アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

引越し

引っ越しの料金を安くするには荷造りとかを自分でする?

2017/02/18

d54d08445641f019e0f6837172865dec_s

引っ越しの料金って安くしたいけど、もちろん移動距離とか、モノの多さに関係します。が、どこまで自分でやるかにもよりますよね。特に初めて引っ越しをする人に、料金コースとか荷造りを自分でするかとか、そんな話をお伝えします。

スポンサードリンク

引っ越しの料金ってコースによるの?

引っ越しの料金って、これまた経験していたら、当然のことなんですけど、初めてだとえっ?ってこともあるみたいなので、一応書いておきますね。

っていうのは、当然東京から山口まで運ぶのか、都内だけの移動かによって料金って違いますよね。

それから、一人暮らしパックなのか、家族4人なのか、間取りもワンルームなのか3LDKなのかによって、荷物の量って違いますから、当然料金も違います。

結局、どのぐらいのトラックかによって、まず料金が違います。それから移動距離ですね。そして、詰め込む量によって運ぶ人の人数が何人ぐらい必要なのかによって変わってきます。

それ以外に両金が変わるっていうのが、作業量です。というのは、いわゆる荷造りですよね。

荷造りを自分でするのか、お願いするのかによって料金が変わってきます。これは結構大きいですね。

ですから、完全におまかせパックというのが一番高いです。が、これは何もする必要がなくて、指示を出すだけです。

引っ越しする前の部屋と全く同じにするっていうのを売り物した引っ越し会社もあって、一時期テレビCMでは、ビールについだ泡までそのまま同じように配置するっていうのがありました。

実際はそんなことはありませんが、超多忙のビジネスマンとかだと、おまかせパックにするしかないってことで、転勤なんかで前日まで前の支店、身体だけ翌日から新しい支店っていう場合は、費用も会社もちだから、お任せパックにする人が多いみたいですね。

が、その分高いです。ですから、自費で払う場合は、安くしたいですよね。そうすると、出来る荷造りは自分でやるってことになります。

また、近くだと、大きい荷物い以外は、自分で運んだりすると、コレも安くなります。

が、ホントに同じ町内とかじゃないと、軽トラでもないと、自家用車だと結構何往復もすることになって、結局頼んだ方が安上がりだったってこともあります。

そのあたりは、見積りのときにコースによってどこまでやってくれるのか、それによって料金がどう違うのかを聞いてみてください。

それで、料金のとの兼ね合いを考えながら、自分でどこまでするのかを決めてもらえればといいじゃないでしょうか。

引っ越しの料金を安くするには?

ということで、引っ越しの料金を安くするには、荷造りを自分でするというのと、運ぶ人を少なくするっていうのが、ポイントです。

忙しくてそんな時間が無いってことだと仕方ありません、全部頼むのと、自分で荷造りをするのでは、だいたい2倍ぐらい値段が違います。

ですから、お金はないけど時間があるっていう、貧乏学生とか、私のようなギリギリおやじとして生活している人は、できるところまで自分で荷造りをしてください。

それから、運ぶ人。これも一人っていうのは無理みたいですが、2人なのか3人なのか、4人なのかで随分違ってきます。

冷蔵庫とか洗濯機とか、食器棚の大きいのか本棚っていうのは、当然引越し業者に頼むべきですが、あとのダンボールとかは、自分もやりますからっていうと、最低限の2人にしてくれるので、かなり安くなります。

そのあたり、もちろん体力仕事になるから、それで寝込むようなことになるのなら、頼んだ方がいいですけど、若くて元気な人は、自分でできることはなやってみてください。


スポンサードリンク

引っ越しの料金を安くするには荷造りを

ところで、問題は荷造りを自分でやる場合です。全部おまかせコースだと、見積りのときに、この量だと、人数がコレぐらい必要で、朝イチでやってきて、昼までに梱包して、運び出して、午後一で出発みたいな算段は引越し会社が立たてくれるので、ホントに立会だけです。

が、自分でやるとなると、引越し業者が来るまでに荷造りが終わってないといけませんよね。これが大変。

本当に一人暮らしパックなら1日2日で終わるでしょうけど、一人暮らしでも、人生が長くなると、結構CDとか本とか書類とか、机の中のものとかで、意外と時間がかかります。

それに、学生さんなら春休みとかだと、引越し準備だけに1日中充てられますが、社会人だと勤めから帰ってきてからの作業になりますよね。

そうすると、1日に1~2時間ぐらいじゃないでしょうか。そうすると、私の場合は1週間は見ておきました。

それでも、直近の場合は間に合わなくて、最後の日は徹夜になりましたけど。あと、別の記事にしますが、生活しながらだと、荷造りも使うものはできないから、結構徐々に徐々にって感じで、時間と日にちがかかります。

そのあたりも考えて、最低1週間。できれば10日は余裕を持って荷造りをはじめてくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、徹夜のときは、運び出しが終わって、新居に付いて、入れ込んでもらったら、とりあえず寝ました。

昼前には運び込みが終わったので、夕方まで爆睡。結局その日は布団出して、寝るスペースだけ作って終わってしまいました。

やはり人生と一緒で、何事も計画的にやりたいものですね。では、良い引越し準備を。

※引っ越しについての記事は、こちらにまとめてあります。
引っ越しについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-引越し
-,