アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

喪中の範囲ってどこまで?控えることは?参加しても良いことは?

2017/02/27

そろそろ年賀状の準備をしないといけないけど、今年は喪中。でも、喪中って一体どこまでの関係を言うのでしょうか。

親や子供なら分かるけど、おじいさんおばあさんもですよね。でも、いとこのおばさんとかおじさんでも喪中になるのかな?

そんな疑問に答えてみました。

スポンサードリンク

喪中の範囲ってどこまで?

喪中の範囲、そしてその期間については、亡くなった方との続柄が関係してきます。続柄ってなーに?ってことですが、いわゆる親等って奴。

よくお父さんお母さんは一親等、兄弟は二親等とかいうじゃないですか。アレですよアレ。この続柄によって変わってくるので、ちょっとおさらいしておきましょう。、

0親等 夫 妻
1親等 父母 子供 配偶者の父母
2親等 兄弟・姉妹 祖父母 兄弟・姉妹の配偶者 孫
3親等 曽祖父母 甥 姪

というカンジです。

で、一般的に喪中の範囲というのは、2親等までと言われています。ですので、2親等までの方が亡くなったら、喪中ということで、年賀状なども喪中欠礼とします。

喪中の時に控えることは?

じゃあ年賀状は出さないけど、他に何か気を付けることはあるの?ってことになりますよね。

まずは年賀状とも関連しますが、というか、そもそもは正月のお祝いをしないということになります。 喪中に正月が訪れる場合、このお祝いはしないのが一般的です。

年賀状も正月のお祝いのひとつであるため、これも控えるので出さないんですね。でも何にも知らせずに出さないと、失礼な奴と思われるので、年末までに、年賀欠礼状、いわゆる喪中はがきを出しますという訳です。年賀欠礼状という名前の通り、新年の挨拶を欠くことを知らせるためのものです。

そしてもう一つは、結婚式など祝い事への出席を控えます。 これも正月のお祝いと同じく、控えるべきとされています。とは言っても、じゃあその1年間はずーっと欠席しないといけないのかって言われると、最近では、忌明け(四十九日)を迎えていればいいという意見もあります。ですので、この辺りは周囲と相談して決めるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

喪中でも参加して良いことは?

ということは、今度のお正月はじっとしているしかないのかな。初詣もお預けというか、控えないといけませんよね。ってことですが、これが微妙な問題で、神社には行くべきでないと言われていますが、お寺への初詣はありなんです。

というのも、寺と神社の死に対する考え方の違いからきています。神社は死を穢れと捉えますが、寺はそういった考えがないんですよね。それに、神社の場合でも、五十日祭が済んで忌明けを迎えていれば、初詣をしてもよいと言われています。

ですので、せっかくの新しい年、今回はお寺への初詣というも考えてみてください。

なお、五十日祭りが済んでの忌明けで神社に初もうでというのは、その地域によっても考え方が違ったりするので、実際にお参りする際には注意してください。心配ならば行きたい神社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

もう一つはお中元やお歳暮。喪中であっても、お中元やお歳暮を贈ることができます。 同様に、相手が喪中の場合も特に問題はありません。
というのも、喪中はお祝い事を控えるべきですが、お中元やお歳暮は感謝の気持ちを伝えるために贈るため、お祝いにはあたらないからです。

ただし、この場合でも四十九日を過ぎてから送るようにし、紅白の熨斗も使わないようにしましょう。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、そんなことを考える暇もなく、悲しみに明け暮れていたら、あっと言う間に時期が来たということなるかと思います。上で述べたことも絶対ではないので、悩んだ時はその地域の長老に聞いてみるのが良いでしょう。狭い日本ですが、意外と地域によってしきたりも決まり事も違ったりしますからね。

喪中の決まりごとは、知っていることは必要ですが絶対ではありません。大切なのは故人をしのぶ気持ちと言うことを認識してください。

関連記事
「お歳暮を贈る時期は?相手が喪中の場合は?」
「喪中に年賀状をもらったら」

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,