アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

初日の出のお勧め東京の定番は?新名所は?ご利益があるのは?

2017/02/27

高尾山 薬王院

お正月というと、気になるのが元旦のお天気。晴れていると初日の出を拝めますよね。初日の出を拝むと、なんだかその年一年がラッキーな年になりそうな気になるのは日本人だからでしょうか。

ということで、初日の出を拝む東京のおすすめスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

初日の出のおすすめ東京の定番は?

東京はビルが立ち並んでいるから、なかなか低いところでは日の出を見ることが難しいですよね。となると、やはり初日の出の定番としては、東京タワーいうことになりますよね。

ある意味定番ですが、その分アクセスや受け入れ側の体制も整っているため、東京での初日の出デビューにはおすすめです。

東京タワーからは、東京湾から上がる初日の出を展望台から眺める事が出来ます。250mの展望台は定員80名。ですから、入場人数に制限があり、午前4時から整理券が配られます。

その一方、150mの大展望台の方は、整理券などの配布はなくどなたでも入る事が出来ます。ですから、気合を入れて除夜の鐘を聞いたあとに、午前4時まで整理券をもらうために並ぶのもありですが、150mの大展望台でもしっかり東京湾からの日の出を拝めるので、そのあたりは体力と気力と相談しながら検討してみてくださいね。

場所名:東京タワー
住所:東京都港区芝公園4-2-8
問い合わせ先:03-3433-5111

初日の出のおすすめ東京の新名所は

東京タワーは60年近く東京のシンボルですから、そこでの初日の出というのは外せませんが、そうなんです、21世紀の現代では、タワーといえばやはり東京スカイツリー。高さも倍近くありますしね。

高いところということでは、スカイツリーでの初日の出を見なきゃあ、一年が始まらないという人もいるみたい。

ですが、そこは大人気の場所ってことで、事前申し込みが必要なんですね。1月1日はに特別営業として、880人のみを展望台にご案内し、初日の出を見てもらうイベントを用意しています。

スポンサードリンク

その880人の内訳ですが、ナント!そのうちは280人は旅行ツアーの参加者なんですって。あと、100人がプレゼント応募当選者、となっているので、残るは500人。その500人について、インターネットにて抽選に申し込んだ方の中の当選者のみ、となっています。

ですから、なんとかその500人に潜りこむように祈って、応募してください。それ以外の人は、当日早朝5:00~の入場が出来ないようになっているんですね。世の中厳しいねえ!!

場所名:東京スカイツリー
住所:東京都墨田区押上一丁目1-13
問い合わせ先:0570-55-0634

初日の出のおすすめ東京でご利益があるのは?

並ぶのものイヤ。抽選にもくじ運悪いから漏れそう。っていう貴方(私のことでもありますが)、そんな貴方に持って来いの場所があります。そう、東京のハズレ、あっ、失礼。西の端。高尾山です。

高尾山は、標高598mの頂上からは、晴れていると東京タワーもバッチリ。富士山まで見える、超極上のビュースポットです。そして、「飯縄大権現お願いします」と言って、願いを唱えると、何でも叶えてくれると言われる、薬王院があります。

ということは、初日の出を見てそのまま初詣までできてしまうと一石二鳥。著者イチオシの初日の出スポットです。

西の端って書きましたが、新宿から京王線の特急電車(特急料金は必要ありません)で約一時間で行く事が出来る山です。ケーブルカーで中腹まで行けますので、きつい登りはイヤじゃという人にも安心。

ただし、ここもご多分にもれず、ケーブルカーは長蛇の列。ですが、ケーブルカーの頂上駅までも歩いて登れるように舗装路になっています。私のようなヨレヨレ中年が、休み休み登っても40分程度なので、膝や腰に不安がない方は、歩いて登っても良いかもしれません。その時期は多くの人が歩いているので、怖くありませんしね。

特によく聞く〝ご来光〟とは山の頂から見る日の出の事を指しますので、よりご利益に預かりたい方は山から初日の出を見るのが良いということで、イチオシのスポットとさせていただきました。

場所名:高尾山
住所:東京都八王子市
問い合わせ先:042-661-4151


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、東京というと、東京タワーからの初日の出は外せませんが、東京スカイツリーも抽選に当たれば、その年の先行きも良いってことで、行ってみるのもいいかもしれません。そして、ご利益を期待する方は高尾山で、初日の出と初詣を一緒に済ませてしまいましょう。では、良いお年を。

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,