アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

大掃除はいつやる?どこを?簡単にできる裏ワザは?

2017/02/27

モップ

寒くなってくると頭を悩ますのが大掃除。毎年暮れも押し迫ってから、何とか年内に済ませているけど、世間の人たちはいつごろからやっているのか気になるところ。

また、大掃除とはいっても、どの程度やるのか、どんなところまでやっているのかも知りたいですよね。

ということで、簡単にきれいになる裏ワザも紹介しながら、世間の動向を探ってみました。

スポンサードリンク

大掃除はいつやるの?

まず、世間の方々がいつごろから大掃除に着手しているのかを調べてみました。

いつも家の中をきれいにしている方々は、12月に入ると、休日のたびに何回かに分けてやっているということです。やはり、1回では全部済ませることができないし、特に末はほかの用事も重なって、大掃除だけというわけにもいかないようです。

次に多かったのが、23日の祝日前後の連休を利用してというもの。若いカップルならクリスマスで浮かれているかもしれませんが、家庭がある人達はそこで大掃除をしてしまうということのようです。

中には31日ギリギリにという人もいるみたいですが、そうすると、お正月飾りも1日飾りとなってしまい、神様に失礼になってしまいすので、やはり12月に入ったら、できるところからチョコチョコやるのが良いみたいですね。

大掃除はどこまでやるの?

では、その大掃除ですが、一体どこまでやっているのでしょうか。

一番多かったのは、換気扇、ガス周り。油がついて大変。普段の掃除ではそこまでできないというのが実情でしょう。

スポンサードリンク

そしてその次はやはり 窓ふき。ピカピカの窓で新年を迎えたいものですね。そしてその後は、風呂釜、排水口の掃除が続きます。イメージ的にもこのあたりをこなせば、大掃除をしたという実感がわきますね。

そのほかでは、床のワックスがけ、エアコンの掃除、電器の傘の掃除などなど、時間がかかるものということでしょうか。

中には、一人暮らしのためか、窓を拭く、電器の傘のほこりを落とす、カーテンを洗う、いらないものを処分するテレビ裏の埃を掃うで終了という方も。

ご自分の家(部屋)の実態に合わせてということで良いかと思います。

大掃除 簡単にできる裏ワザは?

そんな大掃除。掃除をするうえでの裏ワザというか、簡単にできることをご紹介します。

まずは定番のガラス拭き。これは新聞紙を数枚重ねてそこに洗剤を吹き付けて拭うときれいになります。窓自体がそんなに汚れてないときは、洗剤の代わりに水でもO.K.ためしてみてください。

次に面倒なのが、ブラインドですよね。ハタキやパソコンのキーボードなどに使用するブラシでも悪くないのですが、ほこりが多い場合は水拭きしたいですよね。でも、雑巾がうまく入らない。そういう時は、軍手に軽く洗剤を吹きかけてそのままブラインドを触る感じで拭いていけばきれいに取れます。

そのほかには、フローリングは米をといだ時の汁で。またキッチンの落ちない油汚れは洗剤を吹き付けてから蒸気で温めて拭くときれいに取れます。

コンロの五徳はゴミ袋に重曹水を作って浸すと汚れが落ちるので、ぜひお試しください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、年末にバタバタする大掃除ですが、やはり日頃から細かく掃除をしておくことが、年末になって慌てない第一歩でしょう。

そう入っても、そんな時間がないしという方は、少なくとも12月の休日は掃除の日と決めて、毎回少しずつやることをお勧めします。

特に私のように中高年になると、1日でやろうとすると、ぎっくり腰になったりして、その後が大変ですからね。お気を付けください。

では、キレイになったお部屋で新年をお迎えください。よいお年を。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,