アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

パワースポット

氏神様の意味って?ご挨拶とお参りについてや相性ってあるの?

2017/02/18

05c874dc781a598b70d8ce9eb1495f8b_s

初詣に神社にお参りに行こうと思ったら、氏神様から行かないと駄目って言われてしまいました。そもそも氏神様ってなあに?それに、引っ越してきたりすると、氏神様に挨拶しないといけないとも。そんなに神社に参拝って大変なんですかねえ。それに神様との相性があるとか聞くし。そのあたりをお伝えします。

スポンサードリンク

氏神様の意味って?

氏神様(うじかみさま)って、名前はよく聞くけど、どういう神様なの?っていう人も多いかもしれません。

神様にもいろんな種類があって、まあ、日本の場合は八百万の神とかいうぐらい、とにかく木にしも石にも神様が宿っているんですね。

その中で、我々の身近な神様として、氏神様、産土神様(うぶすなかみさま)、鎮守様(ちんじゅさま)という3つの神様がいらっしゃいます。

で、氏神さまっていうのは、氏っていうぐらいで、そもそもは同じ血縁関係にある氏族(しぞく、うじぞく)がおまつりする神様だったんですね。

氏族というのは、祖先が同じという認識のもとに構成される血縁集団のことで、一般には、父系もしくは母系の血縁集団です。

まあ、古来はだいたいその土地には、血縁の人が集まっていて、名字も同じだったりしますよね。21世紀の現代でもある村に行ったら、同じ苗字の人ばっかりっていうことはあるけど。

そういうところで、お祭りというか、その氏族を守ってくれる神様っていうことだったんですね。ですから、氏神様。

そういう訳で、今でも『氏神様っていうのは、そもそもは・・・』って言い出して、なんちゃらかんちゃらっていう人もいます。

が、現代だとそうも言ってられないので、まあ、その土地を守っているというか、その土地の人がお祀りしている神様っていうのが、現代での氏神様の意味というか、役割ということになっています。

その土地を守っているのは、鎮守様だっていう人もいますが、まあ古来であったり、本筋はそうかもしれませんが、現代では神社本庁でも氏神様=鎮守様みたいな考え方をしているので、その土地の守り神って言う風に考えていいでしょう。

じゃあ、産土神(うぶすなかみ)ってなあに、ってことで、産土神は生まれながらその人をお守りしている神様。

基本的には、生まれるときに母親が住んでいたところの氏神様っていうことになっています。ですから、古来は産土神=氏神様だったんですが、現代は生まれたところから、進学や就職で住むところが変わりますよね。

ですから、産土神様と氏神様が2人(?)いらっしゃることになります。産土神さまは、そんな訳で一生変わりませんが、氏神様は、引っ越す度に変わります。

ということで、取り敢えず、氏神さまと産土神様がどの神社かは知っておいたほうがいいですね。

氏神様にご挨拶とお参り

で、よく引っ越したら氏神様に挨拶行けって言われるけどどうしたらいいの?って聞かれます。上に書いたように、氏神様はその土地の守り神なので、引っ越すと氏神様も変わります。

ですから、引っ越したら、『今度◯町◯丁目に引っ越してきたyorezoと申します。よろしくお願いします』って挨拶に行けってことなんですね。

それだけでO.K.です。まあ、できれば参拝できたことの感謝っていうのがいいみたいですけどね。基本的には神社にはお願いしてはいけなくて、感謝しましょうっていわれていますから。

と言っても、私の信仰する飯縄大権現は、『<飯縄大権現お願いします>と言って願いを唱えるとどんな願いも叶えてくれます』って神社の看板にかいてあるから、じゃんじゃんお願いした方がいいみたい。

ってことで、あまり難しく考えずに、引っ越したら氏神さまに挨拶を兼ねてお参りに行ってみてください。

で、そのときだけじゃなくて、だいたい氏神様って近所にあるわけですから、散歩のついでとか、近くを通った際にとかに、『今月も無事にやっています』とか、『こんなことがありました』とか、報告を兼ねてお参りすると、よく来たねってことで、目をかけてくれるって言われています。

ある意味、町内の長老のところに挨拶に行くようなものですかね。そんな感じで、氏神様とは仲良くやってください。きっと幸せな日々になると思いますよ。


スポンサードリンク

氏神様との相性は?

ところで、神様とは相性があるっていうのを聞いたことがあるけど、氏神様とも相性ってあるんですか?って気になりますよね。

基本的には氏神さまですからね。その土地なり地域を守るってことで、その土地に住んでいる人とは相性もヘチマもありません。皆さん全員をお守りくださいます。

が、日によってとかで、今日は来なくていいよっていうこともあるみたい。っていうのは、神様とか仏様もそうかもしれませんが、よく神からの啓示っていうのは、なんか神様から言葉が聞こえるんじゃないかと思っている人も多いことでしょう。

まあ、そういう人もいるかもしれませんが、だいたいは感じる人でも、声とかじゃなくて、なんか気配というか、気持ち良いとか、ちょっと行きたくないとか、そんな感じなんですね。

ですから、相性といっても、参拝したらとっても気持ちが良くなったっていうのが相性がいいっていう神様だし、なんか鳥居をくぐると気分が落ち込むとか、暗い感じっていうが相性が悪いってこと。

でも、氏神様なのに、鳥居をくぐったら気分が悪いっていうのは、どういうこと?って思いますよね。それは、今日は来なくていいからって神様が言ってるんです。

ですから、そういうときは、ではまた改めてってことで、出直せば大丈夫。神様も忙しいですからね。いろいろとご都合があるみたいですよ。

ってことで、氏神様とは相性が悪いってことはないので、心配しなくて大丈夫です。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

神様って結構厳しくて、天罰がくだるとかいいますが、まあ、神社に火でも付けない限りそんなことはないみたい。私の場合は、信仰している飯縄大権現のことを、三郎天狗ってことで、サブちゃんとか呼んでいますが、逆に毎日楽しくやっています。

とにかく何か願いをお願いするときだけじゃなくて、常日頃から信ずる心を持っていれば、普通に参拝して大丈夫。それに、神様も可愛がってくれますからね。では、神様のご加護がありますように。パンパン。

※パワースポットに付いての記事は、こちらにまとめてあります。
パワースポットについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-パワースポット
-,