アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

卵酒は風邪に効くの?作り方は?注意点は?

2017/02/27

そろそろまわりでも、くしゃみ連発のおじさんとか出てきましたよね。朝晩は寒いくらい。地域によっては、霜が降りたりして、風邪に注意の季節となってきました。

そんな時に気になるのが卵酒。薬はあんまり飲みたくないし、卵酒だとなんだか身体にやさしそうだしってことで、昔から人気ですよね。

そんな卵酒、本当に風邪に効くのでしょうか。また作り方はどうすればいいの?という方に向けた超簡単レシピを紹介。これでバッチリ風邪を乗り切ってください。

スポンサードリンク

卵酒は風邪に効くの?

風邪を引くと、おばあちゃんが「じゃあ卵酒をつくりましょうかねえ」とか言うけど、アレって本当に効くの?って思われている方もいらっしゃるでしょう。

卵酒は、それそのものが薬ではないので直接的な効果はありません。じゃあなんで昔から風邪には卵酒って言われてるの?ただの迷信?ってことですが、、卵はたんぱく質(=体力)を回復させる効果があり、少量のアルコールは血管を広げ体温を上昇させます。また、卵白にはリゾチームが含まれているため、いくらかの殺菌作用は見込めるものと思われんですね。

ただし、民間療法ですからインフルエンザにかかってしまったときなど重症な場合は、病院に行ってきちんと薬を処方してもらった方がいいでしょう。

風邪には栄養と睡眠が一番の薬ということで、卵で栄養をつけて、アルコールが入っているので、ぐっすり眠れるというのが、一番の効能のようです。「飲んだらすぐあったかくして寝る」、ここが一番大事なポイントです。

卵酒の作り方は?

そんな卵酒、じゃあどうやって作るの?って言う方に超簡単レシピを紹介します。

と言っても、卵酒の作り方にはこれといった決まりはなく、各家庭、各人ごとに異なるようです。私も小さい時は、父が作ってくれていましたが、どうもお酒の量が多くて、それが飲みたくて、「卵酒、卵酒!」って言っていたような気がします。

で、基本的な材料は

卵 1ヶ

日本酒 (120~)180ml

砂糖 大さじ1

【子供用ミルク卵酒】の場合は、

卵 1ヶ

牛乳 120ml

砂糖 大さじ1

日本酒 大さじ2

まず日本酒を徳利に入れて熱湯で、または電子レンジで加熱。その間に鶏卵をときほぐしておき、砂糖とお好みに応じて生姜の搾り汁と混ぜます。その後酒と卵液を混ぜていきます。

この時、熱い酒に卵液をいれると鶏卵の蛋白質が凝固してしまい口当たりが悪くなるばかりでなく肝心なリゾチームも破壊されてしまうので注意が必要。それを防ぐためには卵液に少しずつ酒を加えるのがポイントです。

スポンサードリンク

卵酒を飲む時の注意点

そんな口当たりの良い卵酒ですが、一つだけ注意点があります。えっ?飲み過ぎ注意?いやいや、それは私だけ。そうじゃなくて、逆に具合が悪くなったり、ひどいと中毒症を起こすこともあるので、下記のことだけは必ず守ってください。

というのも、卵酒と風邪薬を一緒に飲めば効果が倍増すると思っている人が中にはいるみたい。が、卵酒はアルコールを使っていることを忘れてはいけません。

風邪薬の多くは、アレルギー疾患の治療に使われる抗ヒスタミン薬が含まれています。抗ヒスタミン薬は、睡眠薬と同じように中枢神経を抑制させる働きがあるので、アルコールの作用を強くしていまいます。ということは、そうなんです。基本は、風邪薬を飲んだらアルコールは飲まないようにしてください。

卵酒だけであれば中枢神経に作用する成分がないので大丈夫ですが、卵酒と一緒に風邪薬を飲めば中枢神経に対して抑制効果が強くなりますので、副作用の危険性が高くなってしまいます。また、風邪薬とアルコールの併用は中枢神経の抑制作用だけではなく、肝臓の分解や解毒する働きにも影響を与えます。

薬もアルコールも体内に吸収されると肝臓に運ばれて分解されますが、薬とアルコールが肝臓に一緒に入ってくるとアルコールの分解が優先されて薬は後回しになります。

特に病院で処方される薬は、肝臓で分解されることを考えて調整されています。肝臓で薬の分解が遅れることによって、薬の血中濃度が高くなりすぎるので効果が強くなりすぎるのです。

そのほかに抗血栓薬のワルファリンカリウムや、一部の拮抗薬などを服用した後にたくさんのアルコールを飲むと、薬の効果が強くなりすぎて中毒症状を引き起こす危険性があります。

ということで、風邪薬を飲むのなら卵酒は飲まない。卵酒を呑んだら、そのまますぐに暖かくして寝る。ここだけは必ず守ってくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、民間療法とはいわれている卵酒ですが、風邪の引き始めなんかだと結構効いて、翌日にはすっかり治っているってことも。特に薬が苦手な方にはおすすめです。まあ、私のように単にお酒が飲みたいから、「どうも風邪気味だなあ」とか言って玉子酒を飲むお父さんもいるかもしれませんが、飲み過ぎにはご注意ください。では、お大事に。

関連記事
風邪に効く食べ物は?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,