アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

敬老の日のプレゼントの手作りのおすすめは?施設には?

2017/02/20

敬老の日のプレゼントって何がいいですかねえ。最近はおじいちゃん、おばあちゃんも若いから、昔ながらって言う訳ににもいかないし。でも、高齢になると、やっぱりデジタルよりアナログな方がいいみたい。特に手作りのものがね。施設になんか入っていたりすると、余計です。その辺りをお伝えします。

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼントは手作りが

敬老の日っていつでしたっけ?以前は9月15日だったから、覚えていたけど、今ってハッピーマンデーがあったり、関係無かったりと、祝日によって違うから困ります。

敬老の日は9月第三月曜日でしたね。3連休。どこかに遊びに行きったいっていう気持ちも分かりますが、おじいちゃん、おばあちゃんのところにも行ってあげましょう。

っていうか、敬老の日のプレゼント、どうしようか?っていうのが大きな悩みだったりしますが、孫ができたら、とにかく連れて行くのが一番のプレゼントになります。

特になんかプレゼントっていうよりも、おかしの一つでも持って、孫を連れて行けば、逆にお小遣いなんかをくれたりして、なんだかなあっていう家族もあったりします。

特にねえ。おじいちゃん、おばあちゃんって言っても、最近は若いですからねえ。50代のおじいちゃん、おばあちゃんなんかだったら、若者顔負けのファッションとかコンサートとか行ったりするから、下手なものを上げられません。

その点、孫が作ったものならなんでもうれしい。孫が書いた絵とかだと最高ですね。遠く離れていたいるすると、孫の1年間なり、前回会ったときからのイベントというか、日常を動画にして送ってあげるとすごーく喜びますよね。

最近のおじいちゃん、おばあちゃんは、スマホでもパソコンでもチョチョイのチョイだし、逆に時間がある分、我々よりもよく知ったりするので、ITを駆使して孫の成長を知らせてあげてください。

敬老の日のプレゼント手作りのおすすめは?

と言っても、そんな若いおじいちゃん、おばあちゃんばかりではないですよね。私の母なんか、80も過ぎてるから、ITどころか携帯電話もよく理解していません。

当然ネットとかとは無関係の世界。ですから、動画はもとよりメールで何か送るってこともできません。

そういう場合は、やはり孫が書いた絵とか、手紙とかがすごく喜ばれます。もちろん、実際に会いに行って、その時に渡せれば一番いいのですが、遠く離れていたら、孫の名前で絵なり手紙なりを送ってあげてください。

我々が思っている以上に、嬉しがってくれるので、こんなものでいいのかって思ってしまうほどです。

あと、パソコンやメールは使えなくてもビデオやカセットテープなら使えるっていう高齢者も結構います。

なんたって、カセットテープなり、ビデオテープなりをデッキに入れるだけですからね。我々のほうが既にそういう機器を持ってない人が多くなっていますが、高齢者は後生大事に取っていて、いまだにカセットテープじゃないととか言い出す人もいます。

ですので、それらの機器があれば、孫の声を吹き込んで送ってあげてください。「ああ、なんかすぐそばにいるみたいだねえ」とか言って、これまたおなじものを何度も聞いて喜んでいますからね。


スポンサードリンク

敬老の日のプレゼント施設には

ご自分の家で暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんならいいんですけど、既に施設に入っている場合はどうしたらいいでしょうか。

これはもう、行くしかないですね。もちろん、施設でも敬老の日のイベントってやってれるんですけど、やはり家族が来てくれるかどうかで、寂しいかそうでないかが違います。

敬老の日と誕生日、これはできるだけ行ってあげてください。となりの◯◯さんとこは、孫も連れて大家族で面会がきているのに、私の所はって思ってしまいますからね。

1時間でもいいので行きましょう。既に意識があんまりないという場合でも、やはり行って10分でも手を握ってあげると、体調がよくなるみたいです。

その辺り、まだまだ人間の体は解明されていませんが、意識はなくても家族という絆は分かるみたいですよ。特に孫の手は、本当に効果あるみたい。遠方でも3連休ですし、旅行気分で行ってあげてくださいね。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、敬老の日じゃなくてもって思うこともあるでしょうが、やはり日本人はこういう祝日とかに何かするっていうのが、昔ながらの伝統みたい。

私も歳を重ねるごとに、家族の有り難みを感じています。特に何をするという訳でなくても、特に普段遠く離れていると、顔をみるだけで随分元気をもらうことができるというものです。では、良い敬老の日を。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,