アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

スキー場

新幹線で行くスキー場の湯沢エリアのかぐらの特徴や宿泊について

2017/02/19

a3befa18536fa31887911cd6bb8efc40_s

新幹線で行くスキーって言うと、やっぱり首都圏からだと湯沢ですよね。湯沢スキー場っていうんじゃなくて、湯沢エリア。その中でも、雪質が最高で、初心者から上級者まで満足できるのがかぐらスキー場。そのかぐらの特徴や宿泊についてお伝えします。

スポンサードリンク

新幹線で行くスキー場といえば湯沢?

新幹線でサクって行くスキー場というと、湯沢方面。まあ、駅直結っていうとガーラ湯沢があるけど、あそこは強風で結構ゴンドラが止まるんですよね。

そんなこともあって、実は湯沢エリアと言えるかどうかはアレですが、越後湯沢からバスで30分のかぐらスキー場の方が楽しく滑ることができます。

ここは以前は、かぐらみつまた田代って言われていて、3つのスキー場だったんですけど、まあ隣接というかくっついていますからね。

いまではかぐらスキー場に名前が統一されて運営されています。それにこのエリアだと標高が一番高いんです。

かぐらのゲレンデトップは1800メートルオーバーってことで、あの世界的に有名な白馬の八方尾根とおなじぐらい。

ってことは、そうなんです、山本さん。シーズンがながーい。シーズンインも、早いと11月から。12月のクリスマスにはほぼ全面で滑れることが多いですね。

クローズはナント、5月下旬。ゴールデンウイークが終わってもまだやってるってことで、毎年アンポンタン達が、ここで滑り納めをするほどです。

ってことは、トップシーズンは本当にサラサラのパウダースノーが楽しめる。それに、新幹線で東京からは越後湯沢までは70分。そこからバスで30分。

ってことで、1時間半ちょっとで着いてしまうんですね。十分日帰りもできます。もちろん、3つのスキー場が合体しているから、日帰りはもったいないし、是非泊まりで行ってほしんですけどね。

それに、ガーラや苗場みたいに混んでないんです。まあ、ゴールデンウィークを過ぎると他に行き場がないオタンコナスがわんさかやってきますが、通常のシーズンは結構空いています。

ってことで、手ぶらだともちろんガーラだけど、マイボードがある人には、かぐらの方が楽しく滑れるってことで、この冬はかぐらでウッシッシなひと時を過ごしてみませんか。

新幹線で行くスキー場といえば湯沢のかぐら?

そのかぐら、行き方はっていうと、上越新幹線に乗って、越後湯沢で降りてください。ガーラ行と違って、新潟行きで大丈夫。70分到着ですから、寝る暇もありません。

朝イチの新幹線で、車内でご飯食べていたら、ちょうどいいぐらいかな。降りたら、東口です。

東口から、かぐら・苗場行き急行バスっていうのがあるから、それが便利。っていうのも、かぐらスキー場って、ベースになるステーションが2つあるんです。

越後湯沢に近いほうがみつまたステーション。その先ズンズン行って、苗場に近いほうがたしろステーション。

そのみつまたとたしろの上部がかぐらになるんですね。で、かぐらエリアで滑るのなら手前のみつまたから登ってもいいけど、初心者はたしろエリアが滑りやすいんです。

でも、つながってるんなら、みつまたからでも行けるでしょって言われそうですが、みつまたからたしろへの連絡コースっていうのが大変。

ですから、最初からたしろエリアで滑るのなら、たしろステーションまでバスで行った方がいいんですね。

ってことで、この急行バスだと、みつまたステーション、たしろステーション、そして苗場に行くってことで、たしろステーションで降りればバッチリというわけです。

みつまたまでは380円。たしろまでは530円です。この他スキー・スノボ持ち込み料が100円、大型荷物も100円だから、泊まりで大きな荷物があるとプラス200円ってカンジですかね。

この急行バス以外にも、路線バスもあるから、荷物が少ない人はそっちでもいいかも。午前中は7時40分が始発で、その後1時間から30分ごとに発車しています。

みつまたステーションまでは約20分。たしろステーションまでは35分ってことで、本当に楽ちんですよ。

それで、かぐらスキー場のコースっていうのは、上に書いたように、ベースというか、まずゴンドラであがるところがみつまたステーションとたしろステーションになります。

で、ゴンドラであがるとそこがゲレンデなので、滑ってもらって結構。みつまたはどちらかとうとロングコースってカンジ。

たしろは景色はいいけど、緩斜面中心なので、スノボデビューの僕ちゃんには打って付け。ですが、ある程度滑れる中級以上に人には物足りないかも。

その場合は、それぞれの上に位置するかぐらエリアに行ってください。ここはさっき書いたようにゲレンデトップは標高1800メートルオーバーってことで、雪質も最高。景色も最高です。

4月以降は結構コブができるので、それを目指して来る人も多いです。ゴールデンウィーク以降はこのかぐらエリアだけってこともありますが、それでも5月下旬まで雪があるので、トップシーズンは最高の雪質を楽しめると思いますよ。

ゲレンデプロフィールは、
総面積:220ha
コース数:23
最大標高/最低標高:1845m/620m
標高差:1225m
最長滑走距離:6000m
最大斜度:32度
リフト・ゴンドラ数:22本
レベル割合:初級45%、中級35%、上級20%

なカンジで、。リフト券は1日券が土日平日とも4700円となっております。

レストランは、みつまたエリア、かぐらエリア、田代エリアとそれぞれあるので、気に行ったところでどうぞ。

一番人気は、たしろエリアのアリエスカかな。たしろエリアで優雅に滑っている人が好むレストランです。でも、一度は行って見てもいいと思いますよ。

そうそう、それから、最近はだいぶ改善されたけど、かぐらスキー場って、結構携帯がつながりにくいのでそこは注意が必要です。

メールだと大丈夫だけど、通話が厳しかったりします。ドコモだと大丈夫かな。後の二つは結構厳しいエリアが多いかな。ですから、ハグレたときの集合場所は決めておいてくださいね。


スポンサードリンク

新幹線で行くスキー場の湯沢エリアのかぐらの宿泊は?

ということで、片道1時間半で行けるのなら、通勤よりラクじゃないですかっていうお父さんもいるから、日帰りの人も多いけど、やっぱりかぐらに来たら泊まりで各エリアを滑り倒していただきたいと思います。

おすすめの宿というと、これはもうかぐらみつまた高原コテージ。若女将が美人っていうのと、料理とお酒がおいしい。

湯沢の地酒、鶴齢が置いてはるはずです。吟醸とかよりも、本醸造で十分っていうか、本醸造の冷、キンキンに冷やしてくれますから、それが最高です。ぜひご賞味ください。
かぐらみつまた高原コテージ


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

かぐらみつまたは、所属のサークルの納会でよく行っています。5月下旬でも雪がたっぷりあるのでビックリ。4月だと、本当にまだほとんど全面滑走可能なんですよね。

もちろん、泊まりはかぐらみつまた高原コテージで、ベロベロになっています。健康のため、飲み過ぎと滑り過ぎにご注意ください。では、よいかぐらを。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-スキー場
-,