アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

換気扇の掃除の準備は?洗剤選びは?油の性質を知ることが重要

2017/02/27

洗剤

換気扇の掃除って気が滅入りますよね。特に年末の大掃除の時など、換気扇ごと取り替えた方が早いんじゃないかとか思ってしまいます。

と言っても、そう簡単には取り替えられないし、そもそも取り替えなくてもきちんと掃除をすれば使えるし。はたまた、賃貸だと取り替えは無理ですしね。

ってことで、換気扇の掃除について、手際よくやる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

換気扇の掃除の準備は?

換気扇の掃除は「準備に始まり準備終わる」とは、私が勝手に言ってるだけですが、準備が済めば、8割方終わったも同然。それぐらい準備が大切です。

換気扇の構造には多少の違いがありますので、それを把握するのが第一歩。賃貸の場合は、入居時に取り扱い説明書いただいたり、説明を受けていると思うので、構造を理解しましょう。

取説がない場合は、管理事務所に聞いてみてください。掃除するときの手順を教えてくれると思います。

で、構造と外し方の手順が分かったところで分解をします。まあ、そうじゃないと、分解はしたけど、戻せなくなったってことになりますからね。

そこで重要となるのが、環境を整えておくことです。ガス台周りや調理台、シンクなど、掃除に不要なものはあらかじめダイニングテーブルなどに移動させておくと換気扇掃除がスムーズに進みます。

特に一番大切なのは、、ガス台の上に古いタオルなどを敷き、その上から大きめのゴミ袋などをビニールシート代わり敷いて養生することです。こうすれば、外した油まみれのパーツもそのままガス台の上に置くことができます。

そして、タオルが程よいクッションとなり、作業も大変しやすくなりますよ。掃除が終わったら汚れたビニール袋を捨てるだけでO.K.です。

換気扇の掃除 洗剤選びが重要

上のように準備ができたら、さっそく換気扇の掃除に取り掛かりましょう。そこで気になるのが洗剤。どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。それに、洗剤の選び方でさっさと済ませられるか、悪戦苦闘するかが分かれます。

日頃からまめに掃除をしている人なら、そんなに悩むこともないでしょうが、ある程度汚れがたまった状態だとどの洗剤が良いかと迷うことでしょう。

スポンサードリンク

手ごわい油汚れには、ナチュラルクリーニング洗浄剤(重曹など)より、合成洗剤の方がよく落ちます。アルカリ性と表示されていればある程度の洗浄力が見込めるので、そこを基準に選んでください。

また、洗剤を塗るときは、ハケで塗り広げる方法や容器に入れてつけ置く方法などがあります。特に、フィルターのような平らなものは、洗剤を塗布し、上からラップでくるむと一層洗剤がとどまりやすく効果が上がりますので、やってみてください。

換気扇の掃除は油の性質を知ることが重要

換気扇の掃除がなぜいやかというと、油まみれだからということですよね。洗剤で洗ってもなかなか取れないし。ということで気が滅入る訳ですが、逆に油の性質を知れば、簡単に処理することができるというものです。

油は温めると柔らかくなり、冷えると固まるということはみなさんご存知ですよね。ということは、この点を考慮した手順で掃除をすれば簡単、楽ちんというわけです。

まずは固まった油汚れをヘラでかき出します。そのあとで、洗剤を塗ったした方が効果的です。

つけ置きできる場合は、洗剤を熱めのお湯で薄めると、お湯の温度と洗剤の相乗効果でより油汚れを取りやすくすることができます。

油汚れを落とすときは、スポンジよりブラシでかき出した方が簡単にできます。。油の性質を理解して、油汚れが落ちやすい状態を作りましょう。   


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、換気扇の掃除はそんなに恐れることはありません。準備をしっかりして、洗剤選びを間違えず、そして油の特性を考慮したやり方でやれば簡単です。

例えばカレーを食べ終わった後の鍋を洗うとき、皆さんどうしますか。空になった鍋を数日放置していたら、カレーがこびりついて中々取れなくなってしまいますよね。

そういう場合は、鍋にお湯につけるか、いっぱいに熱いお湯を張りますよね。そして汚れが柔らかくなったら、タワシで汚れをかき出しながら洗い流すという方法を取りませんか。

その後、だいたいの汚れを取った後、ようやく洗剤で洗い油分を取り除くというのが、一般的じゃないでしょうか。

換気扇の掃除もこれと一緒です。まずはある程度の油汚れを取り除いてから、洗剤を使う。その手順でやれば、簡単にキレイすることができるので、恐れることなくやってみてください。

これで、換気扇もバッチリ。チリバツ共和国ってことで、新しい年を迎えることができますね。では、よいお年を。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,