アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

イルミネーション

門司港レトロのイルミネーションっていつから?アクセスやホテルもね

2017/02/20

門司港レトロ地区のイルミネーションが何やら絶景だとか。それっていつからやってるんですかねえ。やっぱり冬だろうか?アクセスってどうやって行けばいいの?夜景がバッチリ見えるホテルとかあるのかなあ?って言うあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

門司港レトロのイルミネーションっていつからやってるの?

門司港レトロっていうけど、門司港のレトロ地区って言う意味ですよね。以前っていっても、いつごろかなあ。20~30年前は、単に門司港だったんですよ。

それがいつの間にか整備されて、レトロ地区とか言い出して、全国的には門司港レトロっていう単語になってしまったんですね。

まあタンゴでもサルサでもいいんですけど、とにかくイルミネーションがなくても、門司港のレトロ地区って外国みたいな風景なんですね。

ですから、普段の夜景だけでもとってもきれい。それに対岸には下関が目と鼻の先ですからね。国際海峡の関門海峡があるんですけど、ほとんど川っていってもわからないぐらい。外国船がバンバン通っているから、そうかなっていうカンジです。

そんなところから、改めてイルミネーションで電飾するっていうと、そりゃーもう日本とは思えない美しさです。

そもそもは、明治大正時代に建てられた歴史的な建物を修復しているし、それが当時の大陸への航路だった門司・下関の要所ってことで、当時は横浜・神戸に次ぐ港だったんですね。

ってことで、税関やら図書館やら三井倶楽部やらの建物が、そりゃーもう当時のお金で大金をつぎ込んで作られたってことで、それを見るだけでもうっとりッてカンジです。

ですから、夜だけじゃなくて、ぜひ昼間もその佇まいを見に行ってほしいと思います。

っていうか、いつからやってるかでしたね。例年11月の第四土曜日っていうのがスタートです。まあ、年によって多少前後があるときもありますが、11月下旬からですな。

おしまいは、翌年のバレンタインデーまで。っていってもバレンタインデーの週の日曜までっていうのが通例です。約2ヶ月ですな。

点灯時間は17時半から22時となっています。そうなんです。東京とか東日本の人からすると、ちょっとスタートが遅いねえって思うかもしれませんが、西日本、特に門司辺だと、12月でも夕方の5時を過ぎてやって暗くなるんですね。

ですから、どうしても17時半ってことなんです。その分朝も夜が明けるのは、東京より30~40分遅いですからね。

見どころは、上に挙げたようにそれぞれの建物自体がライトアップしてあるから、それに加えて街路樹にイルミネーションが灯るってことで、どこというより、その辺り一帯です。ゆったりとした時間をお過ごしくださいね。

門司港レトロのイルミネーションのアクセスは?

アクセスッて言われてもねえ。JRの門司港駅をでたところですからねえ。門司港駅を目指してくださいとしか言いようがありませんね。

まあ、対岸の下関からだったら、連絡船で来るっていうのもありです。っていうのは、これまた船からの夜景がすごく綺麗ですからね。おすすめですよ。

車の場合は九州道門司インターチェンジを降りたら、「門司港駅」って矢印がでるから、そっち方面に行けば10分ぐらいです。インターから3キロって言われていますからね。

駐車場は、なんたって北九州ですからね。500台。停め放題です。っていても60分200円ですけど。まあ、クリスマスやバレンタイン以外は、混雑はないから、心配しなくても大丈夫です。

東京からわざわざ行くっていうオタンコナスの人は、北九州空港から門司港行きのバスがでているから、それに乗ってくださいね。

大阪ぐらいから新幹線って言う人は、小倉まで乗っちゃって、そこで鹿児島本線上り門司港行きに乗れば終点です。

小倉からの上りって、下関行きとかもあるから、それはダメですよね。下関に行ってしまうと、船が出ているところは唐戸っていうところで、バスで10分ぐらい離れたところですからね。どうしても船に乗りたいアンポンタンは、唐戸を目指してくださいね。


スポンサードリンク

門司港レトロのイルミネーションに便利はホテルは?

そんな門司港レトロのイルミネーション、せっかくなら夜景を独り占めしたいってことで、夜景が見えるホテルとかないんだろうかっていうわがままジュリエットがいますよね。

あります、あります。それも門司港レトロ地区の中に、そのホテル自体もライトアップしてうっとりというのが、その名も門司港ホテル。

赤レンガの外装で、これまた外国みたい。映画とかにもよく使われるので、見たことある人も多いんじゃないですかねえ。

窓からは、関門海峡の光、対岸の下関の夜景もバッチリですので、ぜひ門司港ホテルに泊まってみてください。
門司港ホテル(2016年10月1日よりプレミアホテル門司港)

で、地元民じゃないと、門司港ホテル以外だと、小倉のホテルが便利ですとか書くんですよ。それを見た瞬間、あっ、現地のこと知らないなって思ってしまいます。

というのも、対岸の下関、本当にすぐそばッてカンジで、「おーい!」って叫んだら声が届くんじゃないかと思うぐらいの近さなんですね。

当然、対岸の下関からも門司の夜景がバッチリ見えます。そして上に書いた連絡船乗り場にも下関を代表するホテルがあります。そこからの夜景は絶景です。

ってことで、門司港ホテルとともにおすすめなのが、下関グランドホテル。必ず海側の部屋を指定してください。

街側の部屋もありますからね。それだと何の為に泊まったかわからないってことになりますから、海側指定です。
下関グランドホテル


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、私が小さい頃は関門海峡の夜景は「10万ドル」の夜景って言っていたのですが、いつの間にか100万ドルの夜景になっていました。やっぱり円高の影響なんですかね。では、良い門司港を。

※イルミネーションについての記事は、こちらにまとめてあります。
イルミネーションについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-イルミネーション
-,