アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

静電気対策にキーホルダーやスプレーと車の場合を解説

2017/02/20

寒くなってくると気になるのが静電気。これまた地域によるんですよね。東京に来てからは、やたらビリビリビリビリして、電気おやじとか言われていました。対策について、キーホルダーやスプレー、車でのものを解説します。

スポンサードリンク

静電気対策にはキーホルダー

静電気って冬になるとビリビリきますよね。って、何で夏は来ないんだろうと思ったら湿度のせいみたい。っていうのも、東京に来るまではそんなに静電気って気にならなかったんですよね。というのも、住んでいたのが海峡の街。

ということで、海風で冬でもそんなに湿度が低くならなかったってことでしょう。でも、東京にきてから、やたらビリビリビリ。冬はドアを触るのもいやだったし、ひどいと名刺交換するときに、ビリっていうか、バチ!!ですな。大変な目に遭っていました。

ですから、どうしたものかと思っていたけど、静電気防止キーホルダーっていうのがありますよね。コレを触ってからドアノブを触ったりすると、静電気が放出されているから、ビリってこないっていうもの。

まあ、セルフのガソリンスタンドにある、静電気放出のパッドみたいなものでしょうか。ある程度の効果はあるみたい。

ですが、一番は自分の身体が接触しないようにすればいいんですよね。ですから、金属製のクリップとか、もちろんキーホルダーでもいいんですけど、そういうのもしっかり握って、それでドアノブとかに接触させると、そこでバチって静電気が飛びます。

その後にドアノブを触れば、静電気はもうないので、ビリビリとかバチっていうのはありません。

ということで、冬はクリップは必需品です。わざわざ静電気防止キーホルダーを買わなくてもいいので、クリップをポケットの中や、袖口につけておきましょう。

静電気対策スプレーは

ということですが、静電気体質の人って、人と人とで触れてもバチって静電気が飛びますよね。上で書いたように、私も名刺交換のときにありました。

これは相手が悪いのか、自分に静電気が貯まっていたのか分かりませんが、こういうときに、クリップで相手の指を触るわけにもいかないので困ります。

そういうときには、静電気対策スプレーが効くとか。確かに効きますが、これまたねえ。名刺交換の度にスプレーを吹き付ける訳にもいきません。

まず見直すのが、自分の服装です。化繊の服を着ていると、歩くだけで擦れて、そこで静電気が発生しています。

ですから、1日仕事をしているだけで、身体中に静電気が貯まっていて、それが何かを触った時、もちろん人とかでもですが、バチって放出されるというわけです。

ということは、化繊の服を着ないっていうことが重要。と言っても、最近は全部木綿っていうのはあんまりあリませんよね。特に冬はポリエステルとかが少なくとも30%ぐらいは入っているし。100%毛っていうのもあるけど、結構高いですしね。

で、意外と一人暮らしの男性だと、やってないのが洗濯の時に柔軟剤を入れるということ。って、私も若いときはそうでした。

洗濯機に洗剤はいれるけど、柔軟剤はいれません。今の洗剤、特に液体洗剤は、そのものに柔軟作用、静電気防止作用の物質も入っているけど、やはり静電気体質の人にはそれだと効きが弱いです。

ですので、柔軟剤を使ってないという人は、ぜひ柔軟剤を使ってみてください。結構効き目があります。普段の生活だと、コレで解消デキる人も多いぐらいです。

あと、柔軟剤の匂いが嫌いって言う人もいますが、今はいろんな香りの柔軟剤がでているので、自分の好きな香りのものを選ぶといいんじゃないですかねえ。

静電気防止スプレーは、その補助として、あまりに静電気がよく出る人は、日に何回かつけるっていうのが効果的です。


スポンサードリンク

静電気対策車の場合は

そんな静電気。もう一つ困るのが車に乗った時。っていうか、下りる時ですよね。車から降りようとして、ドアを持ったら、バチってなることって結構ありませんか。

これはもう柔軟剤を付けてもだめ。車が走っている間に静電気がたまるみたい。ですので、よく静電気を放出用のチェーンみたいなのをジャラジャラ引きずっているトラックとかありますよね。

普通車だとマフラーの横あたりから、地面に向けてしっぽみたいにゴムのベルトみたいなのが、路面をこすったりしてるけど。

ということで、もちろん静電気防止というか、対策のためにキーホルダーもカーショップに売ってます。それを触ってから、ドアを持てば大丈夫ってことなんですね。

が、意外と効果があるのが、車から降りる時って、ドアをあけて、足を地面について、そしてドアを持って閉めようとして、その時にバチってなりますよね。

車の静電気が身体を通って地球に流れるため、身体の先である手とドアが触れた瞬間にそこで静電気が放出されるというわけ。

ですから、先にドアを握って、そのまま足を地面につければ、足の裏というか、靴から地面に電気が流れて静電気が放出されるため、バチっていうのはないんです。

これで私は車から降りる時も静電気で痛い思いをせずに済んでします。ぜひお試しください。

ライオンエレガード ダイ 160MLd.s.n(衣類、静電気、スプレー)【D】【ペット館 Pet館】


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

とういうことで、今住んでいるところも湿度は低いのですが、なぜかそんなに静電気でバチバチくるってことはありません。柔軟剤のおかげかもしりません。では、お大事に。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,