アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

スキー場

たんばらスキー場のコースやリフト券と混雑やアクセスと宿泊について

2017/02/19

a560f1447c232da779e6f716fa01999f_s

初心者やファミリーに人気のたんばらスキー場ってことですが、コースってどんな具合なんでしょうか。リフト券や混雑についても知りたいし。もちろんアクセスと宿泊についてもお伝えします。

スポンサードリンク

たんばらスキー場のコースやリフト券と混雑は?

たんばらスキーパークって、首都圏から2時間でサラサラのパウダースノーっていうのがキャッチフレーズですが、特にファミリーとか初心者にやさしい。

やさしいっていうか、初心者でも楽しく滑ることが出来るので、小さいお子さんのいるファミリーも大満足ってことですかねえ。

それに、東急グループのスキー場ですからね。レストハウスとかが綺麗なんですよね。その辺もファミリーとか女性に人気みたい。

ってことで、人気のスキー場ですよね。玉原と書いてたんばらと読むんですが、玉原湖があって、それを見ながら滑るコースもありますからね。

そんなたんばらスキーパーク、本当に初心者でも楽しく滑ることが出来るのか?って念を押されることもあるけど、ある意味初心者から中級者までしか対応してないスキー場とも言えます。

ほとんどのコースが初中級者向けのコース。唯一上級者コースっていうのがあるけど、1本だけ。それに最大斜度も25度ですからね。ちょっと物足りないかも。

その分、スノボデビューの僕ちゃんとか、まだ2~3回しか滑ったことないというガールズグループとか、昔はブイブイ言わせたけど、今はお子さんと奥さんとでまったりというファミリーにはバッチリのスキー場です。

コースは、まずベースのリゾートセンター前のリフトに乗るとファミリーコースというゲレンデがあります。ここは本当にデビュー用のバーン。斜度も5度ですからね。一部10度ってところあるけど、ザ・緩斜面。

スノボでもスキーでもブーツを板に装着して、初めてリフトに乗るのに適したゲレンです。ですから、スノボデビューの僕ちゃんとかは、まずここで滑れるように練習するにはもってこい。

そいうこともあって、空いていますからね。初めての人でも安心してスノボやスキーを楽しんでください。

そこまで初心者じゃないけど、まだやっとターンができるようになったっていう人だと、そのファミリーコースのリフトを降りたところからがメインゲレンデです。

レストハウスを中心に放射状にコースが伸びているので、レベルに合わせてお好きなゲレンデをどうぞ。

一番人気のセンターコースにはリフトが2本。第二高速リフトはクワッドでゲレンデトップまで行けます。そこからはセンターコースとフォレスターコースとどちらにでも滑り込めるので、空いている方をどうぞ。

