アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

四日市の花火大会がよく見える場所や便利なホテルと周辺観光を紹介

2017/02/21

四日市の花火大会って三重県じゃあ有名みたい。今年は行ってみようと思っているけど、どこで見ればいいのかな。有料席とかあるんだろうか。せっかくだから、おすすめのホテルに泊まって、四日市観光もしてこようかなっていうあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

四日市の花火大会がよく見える場所は

三重県の代表的な花火と言われているのが、四日市花火大会。何やら 3台の台船から上がるとのこと。船上花火ですな。その数4,000発ってことで、夏の風物詩になっており、近隣からもわんさか見物客がやってくるそうな。

開催日程 等ですが、毎年8月の第4日曜日ってことで、四日市の花火大会が終わると夏が終わるといわれています。

時間は19:15~20:30ってことで、4000発ですが、1時間ちょっとの間にギュッと凝縮されて打ち上げるので、見る人を飽きさせません。

打ち上げ場所は、四日市市富双四日市港、富双緑地ってことで、地元の人ならあああそこねってことですが、よそ者僕ちゃんにはちょっと分かりませんよね。大丈夫、打ち上げ場所じゃなくて、よく見える場所を紹介しますから。

と言っても、一応地図を見て欲しいんですけど、船上花火ってことで、船の上から打ち上げるから、四日市港周辺だとよく見えますよね。

地図を見ると、海岸沿いだとよく見えそう。ってことで、アタリ!天ヶ須賀工業団地の富州原グラウンドっていうのは、ビューポイントの一つです。が、もちろんみなさん考えることは一緒だから、例年かなりの混雑、早めに行かないときびしいかも。

あとは、イオンモール四日市北店っていうのも、結構よく見えます。特に小さいお子さんなんかと一緒だと、トイレや飲み物調達もできるので便利ですね。ただし、これまた地元では有名なスポットですから、帰りは早めに退散するようにしないと、長い時間駐車場で足止めをくう事になりますからご注意ください。

いやいや、僕ちゃんよそ者だし、当日東京から行くから早くから場所取りとか出来ないしっていう方には、有料チケット席がおすすめ。

テーブル席:6名1万5000円(指定席)、シート席:2名4000円(指定席)、イス席:1名2000円(指定席)、芝生席:1名2000円(自由席)。となっており、一般販売は7月中旬~。チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケット、中日新聞販売店にて申し込み受付です。残っていれば当日券もありますが、事前の購入をおすすめします。

なお、、有料席の範囲内(フェンスで区切られた部分)でしたら、だいたいどこでも打ち揚げ船のほぼ正面です。例年は、シート席やテーブル席は分かりませんが、芝生席スペースは結構ゆったりと余裕がありましたので、人ごみを避けてゆっくり見たい方などは芝生席がいいかも。

また、有料範囲内には仮設トイレもありますので、外の一般仮設トイレよりは並ばずにスムーズに利用できるかと思います。ということで、地元民じゃない僕ちゃんには、有料席の方がいいんじゃないですかねえ。

四日市の花火大会に便利なホテルは?

ということで、ちょっと遅目の夏休みを取った僕ちゃんだと、1泊して翌日も四日市周辺を観光したいですよね。そのためのおすすめのホテルってどこでしょう。

まずはハズレがないってことで、一番人気の都ホテル。ちょっとリッチに過ごしてみてはいかがでしょうか。
四日市都ホテル

駅前の立地から、迷子になりやすい僕ちゃんでも安心。そんな機能重視のあなたには四日市アーバンホテルがおすすめ。
四日市アーバンホテル

車でのアクセスだと、スーパーホテル四日市が迷わず到着できます。施設内に温泉もあるので、疲れた体を癒やしてくれます。
スーパーホテル四日市・国道1号沿

最後に、ちょっとリゾート気分の味わいたいという方には、長島まで脚を伸ばせば、ウッシッシの空間がホテルナガシマでくつろいでいただければと思います。
ホテルナガシマ


スポンサードリンク

四日市の花火大会に行ったついでに見る観光地は

宿でゆっくりくつろいだら、翌日はどこを観光すればいいですかねえ。まずは、煙となんたらは高いところが好きってことで、展望展示室「うみてらす14」なんかいいんじゃないですかねえ。四日市に街が一望できます。

住所: 三重県四日市市霞2-1-1 四日市港ポートビル 14F
最寄り駅: JR富田浜駅
営業時間:9時30分~17時(土曜・7~11月の金曜は~21時)
定休日: 水曜・12~6月の月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:展望展示室入場大人300円、小・中学生150円

続いて、御在所ロープウエイ。ここも高いところ。でも、人工物じゃなくて、自然の景観だから、リフレッシュ出来ると思います。

住所:三重県三重郡菰野町湯の山温泉
最寄り駅:湯の山温泉駅
営業時間:【4月~11月】9:00~17:00 【12月~3月】9:00~16:00
定休日:不定、6月には工事運休、強風時は休
料金:2,100円(往復)

そして、意外と観ることができないのが中部電力(株)川越火力発電所。小学生に戻った気持ちで、発電の仕組みを詳しく学んでください。日本が誇る世界最大級の火力発電所です。

【基本情報】
住所: 三重県三重郡川越町亀崎新田朝明87-1
最寄り駅:近畿日本鉄道川越富洲原駅
営業時間: 9:00-16:40
定休日:毎週月曜,第3金曜
料金: 無料
公式サイト⇒


yorezoの戯言

ということで、せっかく四日市に行くのであれば、リゾート気分でババーンと温泉ホテルに泊まって、周辺の観光もしてきてはいかがでしょうか。あっ、もちろんメインは花火でしたね。失礼、失礼。ちゃんと事前に有料席チケットを買って、花火もバッチリといきたいものです。では、良い旅を。

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,