アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スキースノボのワックスの選び方は?人気のモノは?お勧めは?

2017/02/27

スキー・スノボをやってる方は、結構ワックスにこだわりますよね。特に昨今You Tubeで、ホットワックスのやり方も解説しているものが多くアップされているせいか、自分でホットワックスする人も多くなっているみたい。

そんな中、どのメーカーのワックス、どのブランドのワックスを選べば良いかって迷うことも多いですよね。友人はアレがいいっていうしショップの人はコレしか置いてないし、っていう方に向けて、ワックスの選び方とお勧めワックスをご紹介します。

スポンサードリンク

スキースノボのワックスの選び方は?

今回はホットワックスのためのワックスという前提でのお話です。ホットワックスの準備やり方については、別の記事にしていますので、そちらをご覧ください。

で、ホットワックスでは、まずベースワックスをやりますよね。ベースワックス用のワックスもありますから、その場合はそれを使ってください。大会とかシーズン中出場は1回とか、そんなにシビアにならないという場合は、まず、ベースワックスの代わりにパラフィンワックスを塗り込んでいきます。雪温別に5回から10回ぐらい。-5度~10度、-10度~0度、‐20度~‐10度用というカンジで、合計30回ぐらいになりますかね。

それでベース完成で、後は滑りに行くところによって、寒い(雪温が低い)ところなら、低めのワックス、そうでもなければ真ん中のワックス、春だと雪温が高め用のワックスを滑りに行く前に塗るってことで終了です。

大会とか、ここ一発気合を入れたいというときは、フッ素入りのワックス、それももちろん雪温に合わせて塗るとかなり滑りが違います。

あと、レースなんかでは、その上にスタートワックスといって、1本2万円ぐらいするワックスをその名の通りスタート前に塗ることもありますが、通常はそこまでしなくてもO.K.です。

スキースノボのワックスで人気のものは?

そんなホットワックス用の固形ワックスですが、じゃあどれを選べばいいの?っていうのが、一番知りたいところですよね。

上に書いた用に、ベース作りにパラフィンワックス30回ってありますが、実際これをやるって結構大変ですよね。私もやっていた頃は、塗って一晩置いて剥がしてって作業になるから、休日ごとにやっても週に1~2回。ですから、9月の末になると、ベース作りを開始していました。それでも完成するのが11月中にできるかどうかというカンジ。ある意味修行でした。

それを考えると、あんまり雪温が細かく分かれてない方がラクですよね。以前私が使っていたのはBRIKOでした。一応3種類あったけど、ベース作りなら‐15~‐5度用と‐5~0度用で十分だったのでラクちんだったんですよね。

ですが、何やら数年前からBRIKOのワックスは日本には輸入しなくなったとか。ってことで、現在はガリウムが主流ですかね。ガリウムももちろん良いワックスで、私のスノボの師匠(元プロ&デモ)の一人も使っていますが、ただ、雪温によって4種類ぐらいあるんですよね。ですから、たくさん塗るのが嫌な人にはちょっとどうですかね。

スポンサードリンク

あとは、最近人気のカシワックス。融点が低くて塗りやすいとのこと。特にスノーボーダーでは人気急上昇。もちろん、スノボといえばマツモトワックスも広く支持を集めています。

その他、ホルメンコールじゃなきゃヤダとか、私はずっとTOKOを使っているとか、まあウンチクおやじ(私の事じゃないですよ)がウヨウヨいるので、その辺りは友達や知人の意見を聴いてみてください。

基本は、塗りやすいもの、面倒くさくないもの、これを頭に置いて選ぶとホットワックスも億劫にならずに済むと思います。

スキースノボのワックスのお勧めは?

じゃあ、一体お前は何を使っているのかってことですが、ズバリ!ドミネーターワックス。なんかターミネーターみたいで強そうですよね。はいはい、ネーターの部分しか一緒じゃありませんでした。

というのも、これまた私の師匠(元プロ&現デモ)が使っているっていうのが、使い始めた理由なんですが、実は塗るのがすごく簡単。

ベースワックスは3回でO.K.なんです、O.K.っていうか、通常のパラフィンとかを30回塗るのと同じ効果が出るんです。

そして、もう一つ最大の理由は、滑走ワックスの「ZOOM」というのは、雪温に関係なく硬い雪から春雪まで対応しているので、ゲレンデや滑りに行く地域によって塗り分けないで済むんですね。雪温によってワックスが自分で反応して雪の結晶を刺さらないようするので、1つのワックスで済むんです。

ということは、そう、「30回もやだー」とか、「今回ワックスの選定間違えたかなあ」ということがなく、ラクちんラクちんウッシッシということなんです。

特に「ZOOM」の中でもグラファイト入りという黒いワックスは、静電気防止対策がしてあるから、これまた滑る滑る。私のギャグと一緒ぐらい滑るんです。

ってことで、どれにしようかなYorezoの言うとおり、っていう人は、是非騙されたと思ってドミネーターのZOOMグラファイト入りを使ってみてください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、ワックス一つで滑りってかなり違ってくるので、結構悩むものですよね。私もZOOMに出会うまでは、どれが良いのか分からずに、いろんなのを試していました。

一番良いのは、ホームゲレンデがあるのなら、その雪質にあったもの、師匠がいるのならその人と同じもの。それが、納得できるし、上達への早道だと思います。

では、素敵なスノーシーズンをお過ごしください。良いお年を。

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-,