アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スノーボードのワックスは必要?スプレーじゃダメ?簡単な方法は?

2017/02/27

そろそろニューボードが手元に届く季節。また、ショップでは、ニューボードやニューブーツなど、今シーズンの新作が並び始めましたね。

ということは、今年の冬はニューボードで、ばっちりキメるぜと張り切っている方もいらっしゃることでしょう。憧れのあの板をゲットしたし、クリスマスは彼女とウッシッシだと、今から計画を立てたりして。

ところで、スノーボードの板って、ワックスをかけないといけないの?そういえば、スノボコーナーにスプレーで簡単にできるワックスとか置いてあったけど、とりあえずアレを買っておこうかなあとか。

アイロンで塗る人もいるみたいだけど、そんなの素人の自分には無理だしとかとか。その辺りについて、ちょっと解説してみました。

スポンサードリンク

スノーボードのワックスって?

で、スノーボードにワックスが必要かというと、もちろん必要。ですが、そういうのって、なにやら摩擦がどうのとか、水を掻き出すからなんチャラとか、うんちくが多いですよね。そんなのはいいから、ワックスは塗らないといけないのかってことが聞きたいという方も多いでしょう。

塗った方がいいのに越したことはないけど、塗らなくても滑ります。現に試乗会と言って、翌シーズンの新作を試乗するイベントでは、大半のメーカーは試乗ボードにワックスは塗っておりません。

じゃあ、なんでワックスが必要なのかってことですが、一番には滑走性能を高めるため。きちんとワックスを塗った板で滑ってみると、こんなに楽に滑ることができるのかと実感できると思います。

もう一つは、板の保護というかメンテナンスのためです。ワックスも塗らず、滑った後もそのままにしておくと、せっかくあこがれだったカッコイイ板を買ったのに、ワンシーズンでボロボロになったということもあります。

従って、滑った後のメンテナンスということも踏まえて、ワックスの重要性を知ってください。

スノーボードのワックス スプレーじゃダメ?

じゃあ分かったから、とりあえずスノボショップとかスポーツショップに置いてあるスプレー式のワックスでも掛けておこうと思う人も多いでしょう。私も以前はそうでしたから。

これでバッチリ。今シーズンはゲレンデのヒーローだぜと思って、スプレーワックスを3つも4つも買い込んで、かけまくっているかもしれません。

あのスプレーワックスって、とってもよく滑るんです。競技に出る人やオタクたちが偉そうにアイロンを使ってワックスをしていますが、滑走性能だけだとスプレーワックスの方が上です。

じゃあ、なんでそんな上級者がスプレーワックスを使わないのってことですが、それはすぐに剥げてしまうから。ゲレンデ1本ならまだしも、板にブーツをセットして、スケーティングでリフト乗り場に行くだけで剥げると言われています。

じゃあ、意味ないじゃんってことになりますが、意外と意味がある使い方があるんですね。

スノーボードのワックス 簡単にできる方法は?

やっぱりホットワックスといって、アイロンを使ったワックスじゃないとダメなのかってことですが、まあ究極はそうですよね。だって、プロとかワールドカップに出る人もホットワックスをやっているんですから。

でも、そんなの道具もないし、やり方も分からないしっていう人が大半でしょう。一部のオタク意外はやりませんよねえ。時間もないしねえ。

スポンサードリンク

じゃあどうするんだってことですが、簡単にできる方法があるんです。みなさんが手にするスプレーワックスを使います。そしてあと、固形ワックスとワックス用のブラシを購入してください。

どちらもスノボショップやスポーツ用品店のスキーやスノボ売り場のワックス売り場に置いてあります。ブラシはナイロン製のものを使います。馬毛とかブロンズとかありますが、ナイロン製を買ってください。値段もその中では一番安いはずです。

固形ワックスもどれでも構いません。ただし、温度設定がありますから、そこだけ注意。最初は分からないと思うので、店員さんに聞いてもらっても結構ですし、温度設定の数値が読めるようだったら、5度から-10度あたりをカバーしているものしてください。

メーカーによって、0度からマイナス15度とかになっているものもあるかもしれません。マイナス10度からマイナス20度とかいう風に低い温度用とか、逆に0度から10度用とかの春雪のように温度の高いときに使うものでなければ大丈夫です。

固形ワックスとブラシが用意できたら、いよいよワックス開始です。まず板の滑走面の汚れがないようにチェック、汚れているときはブラシ等できれいにしましょう。

その後は、固形ワックスを滑走面にこすり付けていきます。いわゆる生塗というやつ。意外とワックスってやわらかいので、そんなに力を入れなくても全面にこすり付けることができると思います。

その後はいよいよスプレーワックスの登場です。生塗した後にスプレーワックスを全面に吹き付けます。しばらく置いてから、ブラシでまんべんなく伸ばせば出来上がり。簡単でしょ。

というのも、スプレーワックスの中には溶剤が入っているので、それが固形ワックスを溶かしてくれるんですね。ですから、アイロンでホットワックスしなくても、固形ワックスの威力を発揮させることができるんです。

と言っても、ホットワックスではないので、やはり5~6本も滑れば剥げてしまいます。ですから、昼休みにもう一度塗り直すとまたまた威力を発揮します。簡単ですから、ご飯を食べた後にちょちょっとできますよね。

これで、今シーズはゲレンデのヒーロー間違いなし。ばっちり滑りまくってください。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、ワックスなんて面倒くさいと思っていた方も、簡単に出来て効果テキ面のやり方をご理解いただけたと思います。

1.板に固形ワックスをこすりつける
2.スプレーワックスを吹き付ける
3.ブラシでまんべんなく伸ばす

終了。ってことで、これなら、宿に帰ってきてからごはん食べた後に、チョチョイのチョイで5分もあれば出来てしまいますよね。出発の前夜でも荷物を詰めてるときにチャチャっとできるし。

ってことで、今シーズンは是非試してみてください。では、ギャグと人生の滑り過ぎにご注意ください。

関連記事
リフト券プレゼント まだ間に合う?
スノーボードのホットワックスの塗り方剥がし方
スキースノボのワックスの選び方は?
スノーボードのホットワックスの効果は?
ホットワックスの剥ぎ方は?

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-,