アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

深川八幡祭りの見どころや観光地と深川めしのおすすめ店を紹介

2017/02/21

深川八幡祭りっていうのがあるけど、いつどこでやってるのか、見どころは何なのかを知りたいんですけど。それに周辺の観光スポットも。ついでに深川めしも食べてきたいなあっていう祭り研究会のあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

深川八幡祭りの見どころは?

深川八幡祭りっていうのは、江戸三大祭りの一つなんですよね。ッて言われてもあとの二つはどこってことですが、神田祭と山王祭りです。

で、その深川八幡祭りですが、水掛け祭りと言われていて、お神輿を担ぐ人に水を豪快に水をかけることで有名です。

で、この深川八幡祭りですが、実は3年に一度本祭りといって、例大祭が行われます。その時は、50基以上のみこしが富岡八幡宮を目指してやってくるので、永代通りは人ひとヒトで大変な騒ぎです。

が、その本祭は2017年なんですね。ということは、2016年はどうなるの?ってことですが、蔭祭りってことで、簡素な祭りなんです。

なーんだってことですが、意外とこの蔭祭りの方がゆっくり観ることができるので、いいっていう人もいるんです。

そんな2016年の深川八幡祭りは、8月15日。内容はというと、子供神輿が約30基ほど永代通りの一部区間を巡るというもの。

例大祭に比べると、ちょっとおとなしすぎますが、子どもたちの元気な掛け声が人気でもあります。

子どもたちといっても、もちろん水掛けはありますので、ジャンジャンかけてやってくださいね。写真を撮る方は水しぶきに注意です。

時間は朝の9時から。と言ってもお神輿は30基ですからねえ。お昼には終わってしまいます。見に行かれるからは早めに行ってください。

深川八幡祭り周辺の観光は??

ということで、お祭り自体は地味ですが、せっかくなので、深川周辺の見どころも紹介しておきましょう。

深川八幡のお祭りってことで、当然深川八幡っていうか富岡八幡宮にはお参りに行っておかないとバチが当たります。

富岡八幡宮は、寛永元年(1624年)当時永代島と呼ばれた小島に京の公が八幡神像を奉安したのが始まりといわれ、以来、深川っこの信仰を集めています。

境内には、「深川力持碑」「木場の角乗り碑」をはじめ「横綱力士碑」「力持碑」など、深川にまつわる多くの石碑等があり、昔をしのばせます。

富岡八幡宮 江東区富岡1-20-3

そして、富岡八幡宮にお参りしたら、隣にある深川不動尊にもお参りしておきましょう。元禄16年(1703年)に始まった成田新勝寺の出開帳が深川不動の起こりで、明治14年不動堂が完成しました。

境内には「名優五代目尾上菊五郎の碑」「力石」などがあります。この辺りは、富岡八幡、永代寺、深川不動の門前町として江戸情緒を色濃く残す深川の中心街で、納め不動(12月28日)や毎月28日の縁日では参詣者で賑わい、多くの露店が並ぶなど盛況を呈しています。

深川不動尊 江東区富岡1-17-13

それから、門前仲町の駅から地下鉄でひと駅、白河清澄の駅近くにあるのが、深川江戸資料館。資料展示室は、地下1階から地上2階までの吹き抜け空間に、江戸時代(1842年から1843年を想定)の深川の町並みや庶民の生活ぶりを再現しています。

長屋2棟をはじめ八百屋、春米屋、火の見櫓、猪牙舟の浮かぶ掘割、船宿のたたずまいなどをはじめ、家の中の生活用品類一つ一つにまで細かく気を配って再現して、実際にてにとって見ることができます。

さらに、深川の一日の暮らしを音響と照明効果で演出しています。たとえば、夏の時期は、夜明けの照明に始まり、鶏の鳴き声、あさり売りや金魚売りの声、雨の音、虹や夕焼け等を表現し、下町情緒を盛り上げ、170年前の深川の世界へと誘ってくれます。

深川江戸資料館⇒

ということで、昼ごはんを食べたら、この辺りを散策してくるのもいいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

深川八幡祭りで深川めしは?

で、その昼ごはん。深川といえば深川めしですよね。深川めしっていうのは、あさりをたっぷり使っただしのきいたご飯のこと。深川に来たのならぜひ食べておきたいですね。

おすすめのお店というと、たくさんありますが、とりあえず人気店を挙げてみました。

◆門前茶屋
深川めしの「あさり蒸籠めし」が名物のお店です。テレビでも紹介されていたので結構知ってる人も多いはず。創業30年で炉ばた焼もメインで扱っています。

※東京都江東区富岡1-5-1
※地下鉄東西線 門前仲町駅 徒歩1分
※月~金
17:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ 11:30~14:00(L.O.13:30)
土・日・祝
17:00~22:30(L.O.22:00)
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)

◆深川DINING 晩風
深川名物のあさりを使ったメニューがいっぱいあり、深川めしもありますが、ここでは、「深川なべ」もおすすめ。

※東京都江東区富岡1-8-2 天孝ビル3F
※地下鉄東西線 門前仲町駅 2番出口 徒歩2分
※月~日
17:00~23:30(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:15)

◆深川 太郎(人の名前ではありません。お店の名前)
深川めし膳は注文してから炊き込むのでできたたての風味がしっかり楽しめます。

※東京都江東区深川2-1-20
※地下鉄 門前仲町駅 6番出口 徒歩2分
※月~金
ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
土・祝日
ランチ 11:30~13:00
ディナー 17:00~22:30(L.O.21:30)
※日曜定休

ということで、ぜひご堪能ください。


yorezoの戯言

ということで、例大祭だと大騒ぎの深川八幡祭りですが、2016年はちょっとゆったりと蔭祭りを楽しんでいただければと思います。

その分、近辺の散策や深川めしも存分に味わえることでしょう。良いお祭りを。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,