アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

座禅体験では棒で叩かれると痛いと思うけど警策を頂くっていうの?

2017/02/18

3ce72689741b9831622592572f0f1dfa_s

座禅をやってみたいっていう人って、結構中年じゃなくても、多いみたいですね。最近では座禅の体験会とかもあるし。でも、座禅って体験会って言っても棒で叩かれそうじゃないですか。やっぱり棒で叩かれると痛そうだし。と言っても、棒で叩かれるのは警策をいただくってことでありがたいこととか。その辺をお伝えします。

スポンサードリンク

座禅体験では棒で叩かれる?

座禅のことを書いたら、結構問い合わせとかあったりして、意外と興味のある方が多いみたい。みなさん、病んでいるんですかねえ。えっ?一緒にするな?失礼、失礼。

で、問い合わせというか、意見というか、感想で多かったのは、座禅には興味はあるけど、あの棒で叩かれるのがイヤだから、ちょっとねえ。っていうのがありました。

確かによくドラマとか映画とかでは、座禅のシーンでお坊さんが棒を持って、座禅している人の間を静かにあるいて、ふと誰かを見つけて「喝!」とか言って、棒で叩くっていうのがありますよね。

あれは痛そうですしね。っていうか、棒、棒、って言ってると怒られます。あの棒って、「警策(きょうさく)」って云うんです。

その警策で叩くっていうのが座禅のイメージですが、ほとんどの体験会では叩くことはありません。

修行僧達が座禅を組む場合は叩くこともあるみたいですが、通常の一般人には叩きません。特に体験会では、よほど主催者が「バシバシやってください」というような注文を出さない限り叩きません。

ですから、安心して参加してください。というのも、あの警策で叩くっていうのも相当修行を積んでないと出来ないそうです。

それに、そういう人というかお坊さんというか高僧が叩くと、あんまり痛くないんですね。ですから、音は響きますけど、それほど痛くないんです。

よく言われるのが、座禅を組んでいる時に寝てると叩かれるっていいますが、座禅を組んで居て寝るっていうのも、結構むずかしいです。

特に初めの人だと、まずあの姿勢でいるだけで相当苦しいので、そんな中寝るっていうのは、徹夜でもして重労働でもしてない限りむりでしょう。

それにもし寝てても、体験会ではほとんど叩きません。よくあるのが、姿勢が崩れていると、それを直してはくれます。

私は初めて座禅を組んだ時に、お坊さんっていうか警策を持った人が近づいてきたので、叩かれるかと思ったら、人生がねじれているせいか、姿勢もねじれていたみたいで、ちょっと左に傾いていたのを直してもらいました。

だいたいは、そういう風に姿勢を正す時に、警策を使ってまっすぐになっているかどうかを確かめるっていうぐらいです。ですから、座禅に興味がある人は安心して体験会に参加してみてください。

座禅体験で棒で叩かれると痛い?

でも、実際に叩かれたら痛いんじゃないの?ってやっぱり思いますよね。だって、「バシー!」って響き渡りますからね。

と言っても、上に書いたようにあの警策で叩ける人は、本当にちゃんち修行を積んだ人なので、痛くないところをバシって叩けるんです。

ですから音は響きますけど、そんなには痛くない。ホントに喝を入れてもらったっていうか、そういう気分になると言われています。

もちろん、修行僧達が叩かれるのは、また次元が違う話なので、痛いのかもしれません。警策が折れて飛んで来たっていう話もありますしね。

特に曹洞宗では、一般人を叩くことは少ないですし、叩いても痛くないってことをご理解ください。

また、夏と冬では来ている衣の厚さも違うので、警策の種類というか、木の種類も違うということでした。そういうのも考えられているんですよね。


スポンサードリンク

座禅体験で棒で叩かれるのは警策をいただく?

っていうのに、逆に「せっかくなら叩かれたい」っていうアンポンタンがいるんですよね。まあ、確かに警策で叩かれると、清々しい気分になるっていわれていますしね。

特に業界では、警策で叩かれることを「警策をいただく」と言って、ありがたいことだとされています。打つ方もかなりの真剣勝負ということで、本当に打っていただきありがとうございますってことみたいですね。

で、どうしても叩いてほしいというか、座禅を組んでいてもどうも迷いが取れないとか、そういう場合は、お坊さんが回ってきたら、合掌して、片方の肩を出すように斜めに前にかがむというか、礼をするというか、そういう姿勢を取ると、「警策を打ってください」っていう合図になります。

そしたら、お坊さんが警策を打って合掌します。打たれた方も合掌して、また正しい姿勢に戻るというのが座禅の儀式です。

このあたりのことは、特に体験会では事前に説明があるので、叩いてほしい場合は、その時に質問して、しっかり聞いておいてくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、世間一般の人向けの座禅会では、通常は警策で叩くってことはありません。が、坐禅会に毎回参加していて、夏休みとかに3泊4日とか、4泊5日の座禅修行の場合は、バシバシ叩かれます。

叩いて欲しい人は、まずは毎回の坐禅会で、顔を覚えてもらうようになりましょう。あっ、でも、何回座禅しても人生グニャグニャの私のような者もいるので、成果のほどは分かりませんけどね。では、良い座禅を。

関連記事
座禅の効能とか座禅会とか

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,