アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

アウトドア

登山届が条例化した長野県に書き方やネットでの提出方法は?

2017/11/23

梅雨が明ければ夏山シーズンってことですが、この7月1日から長野県でも登山届の提出が条例化しました。登山届ってどうやって書けばいいの?ネットでも提出できるって聞いたけどっていう僕ちゃんに解説します。

スポンサードリンク

登山届の条例化が長野県でも

7月1日から長野県でも登山届の提出が条例化されましたね。やっとって言うカンジ。っていうか、そもそも山に登るのに登山届を出さない不届き者がいるっていうのが信じられない。

って言ってもねえ。昔なら、山に登るっていうと山岳会にちゃんと入って、そういうこともきちんと習っていたけど、今は山ガールですからねえ。

別に山ガールを嫌っている訳じゃないし、ジャンジャン若い人、それに女性に登ってほしいけど、中には渋谷か原宿と間違えてるんじゃないのっていう人もいますからねえ。

えっ?僕ちゃんも知らない?登山届ってなに?あーあ、こういうのがいるから世も末だってことなんですよね。

登山届っていうのは、登山する前に県などに提出する計画書で、もし遭難とかした時のためのものなんですね。

ですから、県に提出するとともに、家族にも渡して、その日程で帰ってこなかったら、すぐに救助を要請するというもの。

内容は、氏名、住所、性別、年齢、携帯番号、緊急連絡先、とともに、行動ルートとか、下山ルート、避難路の装備なんかも書きます。

そして、一番重要なのは山岳保険に入っているかどうか。っていうのは、ご存知の方も多いと思いますが、遭難者の救助ってすごーくお金がかかるんです。

ですから、もちろん人命にかかわるから、保険に入っていようがいまいが、県警の山岳救助隊は出動してくれるけど、県警のヘリって、せいぜい2機とかそれぐらいしかないんですよね。

それに対して民間のヘリだと、1時間100万円っていうのが相場。もちろん、山岳保険に入っていれば、それも賄えるだけの保険料が支払われます。

ですから、保険に入っているかどうかで、県警のヘリが出払っていても、民間機をチャーターできるかどうかっていうことになるんです。

まあ、山に登るのに山岳保険に入ってないっていうのは、車を運転するのに保険に入らないようなものですけどね。

でも、これぐらいの山だったら大丈夫だろうとかいって、結構山岳保険に入ってない人は多いみたいですね。今では、1日単位で入れるのもあるから、この機会にぜひ加入してください。

そんな登山届、通常は登山口に提出箱があるので、そこに出すというのが習慣。3000メートル級になると、当日じゃなくて、事前に提出する方が家族も安心ですしね。

それに、登山届って上に書いたようにルートとかも書くから、自分の体力でちゃんと行けるかどうかも調べるようになって、無理のない行程になるんです。

ですから、条例化されたこともありますし、必ずこれからは提出するようにしてくださいね。長野県以外では、既に多くの件で条例化されていますからね。長野はその辺遅れているっていうより、結構自主性に任せるんですよね。

いい面もあるけど、県内だけで年間に300件近い遭難事故が起きているってことを考えると、遅すぎたっていう気もします。山登らーのみなさん、よろしくお願いしますよ。

登山届が条例化したから書き方を知りたい

登山届を出さないといけないっていうのは分かったけど、そもそも書き方が分からないし、どこで用紙をもらえばいいか分からないって?

ホントにもう、なんでもかんでも分からないって言えばいいかと思って。長野県警他のサイトでダウンロードできるので、そこからダウンロードしてください。

長野県警登山計画書⇒

書く内容は上にも書いたけど、

•最終目的地となる山域と山名 ex.北アルプス・槍ヶ岳
•登山者全員の氏名と生年月日・連絡先
•実家や連絡が取れる緊急連絡先
•行動予定表 写真サンプルを例に
•緊急時のエスケープルートと行動の選択(戻るか進むか)
•持参している食料(行動食・非常食)
•各メンバーの装備 どのような装備であるかと、色などの特徴も書く
•保険の加入状況など
•所属団体は山岳会などに入っていれば書く

ってカンジです。具体的な書き方が分からないっていう人は、長野県山岳連盟が具体的に紹介しているので、そっちのページを見てみてください⇒ 


スポンサードリンク

登山届が条例化したけどネットでも出せる?

書き方は分かったけど、出すのが面倒だって?だからー、そういう人は山に登っちゃあダメなんだってば。運転免許を持ってない人が車を運転できないでしょ。それと一緒。

と言っても、時代は21世紀。今ではネットで提出できるようになったんですね。ですから、作成もパソコンでチョチョイのチョイで作って、そのままネットで送信すればバッチリ・チリバツ・チリバツ共和国っていう訳です。

提出先ですが、長野県山岳高原観光課の他、日本山岳ガイド協会が運営する「山と自然ネットワークコンパス」でも受け付けていますので、必ず提出してくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

今回の条例化ですが、一番はやっぱりネットで提出できるようになったっていうのが大きいですよね。これで山に登る人全員が、登山届を提出してくれるようになるといいんだけど。

あっ、もちろん登山届を出しても、人生の遭難には救助が出ませんのであしからず。では、良い山を。

スポンサードリンク

-アウトドア
-,