どちらも平均斜度は10度なので、連続ターンが出来るようなった人にはちょうどいいカンジ。フォレスターコースの方が若干距離がながくて1600メートル。

センターコースも1450メートルだから、あんまり変わらないけど、ちょっと斜度が急なところがあるぐらいですかね。

その分センターコースには第5リフトという、センタコースの途中までのリフトもあるので、長い距離はまだちょっとという場合は、第五リフトで練習してみてください。

ロングランで長く滑りたいって言う場合は、第2高速リフトでゲレンデトップまで行って、そこからウディ―コースだと、全長2550メートルです。

が、最大斜度は15度しかないので、心配することはありません。ただ、林間コースってカンジなので、コース幅が狭いところは結構ありますけどね。

あと、一番おすすめは、レイクウッドコース。中級斜面ですが、たんばら湖に滑り込むようなカンジなので、晴れていると景色が最高です。

斜度は最大で22度ですが、平均13度。900メートルだから、練習にはいいカンジ。比較的空いていますしね。

あと、そのレイクウッドコースの隣に、トライアルコースっていうのがあって、ここがたんばらでは一番の上級コース。

って言っても、さっき書いたように最大斜度は25度だから、ある程度滑れる人だと問題ありません。コブ斜面になることも多いから、不整地の練習にはいいカンジです。

ってことで、本当に初心者やファミリーに優しいスキー場です。ただ、土日はその分混んでいます。特にセンターコース。

ですから、その場合はやはりレイクウッドコースに行くのがいいんじゃないですかねえ。当然レストハウスも激混み。

第一リフトを降りたところのレストハウスは、そこをベースにみなさん滑るので、昼食時は大混乱です。

そのぶん、一番下まで下ってリゾートセンターと言われている方は空いていることが多いので、週末ならそっちに行くことをお勧めします。

ゲレンデプロフィールは
総面積:189ha
コース数:8
最大標高/最低標高:1550m/1250m
標高差:300m
最長滑走距離:2550m
最大斜度:25度
リフト・ゴンドラ数:6本
レベル割合:初級35%、中級45%、上級20%

ってことで、総面積は広いんですけど、コースは8本ってことで、意外とコンパクトですよね。その分、気に入ったコースがあれば繰り返し滑り倒してみてください。

リフト券は、1日券が大人は4500円です。が、実は10月31日までに早割を申し込めば、1日券が1枚2600円。11月30日までだと、1枚3000円です。

ですので、シーズン中何回か行く予定っていう人は、早割を購入された方がお得ですよね。詳しくはたんばらスキーパークのサイトをごらんください⇒ 

たんばらスキー場のアクセスは?

そんなたんばらスキーパーク。人気の秘密はアクセスにもあるんですよね。っていうのも、沼田エリアって、確かに関越道の渋滞にハマらなければ、首都圏から2時間で沼田インターまで到着です。

が、その先が混むんですよね。120号線沿線に結構スキー場があるから、丸沼とか戸倉とかの一番奥まで行こうと思うと、1時間じゃ着かない。特に帰りはねえ。

ところが、たんばらって、丸沼とか戸倉とか、いわゆる沼田エリアのスキー場とは逆方向なんですよ。ですから、混まなくて、まあ2時間はノンストップじゃないと無理ですけど、2時間半で首都圏から到着なんです。

沼田インター降りたら、料金所を出て国道120号を右ですな。ほとんどの車は左に行くのでそこは注意です。で、ガソリンスタンドを過ぎたら「上原町」という信号があるから、そこをまた右。

で、2つ目の信号のところにコンビニがあるからそこをまた右。そしたら関越道の下をくぐる形になるから、あとはそのまま真っ直ぐ行けば、だいたい30分で到着です。

除雪はされていることが多いけど、早朝はやっぱり凍結しているので、4駆スタッドレスでも慎重にお願いしますね。2駆だと、スタッドレスでもきびしいかも。チェーンはあった方がいいでしょう。

でも、行きも帰りも渋滞しないので、その点はストレスなしで、ウッシッシかな。


スポンサードリンク

たんばらスキー場の宿泊は?

そんな訳で、行きも帰りも渋滞なしだから、日帰りでの人が多いけど、小さいお子さんとかいると、泊りでゆっくりしたいですよね。

スキー場の隣にはペンション村があるから、気に入ったところを探してみてはいかがでしょうか。

ペンション バン・デ・ルージュ は本当にスキー場のすぐ隣です。
たんばら高原 料理とワインが自慢の宿 ペンション バン・デ・ルージュ

ペンションラポール もお隣さんってカンジです。
料理自慢の宿 たんばら高原 ペンションラポール

和風の方がいいっていうお父さんには、帰り道の途中にあるみやのがいいかも。お蕎麦屋さんがはじめた宿だから、そばと地酒でウッシしかもね。
玉原の宿 みのや

他にもこのあたり、宿がたくさんあるので、探してみてくださいね。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

たんばらは、一番最初に行ったのは、長野五輪開催中。その後も何度か行っていますが、やはりレイクウッドコースからのたんばら湖の眺めは最高ですね。では、良いたんばらを。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-スキー場
-,