アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

スタッドレスタイヤのメーカーでおすすめは?比較してみると?

2017/02/20

毎年秋口になると気になるのが、スタッドレスタイヤを買うときに、どこのメーカーにすればいいのかってこと。オススメのメーカーってどこがいいんだろうか。各社の比較も知りたいしってあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤのメーカーでおすすめは

スタッドレスタイヤって、結構値段が張るじゃないですか。ですから、どれにするか迷うんですよね。

っていうのも、スタッドレスタイヤに一番求めることってなんですかねえ。雪道で滑らないってことですよね。

それだけ考えたら、迷うことなくブリジストンってことになります。昨今どこのメーカーも性能が上がってきて、大差ないっていう人もいますが、社用車なので、同じクルマがたくさんあって、それぞれにブリジストン、ヨコハマ、ダンロップ、トーヨーと履かせてみたところ、そりゃーもうダントツでブリジストンの効きが良かったです。

確かにここ数年は各社初年度は大差ありません。昔は履くだけ無駄ッて言われていたトーヨータイヤだって、バッチリ止まります。

が、問題は2年目以降なんです。2年になるとトーヨータイヤは厳しいですね。ダンロップもちょっとどうかというカンジ。

ヨコハマはここ数年はブリジストンと大差なくなってきている気がします。ですから、費用対効果を考えるとヨコハマもありかもしれません。

というのも、雪道で滑らないっていうだけなら、そうは言ってもまだまだブリジストンをおすすめします。特に3年目になると、やはりヨコハマとの差は歴然。ブリジストンのブリザックなら5分山でも全然問題ありませんから。

が、その分減りが早い。特に高速道路をバンバン走って毎週末滑りに行くような人だと、いくら4年目でも滑らないっていっても、ブリジストンだと、その前に山がなくなってしまうこともあります。

その点、ヨコハマタイヤはブリジストンに比べて減らないんですね。ですから、お金はいくらでもあるし、滑って修理にだすこと考えたら、多少高くてもブリジストンって言う人はブリジストンにしてください。

が、結構キツキツでやってるし、高速走ることが多いからなあ、どうしようかなあって迷っている人はヨコハマタイヤもほぼ同じぐらいの効果があるので、候補に入れておいていいと思います。


スポンサードリンク

スタッドレスタイアのメーカー比較は

ということで、日本のメーカーだとブリジストン、ヨコハマ、ダンロップ、トーヨータイヤッてカンジでしょうか。

ブリジストンとヨコハマタイヤについては上に書いた通りです。特に現在長野に住んでいますが、民間の車はどの車を見てもブリジストンのブリザックです。

北海道での装着No.1って宣伝していますが、北信越でもNo.1じゃないですかね。とにかく滑らないから。ですから、滑らないという点ならブリジストンのブリザックにしておけば間違いないです。

ただし、値段は高いです。それに減りも早い。ってことで、費用効率は悪いですけど、ぶつけることを考えるとねえ。その辺は、どういう乗り方をするかで選んでください。

で、続いてはヨコハマタイヤ。これまた上で書いた通りですが、ここ数年は、性能的にもほぼブリジストンと同じと見ていいみたい。2年目でも結構頑張っています。3年目以降になると、流石にブリジストンに軍配が上がります。

が、その分減りが少ないです。ですから、高速道路を長く走るとかいう人は、ヨコハマタイヤの方がいいかも。値段もブリジストンより安いですからね。経済性という面では、一番効率の良いメーカーかもしれません。

そしてダンロップ。これは個人的にはあんまりおすすめできません。上の2つに比べると明らかに性能は落ちてしまいます。

が、意外と車重の重い車だとダンロップは効きが良いという話は聞きます。クロカンっていうですかねえ。ああいう車だとダンロップもありみたいです。

ただし、これは私が実際運転したわけじゃなくて、周りのクロカンに乗っている人達の話なので、参考までにしておいてください。

後トーヨータイヤ。コレも以前は話にならないって言われていましたが、今は初年度はバッチリ止まります。ヘタすると、ブリジストンの半額ぐらいで売ってるところもあるから、コレで十分じゃんと思ってしまいます。

が、2年目からガクンと性能が落ちるんです。そりゃー、スタッドレスだから、夏タイヤみたいにツルツル滑るってことはないけど、轍を乗り越えるときに滑ったり、アイスバーンは厳しいですね。

ですから、そのあたりを考慮した上で、チェーンとの併用を考えているのなら、トーヨータイヤもなくはありません。それに、東京なんかに住んでいて、一応冬は怖いからスタッドレスにしておこうかという人ならアリだとおもいますけどね。雪国は厳しいものがあると思っておいてください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、やっぱりなんちゃかんちゃいっても、まだまだブリジストンの強さは健在みたいです。ヨコハマタイヤも頑張っていますからね。その辺はお好みでどうぞ。なお、いくらブリジストンでも人生やギャグの滑りはどうしようもありません。お気をつけください。

関連記事
スタッドレスタイヤの選び方は
スタッドレスタイヤを安く買うには
スタッドレスタイヤの工賃は
スタッドレスタイヤの交換を自分でやるには

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,