アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

家計・貯蓄・資産運用

FX口座でMT4での注文方法や損切り・利確とスプレッドを考える

2017/02/21

FXをやり始めて1年ぐらい経つと、どうしてもMT4を使ってみたくなりますよね。でも、国内のFXを会社でMT4を採用しているところは何社かあるけど、どこにすればいいんだろう?それにMT4って、結構注文方法が面倒くさいとか聞いたことがあるし、スプレッドも狭くないとか?その辺りについてお伝えします。

スポンサードリンク

FXの口座でMT4の注文方法がしやすいのは?

FXって最初のうちは、訳がわからずFX会社のチャートとかで、予想とかを見てエントリーするんだけど、それで最初は勝っても、そう簡単には勝ち続けられませんよね。

いわゆるビギナーズラックで、ウッシッシってなって、その後転落人生を送る人も多いし。って、私はビギナーズラックさえありませんでしたけど、ナニカ?

そのうちに、いろいろと勉強してテクニカルだファンダメンタルズだって言い始めるんだけど、やっぱりFXって基本的にテクニカルっていうか、チャートに始まりチャートに終わりますよね。

となると、どうしてもいろんなインジケーターで自分の思うように使い勝手の良いチャートにしたいってことで、MT4を使いたい。

でも、MT4ってなんだかハードル高いし。って思っているそこのアンタ。そんなことはありません。昔はそうだったかもしれないけど、今ではFX会社が親切にMT4の使い方をレクチャーしている動画とか配信しているから、とりあえず口座開設してデモトレードやってみるのが一番。

口座開設するだけならタダですからね。それで、1ヶ月から、できれば3ヶ月やってみれば、MT4の特徴も理解して、これはもうMT4じゃないと出来ないって思いますから。

とは言っても、MT4って自動売買のものじゃないの?って、またそんなことをいう人がいるんですよね。欧米だとFX会社のチャートってほとんどなくて、みなさんMT4のチャートを見ながら取引しています。

ですから、裁量取引でも全く問題なし。っていうか、裁量だからこそMT4の威力を発揮します。私もFXを初めてもう8年ぐらいになりますが、2年目からはMT4です。当時はまだ国内で使えるところも限られていて、とりあえず全部開設してみましたけど。

今はもうMT4じゃないとやる気がしませんね。って言っても、初心者の方からよく言われるのが、MT4ってチャートは好きなようにカスタマイズできるし、インジケーターも自分の使うのをバンバン入れられるからいいんだけど、注文方法が面倒なんだよねって。

面倒ってことはなくて、これまた慣れれば逆に、損切りと利確幅を一気に設定できるからこんな便利なものはないんですけど、慣れるまではちょっと視覚的に見づらいっていうのがあるかも。

それに、現在値とかも国内のFX会社の注文画面に比べると見にくいかな。その辺は慣れるしかありませんよね。

ですから、そういう意味では、どこのMT4を使っても一緒。一緒だからこそ、スプレッドとか約定力とかその辺りで、どこを使うかを決めるんですよね。

FXの口座でMT4の損切り利益確定が一発で?

って言っていたんですけど、やっぱりエントリーと同時に利確と損切りができたほうがいいですよね。スキャルとか、短めのデイトレとかだと、別に1pips2pips狙いじゃなくても。10pipsぐらいで利確したいとかいう場合には、意外とすぐに値が動いたりしますからね。

もちろん、天下のMT4ですからね。そういうインジケーターもあるんですけど、これがまたちょっと面倒。っていうのも、チャートに表示させるだけのインジケーターなら、MT4に慣れれば、だいたい誰でもセッティングできるんですけど、注文ってなると、そのFX会社が対応しているかどうかによるんですよ。

ですから、私も何度か試みましたが、挫折してもう少しゆったりした比較的長めのトレード手法に変えたって過去がありました。

が、それを解消してくれたのが、FXTF(FXトレードフィナンシャル)、ナント、標準でミニターミナルっていうインジケータが付いているから、エントリーと同時に、利確を20pips 損切りを15pipsとかに設定できるんです。

発注後の注文も、視覚的に見て変更がラクチンだし、テンプレートとしてチャート上に表示できるから、その後の値動きと利益も一瞬で分かるんですよね。

っていうのも、FX初心者はドル/円とかユーロ/円とかで取引するけど、慣れてきたらやっぱり一番取引量の多いユーロ/ドルで取引しますよね。それにテクニカルが一番合うのもユーロ/ドルだし。

ですから、ユーロ/ドルでウッシッシってなる方も多いんですけど、今度はドル・ストレートだと利益換算が面倒ですよね。

そこで、このFXTF(FXトレードフィナンシャル)のミニターミナルが威力を発揮ってことで、一瞬見ただけで、現在の利益がいくらかかが分かるっていうすぐれものです。

ということで、MT4ユーザーには必需品と言っていいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

FXの口座でMT4のスプレッド最小は?

そんなFXTF(FXトレード・フィナンシャル)、スプレッドも業界最小。MT4って、大元のシステムとして使用料を払わないといけないから、通常は国内のFX会社のスプレッドより広めなんです。海外口座なんか、ドル/円で2pips 3pipsとか当たり前で、ボッタクリかって思うほど。

ですから、国内のFX会社でもMT4口座の場合はどうしても、スプレッドが広め。それでも企業努力で最近は小さくなってきたんですけどね。っていっても、やっぱりドル/円で1pipはありますけど。

そんな中、FXTFはナント!ドル/円で0.3円(pips)、ユーロ/円でも0.6円(pips)だって!MT4じゃなくても業界最小じゃないですかねえ。それに原則固定だし。

ってことで、MT4はスプレッドが広いっていう常識を覆してしまいました。そして、上にも書いたようにエントリーや利確・損切りもワンタッチ。これはもうMT4ならFXTFってことじゃないですかねえ。

まあ、そうは言っても、MT4を使いたいとかいう人は、意外と頑固者って私の事じゃないですよ、そういう人が多いから、実際に使ってみてからでいいと思います。

もちろん、デモ口座もあるので、まずはデモで使い勝手を調べていただければと思います。ちなみに、当然のことならが、日足5本足、1000通貨対応ですので、ご安心を。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、以前は国内のMT4って言っても、意外とスプレッドが広かったり、6本足だったりして使えないところが多かったんですけど、今残っているというか、今現在MT4対応のFX会社は、その辺りしっかりしています。

私の場合はとりあえず口座だけ全部開いて、デモ口座で3ヶ月やってみて、一番しっくりくるところで取引していますけどね。では、良いFXを。

関連記事
MT4の約定力は? 
FXのテクニカル分析に適したチャートは?

スポンサードリンク

-家計・貯蓄・資産運用
-,