アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

アウトドア

雨飾山の登山口ルートや駐車場と時期について

2017/02/20

雨飾山って響きがいいですよね。日本百名山だし。2000メートル弱の山。ですが、ルートによっては結構きついって言う話。登山口やルート、また駐車場や登る時期なんかについてお伝えします。

スポンサードリンク

雨飾山の登山口ルートは?

雨飾山って、結構山ガールっていうか、山登ラーに人気。そもそも響きがいいですよね。あまかざりっていう。

それに日本百名山ってことで、若い人だけでなくて、もちろん中高年にも人気です。長野県と新潟県の県境にある山。高さは、1963メートル。2000メートルにちょっと届かいないってカンジ。

アクセスは、そんな訳で長野県側からと新潟県側とからがあります。もちろん新潟からのほうが近いっていう方はそっちからでいいんですけど、首都圏とか近畿圏からだと、どうしても長野県側からの方がアクセスがいいってカンジですよね。

長野県側からは、小谷温泉の奥に位置する雨飾高原から、、新潟県側からは雨飾温泉からになります。ですが、新潟県側からのアクセスは、意外と途中で急登になるんですね。

ですから、初心者や体力に自信のない方は、素直に長野県側からアクセスしてみてください。一応長野県側からは、「小学生が登る山」ってなっていますが、なんたって長野の小学生ですからね。その辺はだまされないように。

スタートは、駐車場と小屋の奥の登山口からになります。が、いきなり下り。その後は・・・。ッて思ったら、しばらくは平たんな木道のハイキングコースなので安心。

清らかな小川が流れていて、ところどころ橋がかかっていて小川を渡ります。1ヶ所、小さな滝もあって、その先ズンズン進んで行くと「2/11」の標識があります。

そこから登り。だんだんブナの木が多くなって、ジグザグに登っていると、「ブナ平」という標識のある広い場に出ます。そこがブナ平。だいたいここまでが40分程度。

ブナ平で休憩したらって、別にしなくてもいいんですけど、ブナ平は、美しいブナの巨木に囲まれているから休憩に最適なんです。

休憩の後は、ブナの根が露出して歩きにくい道をひたすら登ります。でも、30分もすれば平坦になるから、30分我慢の子でありましょう。その先は視界が開け、右手に巨大な谷が見えます。そこが荒菅沢(あらすげさわ)です。

ブナ平から荒菅沢までがだいたい50分。途中登りもあるので、正しい中年はここでまたまた休憩。というのも、荒菅沢の左上には白い巨大な岩が見え、雨飾山が、高度の割にはスケールの大きい山であることを実感できいます。

一応雨飾山の名所ですから、しっかり写真を撮っておきましょう。岩に腰を下ろしてお弁当を食べる人もたくさん見かけるので、しっかり休憩してください。

沢を渡るとまた登りが始まります。ブナの木は減り、傾斜がきつくなります。特に、標識の7/11から9/11が、ロープの付いた狭い岩場の急な登りが多く、中高年は注意が必要。若い人も気をつけてください。

最後にハシゴを登って少し行くとクマザサの茂る平坦なコースで、夏はお花畑になります。そこからはラクチンですが、頂上まではもう少し時間がかかります。

新潟県の雨飾温泉側の登山道への分岐を過ぎたら、最後に100mほど急坂を登ると雨飾山山頂に到着。荒菅沢から頂上まではだいたい1時間30分です。

ということで、新潟側に比べてラクチンっていっても、最後にちょっと急登があるので、そこは気をつけてくださいね。日本百名山ってことで、そう簡単には登らせてくれないみたいです。

雨飾山の登山口の駐車場は?

雨飾山の場合、駐車場がちょっと狭いんですよね。特に長野県側。小谷温泉の雨飾高原キャンプ場駐車場を使うことになります。

登山者用の駐車場は合計で80台ですが、紅葉の時期の土日などは、朝6時でも満車になります。車道の幅が比較的広い為、路肩駐車約200台は可能といわれています。

ただ、ツアーバスがジャカジャカやってきますからねえ。それだけ中高年に人気ってことで。ですから、意外と登山道は混雑しています。

駐車場も紅葉時期でなくても、土日だと7時には着いてないと厳しいかも。隠れた人気の山ッてカンジです。


スポンサードリンク

雨飾山の登山口の時期は?

そんな雨飾山。じゃあいつ登ればいいんだろうってことですが、一般的には秋の紅葉時期が大人気。上でも書いたようにツアーバスもジャカジャカやってくるほど。

登山道も団体さんたたくさんいるから、中々自分のペースで歩けないッて言われています。その分見応えはありますが、紅葉の時期はできれば土日を外したほうが安心です。

それ以外は、雪が溶ける6月ごろから一般の人は登り始めます。山開きはだいたい7月の第一日曜日。7月8月とだんだんと登山客も増えて、9月から10月かけて爆発的っていうのが例年の傾向です。

ですので、じっくり雨飾山を楽しみたいのなら、梅雨入り前の新緑の時期がオススメです。ただし、名前のごとくガスが出ることが多いので、眺望に関しては中々期待できないかもしれません。

晴れた日には日本海まで見渡せて、360度の景観が人気の秘密なんですけどね。雨の雨飾も乙なものです。堪能してきてくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

雨飾山、その名前に引かれて行く人も多いみたいですが、上に書いたように、比較的ラクと言われている長野県側からのルートも、最後に急登があるので、そこは気をつけてくださいね。

長野県の言う「小学生でも登れる山」っていうのは、他県、特に首都圏の人にとって、意外と中級レベルってことを忘れないように。では、良い山を。

スポンサードリンク

-アウトドア
-,