アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

引越し

引っ越しの見積もりの一括サイトや訪問の必要性とサカイについて

2017/02/18

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

引っ越しって結構お金がかかりますよね。できるだけ安くしたいけど、へんな業者だと嫌だし。やっぱり見積り取ってみるしかないんですよね。一括サイトってどうなんだろう。訪問してもらったほうがいいっていうけど、その必要性は?見積りでサカイが手土産もってくるとか。そんな話です。

スポンサードリンク

引っ越しの見積もり一括サイトって?

前回も簡単に引っ越しについての見積りの話を書いたけど、概略だけだったから、今回は引っ越し業者への見積りのとり方について詳しく書きますね。

まず、引越し業者も前回書いたように、昔ながらの運送業者から、引っ越し専門業者、宅配便から引っ越しまでやる会社、大手運送会社から独立した新興引っ越し会社とたくさんあります。

大手だから安心って言うわけでもなくて、距離と値段と安心とを見ないといけません。特に値段は、各社結構違いますからね。そのための見積り。

カンジがいいし、安心そうだけど、ちょっと値段が高いっていうところは、安い業者の見積りを見せると、全く一緒とはいきませんが、時期によるとある程度は安くしてくれますし。

そんな引っ越し業者の見積りですが、今は引っ越し業者見積り一括サイトっていうのがありますよね。例えばよく宣伝している引っ越し侍とか。

あのラジオCMは笑わせてくれるんだけど、別に引っ越し侍だけじゃなくても、一括サイトはたくさんあるから、どれでも好きなものを選んでください。

で、サイトに従って、住所氏名連絡先をいれて、どこからどこまでの移動なのか、単身なのか世帯なのか、間取りはワンルームか3LDKなのか。

マンションなのか戸建てなのか、マンションの場合はエレベーターがあるのかないのか。トラックが停められる道幅かどうか。

っていうのをまず入れます。その後は、実際に部屋にあるものですね。テレビ、冷蔵庫、洗濯機等の大きいものから、本とかCDとかの小物がどれぐらいかとか。

パソコンデスクがあるのか、座卓があるのか。布団なのかベッドなのか、等々を入れていくと、出来上がり。

それを送信すると、その一括サイトに登録している業者から、早いと半日後、遅くても翌日には連絡があります。平日で電話されると困る場合は、メールで。電話でくわしく知りたい場合は電話でと言う感じ。

ですが、次の章で詳しく書きますが、この時だけは煩わしいと思っても、必ず電話番号を書いて、とりあえず電話でやり取り出来るようにしておきましょう。

丁寧な業者だと、まず概算の金額をメールで入れて、その後電話してきます。または、電話連絡がイヤとしておいても、ご都合の良い時間にお電話くださいってことで、フリーダイヤルが書いてあります。

ただし、一括サイトには10社ぐらい載っているのに、5社とか6社とか、ひどいと3社ぐらいしか返事ない場合があります。

それは、その区間や日程ではうちは受けられないってことで、返事をしてないので、まずは引越し先が決まったら、とりあえず一括サイトで見積りを取ってみてください。

意外と選択出来る業者が少ないってこともありますからね。そうすると、急がないと希望の日程で引っ越しできなくなります。

ちなみに、引っ越し侍みたいな一括サイトは、その後、営業電話がかかってきます。引っ越しが終わったあとぐらいに、ネット回線が安くなるとか、ウォーターサーバーが安くなるとか、そんな電話。

これは、向こうもその手の営業をするために、一括サイトを運営しているようなところがあるので、「はっきりと必要ありません」と応えて、その後はその電話は着信拒否にしておくと半年ぐらいすればかかってこなくなります。

これまたそれもビジネスと割り切って、そういう対応をしておきましょう。じゃないと、うるさいなあってことになって、精神衛生上よくないですからね。

引っ越しの見積りは訪問が必要?

