アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

びわ湖の花火大会がよく見える場所や観覧席とホテルを解説

2017/02/22

びわ湖の花火大会。近畿地方ではその規模の大きさから毎年楽しみにしている人が多いけど、今回は僕ちゃんも行ってみることにしました。ということで、どの場所がよく見えるのかとか、観覧席とかあるんだろうかとか、部屋から見えるホテルとかあるといいなあっていうわがまま僕ちゃんにその辺りを解説します。

スポンサードリンク

びわ湖の花火大会でよく見える場所は?

びわ湖の花火大会、基本的には8月8日の開催なんですね。が、8月8日が土日に当たる場合は、その前の金曜日に開催されます。2015年はそういう意味で8月7日だったんじゃないかな。

2016年は8月8日が月曜日だから、基本に戻って8月8日の開催です。ただし、心配症の僕ちゃんは、公式ホームページで確認しましょうね。

で、そのびわ湖の花火大会。実は3つというか、3箇所あるんです。一番有名なのは大津の花火。大津港から打ち上げられます。通常、びわ湖の花火大会ていうと、この大津のものを指します。

が、なんたって日本一大きな湖ですからね。それ以外にも長浜・北琵琶湖花火大会っていうのもあります。そしてもう一つ、彦根でもやります。これまた彦根・北琵琶湖花火大会ってことになっています。

ですから、「今日はびわ湖の花火大会だー」ってことで、大津に行ったら、実は彦根の開催日だったとか、長浜の開催日だったってことにならないように、確認しておいてくださいね。

いやいや、そんなオタンコナスじゃないから、間違って行く訳あらしまへん。って言われそうですが、今年から関西に引っ越したとか言う人ならやりかねませんからね。って私のことじゃないですよ。

そんなオタンコナスは置いておいて、大津のびわ湖花火大会。8月8日は分かったけど、何時からなんでしょうね。19:30~20:30です。打ち上げ数は1万発ってことで、そりゃーもう、大騒ぎですな。

じゃあ、どこで見ればいいの?って知りたいですよね。まあ、一番は有料観覧席なんですが、それは後で説明するとして、有料じゃくてもバッチリ見えるところを紹介しますね。

まずは、市民会館周辺。有料席の周辺なので、バッチリ見えます。が、入場できるのが、午後の4時以降。それに6時を回ると入場制限する場合があるので、注意が必要です。ちなみに、この周辺は飲み物を買うところがないので、予め買っていきましょう。

続いては、なぎさ公園びわ湖ホール。京阪電鉄の石場駅からすぐです。ここは市民会館の横になるので、花火自体はよく見えますが、これまた入場制限になる場合があります。

そして、その横になるのが、におの浜。びわ湖ホールの隣なんですけど、ちょっと離れるので結構人も多くありません。とは言っても、午前中じゃないと場所はないかも。

えー?それは厳しいなあ。夕方からでも空いているとこないの?ってことになると、これまたもう少し離れます。皇子山陸上競技場。ここだと、16時ぐらいまで行けば大丈夫。駅は別所が近いかな。

ということで、やはりびわ湖の花火大会となると、40万人ぐらいがやってきますから、そう簡単には空いたところで見ることは出来ません。

ちょっと離れてもいいから、空いたところでゆっくりとっていうことなら、車になってしまいますが、比叡山ドライブウェイ夢見が丘駐車場っていうのが、意外と穴場です。特に夢見が丘駐車場の展望台からは、大津、琵琶湖の景色が一望できので、おデートの僕ちゃんにはいいかも。

それから、面白いのが名神高速大津サービスエリア。通常高速道路のサービスエリアは、休憩する車のために観覧はやめてくださいっていうんですけど(諏訪湖など)、大津サービスエリアは、なんと有料席まで設けて、バッチリ見てくださいってことみたいです。

ってことで、基本的に当日は車はやめた方がいいんですけど、上に挙げた場所なら結構離れているので、敢えて車で行く花火大会っていうのもアリかもしれません。

なお、敢えて書く必要はないと思いますが、大津港周辺には車で行こうとすると、全然動かなくなって、車内で音だけ楽しんだってことになりますからね。気をつけてくださいね。

びわ湖の花火大会の観覧席は

んじゃあ分かったけど、リタイアしたおやじでもないんだから、ウィークデーに午前中から場所取りとか出来るわけ無いじゃんっていう、勤労青年には、やはり観覧席でじっくり見てもらうしかないでしょう。

その有料観覧席の設置場所ですが、滋賀県営大津港管理用通路・修景緑地などに設置 (約17000席 指定席)ってなっています。

ですが、ここで注意が必要なのは、指定席となっていますが、エリア指定の自由席です。って、よく分からんッて言われますよね。そのエリアに入るには有料で、指定なんですけど、中は自由席ってことなんです。ですから、これまた前の方の席に座りたいってことなら、16時(一部17時)の開場時間すぐに入場して、良い席を取らないといけなんですね。

それが出来ないから、有料席を買おうと思ってるのに、っていうあなた。これまたしょうがないってことですが、とにかく後ろの方でもよく見えるので、そこは慌てずに行ける時間から行ってもらって結構です。

例年、7月1日から発売開始。前売りなら1席3900円。当日は4400円になってしまいます。それに売り切れることがあるので、前売りを買っておきましょう。

発売場所は例年だと
・JR大津駅前臨時販売所
・石山駅観光案内所
・堅田駅前観光案内所
・琵琶湖汽船
・京都新聞社滋賀本社
・京都新聞文化センター
・JTB
・日本旅行
・近畿日本ツーリスト
・チケットぴあ
・ローソンチケット
・セブンチケット
・ウォーカープラスチケット
辺りになります。地元の方以外だと、JTBとかの旅行代理店か、ローソンやセブンイレブンのコンビニが便利ですかね。その辺りはご自分の環境と照らしあわせて考えてみてください。


スポンサードリンク

びわ湖の花火大会のホテルって?

でも、せっかくお金出しても、エリア内自由席ならちょっと残念って言う僕ちゃん。それなら、とっておきの見物場所があります。ホテルから。部屋から花火がバッチリ見えるホテルを予約して、そこから見るっていうのがセレブな僕ちゃんの楽しみ方。

もちろん、この時期、花火がバッチリ見えるホテルは割高になっていますが、金に糸目はつけないぜ。っていうバブリーな僕ちゃんにはオススメです。

一番人気は、何と言っても琵琶湖ホテル。打ち上げ会場の目の前ですからね。ここが取れれば、あとは天気を祈るだけ。それぐらい取るのが難しいです。半年前には全部埋まっているっていわれています。
琵琶湖ホテル

大津プリンスホテルも人気。ただし、ここは会員になってないといけないので、早めに問い合わせてみてください。
びわ湖大津プリンスホテル(旧 大津プリンスホテル)

あと、部屋じゃなくて屋上からっていうことだと、ホテルピアザびわ湖もあり。ここの屋上から見るプランはお得ですので、チェックしてみてくださいね。
ホテルピアザびわ湖


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、びわ湖、それも大津港での花火大会、なんだか行ってみたくなりましたね。えっ?そもそも行くつもりで情報を探してたって?こりゃまた失礼いたしました。

ちなみに、大阪方面に帰る方は、京阪電鉄よりもJRの方が編成が長いので、一度に乗れる人数も多いってことで、早く列車に乗り込むことができます。駅でも入場制限が出てきますので、早目に帰るか、近くで一杯やって帰るか、時間差攻撃でいかないと、大変なことになります。そこは注意が必要です。では、良い花火大会を。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,