アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

台風の時に腰痛になる原因や気圧が変化するときに注意することは

2017/02/20

台風が来ると体調が悪くなるってことは多いけど、今回は腰痛。ぎっくり腰みたいな症状が出て、どうしようかと思いました。これって気圧の変化が関係あるのかなあ?注意する点とかをお伝えします。

スポンサードリンク

台風の時に腰痛になる原因は

台風が来ると腰痛になるっていう人、結構多いみたい。って言う私もそう。梅雨時もそうなんだけど、雨が降るとどうも腰が痛い。

マッサージとかカイロプラティックスに行くと治るんだけど、また次の台風とかが来るとおんなじ。これってどうしてないんでしょうかねえ。

それは低気圧ですよね。低気圧ボーイ(昔の)ってことで、低気圧が来ると頭痛にめまいに、ついには腰痛にってことで、体調不良のオンパレードってことで困っています。

というのも、低気圧がくるとまず気圧が下がるから、血管が拡張。それで近くにある神経を刺激して痛くなるってことが結構あります。

これには自律神経も大きく関わっています。通常は交感神経が優位だと活動的、副交感神経が優位だと眠くなるというか、リラックスモード。

低気圧が近づくと、副交感神経が優位になるので、身体としてはリラックスモードになります。

が、問題は低気圧が近づくとヒスタミンも分泌されるんです。このヒスタミン、交感神経を優位にしようとするんですね。

ってことは、低気圧本体で副交感神経が優位になっているところに、ヒスタミンが分泌されるから、交感神経も活発になる。

ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなもの。ってことで、それで様々な不具合がおきるんです。

特に腰痛等の筋肉が関係している痛みは、身体のゆがみとも関係していて、身体が歪んでいると、自律神経の不具合のときに、より一層筋肉が固くなって、腰痛等を引き起こすといわれています。

ですから、体の歪みを取ることも考えてください。私もギックリ腰になったときは、かなり左右がアンバランスになっていたみたいです。

それを取ってあげると、結構ラクになったので、その辺り注意してみてください。ただし、身体のバランスは整っても、人生のバランスまでは保障できません。

台風の時の腰痛対策は?

ということで、取り敢えずの対策はマッサージになりカイロプラティックスに行くしかありません。

整形外科でもいいんですけど、整形外科って骨とかに問題がないかどうかを見るから、低気圧による腰痛だと、「うーん、特に問題はありませんねえ」ってことで、それでも痛いっていうと、機械で引っ張ったりシップを出すだけなんですよね。

その点、カイロプラティックス等は、骨と筋肉のバランスを整えるので、痛みを取るという面では効果があります。

が、それで身体のバランスがバッチリ整えば問題ないんですけど、やはり自律神経自体のバランスも整える必要があります。

それには、規則正しい生活しかないんですが、現代社会だとそうも言ってられないですよね。ですから、できるだけストレスを溜めないように、日頃から発散すること。

あとは、お風呂にのんびり入ること。特に梅雨時や台風の時期って、まだ暑いから、どうしてもシャワーで済ます人が多いんですよね。

それだと自律神経のバランスは良くなりません。湯船にゆっくり浸かることが重要なんです。ぬるめのお風呂にゆったりと入ってください。

それから、睡眠。特に自律神経が乱れていると、寝付きが悪くなるので、昼間軽い運動をすることが重要です。

と言っても、そんな時間が無いっていう人がほとんどでしょう。そういう場合は、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う。

ひと駅手前で降りて歩く。ということだけでも、随分違ってきます。自律神経の乱れっていうのは、頭は疲れているのに、身体はそうでもないってことが原因だったりするので、その辺り気をつけてみてください。


スポンサードリンク

台風の時の腰痛は気圧の変化に注意

そんな低気圧による体調不良ですが、実は腰痛の場合は、低気圧だけじゃないんです。頭痛とかめまいとかは低気圧が原因だから、台風とか梅雨とか雨の日に起きますよね。

でも、腰痛の場合は、気圧の変化が原因ともいわれています。ですから、気をつけないといけないのが、春。それまでの寒かった時期から急に気温が上がったりすると、これまた身体の中のバランスが崩れて、腰痛発祥ってこともあります。

秋っていうのもありますが、秋は意外とこれから寒くなるっていうので、皆さん気をつけていますよね。もちろん、それでもなる人が多いですが。

が、春は、やっと寒いのが終わって、これからいい季節だって思っていたら、腰痛だ、ぎっくり腰だってことで、病院やカイロプラクティックスも大繁盛ということが多いです。

私がはじめてぎっくり腰なったのも3月。同僚がぎっくり腰で出先から戻れなくなったのも3月ってことで、3月下旬は腰痛注意月間です。お気をつけください。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、どうも人間というか、動物全般ですかね。低気圧だけじゃなくて、気圧の変化に対して不具合が起きやすいみたい。

それでも、上に上げた自律神経のバランスを整えていくと、かなり症状も緩和するみたいです。自然界に即した行動パターンを見なおして見る必要がありそうですね。では、お大事に。

スポンサードリンク

-健康と医学
-,