アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

アウトドア

尾瀬に初心者が行く時のアクセスやツアーとルートを解説

2017/02/21

尾瀬って歌にもなっているけど、ミズバショウの季節とかに行ってみたいですよね。でもどうやって行けばいいんだろう。初心者がアクセスするにはどうやって行くのか。ツアーとかあるのか。ルートはどこを回ればいいのかなどについてお伝えします。

スポンサードリンク

尾瀬に初心者でアクセスするには

尾瀬ってミズバショウのイメージですが、実はいつ行ってもすばらしいところです。一般的に山小屋が開くのがゴールデンウィーク明けからで、10月の中旬までやっています。

ゴールデンウィークはまだ雪だらけですが、今年はちょっと雪解けが早かったみたいですね。その辺りはその年によりますが。

ミズバショウは雪解けから6月上旬までが見頃。ですから、6月1週目の土日は大混雑。ここは原宿?って思うほどの人で、前の人ザックしか見えなかったと言う話もあります。

湿原が緑に、にぎやかになるのは6月中旬から。一日ごとに青色が濃くなります。湿原の高山植物が一番きれいなのはこのころです。

その後7月10日ごろにかけてワタスゲの穂が白くなってきます。それが飛ばされて色が薄くなるころに、ニッコウキスゲが咲き始め、湿原の最盛期になります。

これがだいたい7月中旬までで、その後は、なんとなく黄色が入ってきて、枯れも目立ちはじめます。9月の上旬ごろに湿原は草紅葉に、それからだんだんと木々が色づき始め、最初にウルシの赤が、10月の体育の日のころには湿原の周囲のミズナラやブナが黄色やオレンジに、カエデが赤く染まります。

というのが、尾瀬の見どころです。私は10月の体育の日が終わったあとの、ほとんど小屋締めのころのちょっと寂しいカンジが大好きです。本当に尾瀬が好きな人しかいないので、土日でも結構ゆっくりできます。

まあその辺は、お好きなようにってことですが、アクセスですよね。尾瀬っていうのは、群馬、福島、新潟にまたがっていて、歩いていると、新潟県境、とか福島県境表示されます。

ですが、首都圏からだと群馬県の沼田からのアクセスが一番ラクチンです。早朝に出れば、9時過ぎには入山口に到着しますから。

もちろん新潟や福島からも入れますが、初心者の方は群馬県の沼田からのアクセスがおすすめです。車だと関越自動車道の沼田インターで降りて、下道を約60分。新幹線だと上毛高原で降りて、バスが出ています。

新幹線でも東京駅6時台のに乗れば、バスに乗り継いでも9時過ぎには入山口の鳩待峠まで到着するのでラクチンです。

そうそう、車の場合は鳩待峠までは行けないので、尾瀬戸倉スキー場近くの一般車駐車場に停めて、そこから乗り合いバスで鳩待峠まで行ってください。周辺の環境保護のためにそうなっております。

尾瀬に行く初心者のツアーは?

でも、初心者だし、尾瀬って言っても広そうだしっていう場合は、バスツアーがたくさんあるので、それに参加するっていうのもありです。

尾瀬ってホント広くて、できれば1泊して尾瀬沼まで見て欲しいし、余力がれば至仏山とかの山にも登ってほしいけど、初心者の方は、まず尾瀬がどんなものか体験したいですよね。

そういう場合は、早朝発の日帰りツアーがおすすめ。新宿等を朝の7時頃出発して、11時頃鳩待峠に到着。その後5時間程度自由散策で、夜帰ってくるというものです。

ただ、5時間っていうと、せいぜい尾瀬ヶ原までだから、尾瀬沼まではいけないけど、池塘や木道は体験できるので、別世界に来たような風景はじっくり見ることができると思いますよ。

入山口の鳩待峠から、山の鼻って言う本当の入り口までがちょっと山道ですが、あとはほとんど木道なので、スニーカーでも大丈夫。

逆にトレッキングシューズを持っている人の場合は、鳩待峠~山の鼻以外はアップダウンがないので、ローカットの方が歩きやすいと思います。靴底も少し柔らか目の方が疲れにくいし。

なお、山の鼻のビジターセンターや山小屋周辺はそうでもないですが、あとは携帯電話の電波は届かないので、その旨注意してくださいね。バスに乗り遅れそうって言っても電話は使えませんから。


スポンサードリンク

尾瀬に初心者が行くルートは?

尾瀬の素晴らしさは何度も書きますが、尾瀬の中にある山小屋に泊まらないと本当は実感できません。ですので、一度行ってみて感動したら、ぜひ次回は泊りで行ってください。

そうすると、尾瀬沼までも行けますし、そのまま福島側に抜けて栃木方面に出て電車で帰るっていう手もあります。

もちろん至仏山等の山に登るのもありですし、朝日の照らされた尾瀬ヶ原の写真を撮るのも撮り放題です。

が、今回は日帰りでしたね。それも5時間ってなると、結構ルートは限られます。が、それでも、尾瀬ヶ原は見れますので、じっくり堪能してきてください。

オーソドックスなルートとしては、鳩待峠→山の鼻→牛首→竜宮→ヨッピ橋→牛首→山の鼻→鳩待峠というもので、だいたい8キロぐらい。鳩待峠から山の鼻以外は高低差がないので、初心者にはおすすめコースです。

どうしても山に登りたいってことであれば、 鳩待峠→山の鼻→至仏山山頂→小至仏山→オヤマ沢田代→鳩待峠っていうのもありますが、全行程17キロもあるし、アップダウンもあるので、山に慣れている人じゃないとオススメできません。

とりあえず日帰りだとこんなところでしょうかね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

尾瀬は実は小屋で一冬越すって言う従業員の人も居たんですけど、最近はもうやらなくなって、一冬無人のようです。スゴイ豪雪地域だから、人が残って雪下ろしをしてたんですけど、それはそれで食料とかを定期的に運ぶ人も必要だったりして、大変だったみたいです。

山小屋に泊まると、テレビもなんにもないので、夜は小屋の人とそんな話をじっくりと聞かせてもらうのが、何よりもごちそうなんですけどね。もちろん、山菜等の料理も美味しいです。是非泊まりでも行けるようになってください。では、良い山を。

関連記事
穂高は初心者でも登れるのか?
尾瀬に行くときに服装は?
尾瀬の山小屋の予約方法は?
尾瀬に1泊2日で初心者が行くコースは?
白馬岳登山の時期やルートは? 
唐松岳って初心者でも登れるの?
八ヶ岳に初心者でも登れるのか?
白馬栂池自然園って?
日光白根山って初心者でも登れるの?
登山ガイドの料金とかは?
トレッキング初心者の服装は?
山の日っていつ?イベントとかあるの?

スポンサードリンク

-アウトドア
-,