ということで、若い人の中には電話でやり取りするのが嫌ってことで、一括サイトのメールだけで終わらせる人がいますが、必ず訪問見積りをしてもらってください。

訪問されると、本当に面倒って言う人は、まあ、あとで失敗した、って思って貰えばいいので、強くはいいませんが、引っ越しを成功させるには訪問見積りが必要です。

というのは、引っ越しの場合、見積書に載ってないことはしてくれません。また、もしする場合も追加料金がかかったり、繁忙期だと積み込めないからって、置いていかれます。とにかく見積書という文章がとても重要になります。

が、サイトでの見積りだと、自分で物品を入力するから入力漏れがあったり、大きさも、自分としては食器棚は中サイズと思っていても、業者からすると大サイズにされたりってことがあります。

また、本やCDなどの小物類も、ダンボール箱が10箱ぐらいと思っていたら、実は実際に見てもらったら15箱必要だったとか、そういうこともあります。

ですから、必ず訪問してもらって、実際に押入れの中から全部診てもらって、いくかかかりますかっていうのを算出してもらってください。

ちなみに、私なんか寂しい中年ですが、一人暮らし歴30年、スノボの道具も多いから、電話では一人暮らしで1LDKでーすっていうと、分かりました。って言う返事。

ですが、実際に訪問してもらうと、「ホントに一人暮らしですか」ってことになって、だいたい夫婦2人か、ひどいと小さいお子さんがいる3人家族ぐらいになってしまいます。

ですから、トラックも当然4トンロングとかで、運ぶ人も4人とかで、どこが一人ぐらしなんだっていう引っ越しなんですね。

それは見てもらわないと、サイトや電話では、先方も「一人暮らし、間取り1LDK」っていう頭でいると、まさかそんな大荷物って言う風には思わないじゃないですか。

ってことで、必ず訪問見積りをしてもらってください。それに、訪問してもらっても、そこで決める必要はありません。

他に何社かみてもらっていますか?って聞かれるので、ええもちろん。ってことで、来週中には返事しますというふうに答えれば問題ありません。

ただ、訪問の場合、午前1社、午後2社とか言う感じが限度なので、やはり見積りだけで1週間から2週間は見ておかないといけません。そのためにも早めに一括サイトには入力しておきましょう。


スポンサードリンク

引っ越しの見積りサカイは?

そんな訪問見積り、まあそこでだいたいその業者の雰囲気もわかりますからね。見積りだけやっているのか、その人が運搬もやってくれるのかっていうのも話していると分かります。

また、業者によっては見積りだけで社員を募集しているところもあるし、元々は運搬をやっていて、引っ越しの流れを把握して、導線をどうするかとかも分かった上で見積りになる会社もあります。

ですので、その辺もいろいろと話してみてください。それで、ちょっとどうかなってところは、見積りだけもらって、実際は違う業者にすればいいわけですからね。

ところで、引っ越しのサカイって、パンダマークの引越し会社、あそこは時期によるけど、結構見積りするだけで、お米をくれたりとかのサービスがあります。

ですので、そういうキャンペーン中だったら、とりあえず見積りだけでもしてもらってください。

私の印象としては、業績No.1を謳っているだけあって、悪くはないですけど、値段もそこそこ。高くは無いけど安くは無いってカンジ。

ですから、迷ったらサカイでもいいかと思います。0123のA社は悪くないらしいですけど、高いですね。

予算に余裕がある人は0123が安心っていう人もいるので、考えてみてもいいかもしれません。

あと、業者によると、「この場で即決してくれたら、いくらにします」っていうところもあります。

これはよし悪しで、その担当者を信用できれば、それでもいいし、ちょっとどうかなあと思ったら、他の業者にしてもいいでしょう。

私はある引越し業者の担当者がとてもよかったのですが、ちょっと値段が折り合わなくて、「うーん」って唸っていたら、「いくらならやってもらいますか」って聞いてきました。

「◯◯万円ぐらいなら」っていうと、「じゃあ、ちょっと上司に聞いてみます」ってことで、そこで携帯から電話して、ウダウダやっていましたが、結局即決してくれたらその値段でO.K.ってことになりました。

最初の値段の半額だったので、そこにしましたけど、当日も全く問題なく、大成功でした。そういうこともありますので、ご参考までに。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、引っ越しの見積りを取るって、結構面倒臭いといえば面倒臭いんですが、これで金額も5万10万変わってくるので、ここは仕事と思ってやってください。

ちなみに、長野市内発着の場合は、私が使っている業者がおすすめです。が、別に紹介料をもらっているわけじゃないから、気になる方がいればご連絡ください。個別にご連絡します。では、良い引越し業者を。

※引っ越しについての記事は、こちらにまとめてあります。
引っ越しについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-引越し
-,