です。が、山鉾やお囃子もないので見てもあまり面白くないのです。

ということは、祇園祭を見ようと遠くから駆けつけたにもかかわらず、後の祭りしか見ることが出来なく、残念な思いをしたってことで、「これなら最初の前の祭りに来ておけばよかったのに」と悔やんでみてもこれこそまさに「後の祭り」という事になる。あとで気が付いて悔やんでももうどうしようもない、手遅れだという意味になったわけです。

これが後の祭りの語源て言われているんですね。ですから、見に行くとすれば、7月17日の前の祭りの山鉾巡行を見たほうがAfter festivalにならなくていいですからね。

他にも神幸祭というのもあるので、祇園祭を見に行こうというのであれば、14日の宵々々山から17日の山鉾巡行と神幸祭、そしてAfter Festivalの24日の還幸祭と思っておいてください。

特に2014年からは、1965年からずっと前の祭りに統合されていた山鉾巡行が、後の祭りにも復活したので、24日の後の祭りでも見ることが出来るようになりました。

が、それ以外の日、例えば7月12日とかに行っても、まだ山鉾を作っている途中だったりして、全然人がいない。何しに来たんだろうってことになりますので、注意が必要です。えっ?12日だったら、まだ祭りの前じゃないかって?じゃあBefor Festivalとでもよんでください。

とにかく一番見どころのある日は7月17日、その次は14日から17日、後24日も大丈夫。ってことで、日程を組んでくださいね。

京都祇園祭のみどころは?

じゃあ、その7月17日にAfter Festivalにならないように行くから、大丈夫。で、一体どこで見ればいいの?っていう質問が出ますよね。

山鉾巡行を見るポイントというか、場所としてはいくつかあります。まずは、各山鉾町から出発地点ということになります。

すべての山鉾を見ることはできませんが、通りに人が比較的少ないので穴場と言ってもいいでしょう。辻回しという、山鉾を回す、一番の見どころもも比較的簡単に見ることができます。

次は、四条通となります。ここは、 繁華街なので特に前祭では多くの人で埋まります。ただ四条通は2015年から歩道の幅が広がったので、早くから待った場合は山鉾に近いところから観覧できる可能性があります。後祭では比較的容易に前方で見ることができるので、After Festivalにならずに済むと言われています。

それから河原町通っていうのも人気。ここも繁華街なのと、四条通と違い歩道が狭いので前祭は大変混雑します。また、歩道から山鉾までの距離が少し遠いのでちょっと残念ってこともあります。後祭では巡行に引き続き花傘巡行も観覧できるので、After Festival狙いで行ってもいいかも。

御池通というのもあります。ここは 街路樹の緑が多く写真映えしますが、前祭ではほぼ全区間が有料観覧席が設置されるので、一般客はその後ろからの観覧となり、山鉾までの距離が非常に遠くなります。後祭では市役所付近にしか有料観覧席がないため、四条通などよりも最前列で観覧しやすいと言われています。ただし、道幅が順航路で最も広いため、前列でも山鉾までの距離は少し遠いということは覚えておいてください

最後に、もう一つ。解散地点から各山鉾町 っていうのも前祭の場合はオススメです。観覧場所となる道端から鉾までの距離が非常に近く迫力があります。ただし通りが狭いので写真等の撮影では、鉾全体の姿はフレームに入れ込むのにかなり難しいでしょう。。鉾通過直後に鉾の後ろについて歩くこともできるので、祗園祭りを体感したい方には持って来いです。

ということで、山鉾巡行、見に行かれる場合は上記のポイントをご検討ください。ただし、祇園祭が初めてって言う方だと有料席の方が安心ですよね。

有料席は、御池通の寺町通から新町通(24日は河原町通)の間に設置されます。ですので、ここでゆったりと見るというのがオススメです。

有料席の販売は、前祭巡行(7月17日)有料観覧席券は、平成28年6月7日(火)より、 後祭巡行(7月24日)有料観覧席券は、平成28年6月14日(火)より、下記にて販売しますとのことなので、チェックしてみてください。

■インターネット:旅の発見ティー・ゲート(会員登録、配送料要)、Walker plus チケット(発券手数料要)

■ローソン・ミニストップ店頭(祇園祭前祭 Lコード:50084・ 祇園祭後祭 Lコード:50085 )

■セブン-イレブン、サークルKサンクス、ぴあ店頭(祇園祭前祭 Pコード:631-671 ・ 祇園祭後祭 Pコード:631-672 )(発券手数料要)

■ファミリーマート店頭(発券手数料要)

その他、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行等の旅行代理店でも扱っています。京都近くの方なら、京都市観光協会や京都総合観光案内所でも販売するので、そこでお求めいただければと思います。料金は前祭・後祭どちらも3180円。詳しくは京都市観光協会 TEL:075-752-7070 まで。


スポンサードリンク

京都祇園祭の期間のホテルは取れるの?

そんな京都祇園祭り、泊まりがけで行きたいんだけど、ホテルって取れるの?って心配になりますよね。まず、この期間、京都は一番のかき入れどき、ですから料金も高くなります。ということは、比較的安めというか、リーズナブルなホテルは半年前から予約が入ります。

ですから、このブログをいつ見たか知りませんが、既に希望のところが満室ッて言う場合は、ちょっと高めというかハイソなホテルが狙い目。当然そういうところは、バブリーな人かホントにリッチな人しか泊まらないから、意外と日にちが迫っていても空いていることがあるんですね。

京都ホテルオークラとか、京都ロイヤルホテル&スパ、ホテルモントレ京都なんかをあたってみてください。もちろんお値段はそれなりにしますけどね。

京都ホテルオークラ
ホテルモントレ京都
京都ロイヤルホテル&スパ

あとは、意外と盲点なのが、滋賀県の大津市のホテル。ここって地図でよく見ると、京都のすぐとなり。電車で2駅ともいわれているんです。が、なんたって隣の県ですからね。素人は考えつきません。

それに祇園祭の期間は京都市内は大混雑だから、結構大津市から電車で来たほうが早かったりします。ですので、バブリーじゃない僕ちゃんなんかは大津市のホテルを検討してみてはいかがでしょうか。

ホテルテトラ大津.京都(旧ホテルコムズ 大津)


yorezoの戯言

ということで、すっかりAfter Festivalを覚えてもらったんじゃないかと思いますが、それだけ歴史のあるお祭りですからね。大変な賑わいですけど、そうしてまでも見る価値はあると思います。楽しい祇園祭になることをお祈りしています。

関連記事
大阪天神祭 

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,