アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

パワースポット

パワースポットの神社での参拝は誰と行く?参拝の前に検索が効果的?

2017/02/18

2093db6e1e7a1de05db28814c6aed23b_s

パワースポットというか、ほとんどの神社はパワースポットですが、参拝に際して、何か注意することとかあるんでしょうか。誰と行くのがいいんですかねえ。神社に参拝する前には、その神社のことを調べた方がいいとか?そのあたりをお伝えします。

スポンサードリンク

パワースポットの神社での参拝は?

神社というと、昔はそこがある意味社交場みたいになっていて、村の住民とかが集まってきていました。

が、何時の頃からはお参りする時だけ、大きな神社だと結婚式や厄祓いとか、なんかそういうときだけになってしまいましたよね。

それに、現在ではパワースポットして神社を訪れる人が多くなって、神社に参拝するのにどうしたらいいか分からないっていう人も多いみたい。

なんたって、神社でへんなことをすると、天罰が下りそうですからね。それもあって、ちょっと行きづらいっていう人もいるのかな。

確かに、神様を冒涜すると天罰が下るかもしれませんが、神主さんとかに聞いても、普通に接していれば、天罰がくだることはないとのこと。

知らないで失礼なことをしたぐらいだと、天罰は下りません。それよりも、もっと頻繁に神様というか神社にお参りしてほしいっていうのが神様の本音。

ですから、当然ちゃんとした作法は知っていたほうがいいんですけど、左側を歩かないといけないとか、真ん中は神様が通る道だから、通ってはだめだとか、ちゃんと手水口で手と口を清める方法は、これこれだとか、そういうのは、上手くできなくても心配はいりません。

あと、よく言われているのが、参拝するのは1日か15日がいいとかいう話をもあるけど、これまたそんなにこだわらなくていいみたい。

なんかそういうスピリチュアル系の人と話していて、じゃあ今度行ってみますよっていうことになったら、『ちゃんと1日か15日に行ってくださいね』って言われてびっくりしたことがありました。

それで、その神社で祈祷をしてもらおうと思って電話したら、『今度の1日は仏滅ですから、翌日にしませんか』とか逆に言われたってことがあったぐらい。

祈祷の後に、そのことを神主さんに話したら、『確かに昔の人は1日と15日に参拝するのが良いと言っていましたが、特に拘る必要はありません。できれば、毎月お参りするのが良いですから、例えば月初めのお休みの日とかでいいんじゃないですか』とのこと。

ってことで、とにかく形式に拘るよりも、その神様に親しみを持って、いやー、いろいろありますけど、お陰さまでなんとかやっています。これからもよろしくお願いしまーす。っていうのがいいみたい。

ってことで、パワースポット巡りもいいですけど、氏神様や産土神さまに、できるだけ頻繁にお参りするのが運気も上がるみたいですよ。

もちろん、信仰する神様がいれば、毎月お参りするなり、遠くはなれているのなら、神棚の前で唱えるだけでも効果があると言われています。

パワースポットの神社での参拝は誰と行く?

ところで、行ってみたい神社ってありますよね。ご利益があるとか、◯◯に効くとか、はたまた、私のようにたまたま行った神社で願いが叶ったので、その本社に行ってみたいとか。

そういう場合は、もちろん一人で行っていいんですけど、もし知り合いとかで、その神社の地元っていうか、近くに住んでいる人がいれば、ぜひ一緒に行ってもらってください。

というのも、神様って実はえこひいきするんです。前にもどこかで書いたけど、別に意地悪するとか、そういうのじゃないんだけど、地元民というか、近くに住んでいる人を優遇します。

それもあって、氏神様とか産土神さまを大切にしましょうっていうことなんですけどね。別に氏子じゃなくてもいいから、飯縄大権現にお参りしたいのなら、長野市民の知人とか、出雲大社にお参りするのなら、出雲市周辺の知人とか、赤間神宮にお参りするのなら、下関の友人とか。

もちろん、ワザワザ探すことはありませんが、友人知人でその神社の近くに住んでいる人がいれば、『今度〇〇神社に行こうと思っているけど、一緒に行かない?』とか、『〇〇神社って近くなの?案内してよ』とか言って、一緒にお参りしてください。

そうすると、神様の方も、『おっ、〇〇町のズレ田君じゃないの?久しぶりだねえ。今日はどうしたの?何かお願いごとかな?えっ?友達を連れてきた?長野のヨレゾウ君?遠くからよく来たねえ。で、お願いってなんじゃろうかな?ふむふむ、じゃあちょっと力をかしてやろうな』ってことになるんですよね。

実は、私が現在信仰している飯縄大権現、初めて本山に行ったときは、長野市在住の友人と一緒に奥社まで登って参拝することができました。

それから、縁結びの神様で有名な出雲大社も、これまた以前東京で一緒に働いていた友人なんですけど、何故か今は地元に戻って、出雲大社の隣町に住んでいます。

そして、そして、商売繁盛の神様で有名な西宮神社においては、西宮神社から3分のところに住んでいる友人とお参りしたのが初めて。

ってことで、現在信仰しているメインの3つの神様には、知らないうちにそこの地元民と一緒に参拝したのが良かったのか、ご加護をいただいております。

ってことで、友人知人の近くの神社に行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。ご利益がありそうですしね。


スポンサードリンク

パワースポットの神社での参拝の前に検索?

それからもう一つ、神様と言っても、元々は人間だったりしますので、参拝する前にその神社のことを調べると、より効果というかご利益があると言われています。

人間っていうか、人に会う時だって、初めて会うときは、何処の出身とか、どんな人なのかとか、得意なものとかは、一応調べたり、間に入っている人に聞いたりしますよね。

『どんな人?年齢は?趣味とかなにやってるの』とかそんな感じですけどね。じゃないと、話もはずまないし、特に商談なんかだと、いきなり『うちの商品買ってください』って言ってもねえ。

それと一緒で、神様も、どんな神様っていうか、得意分野は勝負事なのか、商売繁盛なのか、縁結びなのかとか、そもそもは、どういう神様で、どうしてそこに祀られているのかとかはお参りする前に調べておきましょう。

もちろん、ネットで検索すれば、今はだいたいなんでも載っていますけど、そこまでしなくても、だいたい神社には境内に、立て札が立っていて、その神社ができた由来とか書いてありますよね。

それを読むだけでO.K.です。特にある目的があって、その神社に参拝する場合は、事前に色々と検索しておくと、より一層ご利益はありますが、まあご利益目当てっていうよりも、その神様のことを知って、より好きになってもらえば、ご利益倍増ってことですな。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、私の場合は、飯縄大権現のことは、結構調べています。天狗様なんですけど、実は飯綱三郎と呼ばれているとか。そのときの飯綱は飯縄ではなくて、綱の方を使うとか。

天狗様もたくさんいて、48天狗とか、日本八大天狗とか言われているけど、太郎さんは、京都愛宕山の愛宕太郎坊、二郎さんは滋賀県の比良山次郎坊なんですね。

太郎さんも次郎さんも、「坊」が付くんですけど、三郎さんの飯綱三郎は坊がつかないんです。坊というのは、その山全体を指して、その山の天狗集団のこととか。

ってことは、飯綱三郎さんは、お一人みたい。とか、そんなことを言いながらお参りしています。そのせいかどうか、毎日幸せにやっています。では、みなさまにも神様のご加護がありますように。

※パワースポットに付いての記事は、こちらにまとめてあります。
パワースポットについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-パワースポット
-,