アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

刈谷わんさか祭りで花火がよく見える場所や駐車場とホテルを紹介

2017/02/21

刈谷わんさか祭りでは、何やら花火がたくさん上がるみたい。っていうか、花火大会っていうぐらい。どこで見ればよく見えるのかな。駐車場とかあるんだろうか。ついでに周辺の観光もしたいから、おすすめのホテルも知りたいしって言うあなたにその辺りをお伝えします。

スポンサードリンク

刈谷わんさか祭りの花火がよく見える場所は

そもそも、刈谷わんさか祭りってナニ?って思いますよね。わんさかって、わんさか人が来るんかいってことで。

刈谷わんさか祭り(かりやわんさかまつり)は、愛知県刈谷市築地町にある刈谷市総合運動公園で行なわれている夏祭りのことなんです。そんなことは見れば分かりましたね。失礼、失礼。

で、元々は、1990年に刈谷市制40周年記念行事として開催されたのが始まりだったんです。内容は、様々なイベントが行われる他、メインイベントとして7000発程度の花火が打ち上げられるんですね。

ってことで、昨今は、この花火大会が目当ての人も多いみたい。ナイアガラやフィナーレの音楽とともに花火が打ち上げられるメロディ花火が特徴ってことで、わんさか周辺から見物客が訪れるってことですな。

日程は、ほぼ8月第三土曜日。ですが、これがまたお盆明け辺りってことになっているから、年によって若干の前後があります。最終確認は刈谷市観光協会にしておきましょう。 

花火打ち上げの時間ですが、これまた例年だと19時から20時15分を予定しています。若干のズレはあるみたい。私の人生はいつもズレているけど。

開催場所は、愛知県刈谷市築地町にある刈谷市総合運動公園となります。で、どうやって行くかということですが、名鉄富士松駅か一ツ木駅が最寄り駅。そこから徒歩約25分って、暑い中25分もあるくと死んじゃおロースっていう場合は、シャトルバスもあります。シャトルバスはJRと名鉄の刈谷駅から無料で運行しているので、それに乗ってください。

そんな刈谷わんさか祭りの花火大会。もちろん総合運動公園で見てもいいんですけど、朝の6時に開放されて、そこでドバっと地元民がやってくるから、よそ者の僕ちゃんにはチト厳しいですよね。

そんな僕ちゃんには、逢妻川対岸あたりがおすすめスポット。逢妻川対岸の逢妻橋や知立バイパス周辺など、どちらも少人数なら花火を観覧できる穴場スポットです。

それから、富士松南小学校というのも地元民ならみんな知っているけど、意外と人が少ないので、ゆったり観ることができます。

そして、もう一丁小学校。こちらも高台にあるので、よく花火が見えるところです。刈谷市かりがね小学校周辺

ってことで、この辺りも候補に入れながら、見る場所を選んでくださいね。ちなみに、刈谷わんさか祭りの花火大会には有料席っていうのはないんです。ですので、朝から場所取りをするか、穴場スポットを見つけてください。

刈谷わんさか祭りで花火を観るには駐車場は

じゃあ、小学校でも中学校でも行ってやろうじゃないのってことですが、基本的にこの日は交通規制も出てくるので、車での移動は厳しくなります。そもそも駐車場も限られるし。

ってことで、基本は電車とシャトルバスなんですが、どうしても車じゃないとアクセスできないっていう山奥に住んでいる人に、一応駐車場をお知らせしますね。

無料駐車場
•刈谷市役所(刈谷市東陽町1-1)
•刈谷市民交流センター(刈谷市東陽町1-32-2)
•刈谷郵便局(刈谷市寿町2-505)
•姫垣公園(刈谷市大手町3)
•デンソー本社(刈谷市昭和町1-1)
•狩野公園(刈谷市一ツ木町)
•トヨタ車体本社(刈谷市一色町3-6-4)
•野田公園(刈谷市東刈谷町2-14)

ってことになっております。基本的には、刈谷駅か知立駅周辺の駐車場に停めて、シャトルバスで来てください。


スポンサードリンク

刈谷わんさか祭りの花火の後のホテルは?

そんな刈谷わんさか祭り、せっかくだから知多半島とかにも行ってこようかな。お盆休みを使ってって言う方もいらっしゃるでしょう。駅近くのホテルを何軒かご紹介します。

まずは、名鉄刈谷駅直結、名鉄イン刈谷
名鉄イン刈谷

JR刈谷駅から1分のパークホテル刈谷もおすすめ。
パークホテル刈谷

それから、大浴場に露天壺風呂設置のホテル東洋イン刈谷も泊まる価値は十分です。
ホテル東洋イン刈谷

ってことで、ゆったりと刈谷の夜を楽しんできてください。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

そんな訳で、名古屋から快速で15分の刈谷市ですが、意外と楽しめるお祭りです。知多半島とか、そっちまで脚を伸ばして、お盆休みを満喫してくるにはもってこいの口実になりますね。お父さん。では、良い旅を。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,