アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

引越し

引越しの退去時の敷金返還は掃除具合による?壁紙やフローリングは?

2017/02/18

引っ越しの退去時には敷金は返還されるってことになってるけど、掃除具合によって、戻って来る金額が違うとか。壁紙やフローリングの汚れはどうしたらいいの?っていう僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

引っ越しの退去時の敷金返還は?

引っ越しする時に、って言うか退去時に敷金の返還がありますが、だいたいは、どこかが汚れているからそのクリーニング代とかいって、代金を差し引かれたりしますよね。

そのあたりどうなんでしょう。ってことですが、基本的には、「現状回復」して退去するってことになっています。

が、この「原状回復」っていうのがややこしくて、いろいろとトラブルが起こるんですね。

そのせいもあって、今は殆どの都道府県で、そのあたりの条例ができています。が、あくまでの都道府県毎なので、住んでいるところによって多少違うってことになると思います。

まず、この現状回復っていうのは、入居時と同じ状態にするって言うわけじゃないんです。

半年や1年ならまだしも、4年も5年も下手すると10年とか住んでいると、当然普通に生活しているだけで汚れたりしますよね。

それを「経年劣化」っていうんですね。ですから、経年劣化の部分は差し引いて元の状態に戻してくださいってことなんです。

具体的には、
・借主の不注意で雨が吹き込んだことによるフローリングの色落ち
・キャスター付きイス等によるフローリングのキズ、へこみ
・カーペットに飲み物等をこぼしたことによるシミ、カビ
・冷蔵庫下のサビ跡
・壁などのクギ穴、ネジ穴(重量物を掛けるために空けたもので、下地ボードの貼り替えが必要な程度のもの)
・タバコによるヤニで部屋全体のクロスが変色し臭いが染みついているケース
・台所の油汚れ
・飼育ペットによる柱などのキズや臭い
・風呂・トイレ・洗面台の水垢、カビなど
などについては、借り主の方でキレイにしないと、クリーニング代を請求されるっていうのが一般的です。

逆に経年劣化というか、借り主でやらなくていいのは、
・フローリングのワックスがけ
・日照・建物構造欠陥による雨漏りでなどで発生したフローリングの色落ち
・家具設置による床・カーペットのへこみ、設置跡
・壁に貼ったポスターや絵画の跡
・壁などの画鋲、ピンなどの穴(下地ボードの張り替えは不要な程度のもの)
ということになっています。

そのあたりをしっかり頭にいれて、退去する前に元の状態に戻すようにしましょう。

引っ越しの退去時の敷金は掃除具合による?

ってことですが、もちろん掃除も何もしない状態で、明け渡すとほとんどがクリーニングが必要と言われます。

上に書いたように特に水回りですよね。風呂場とトイレと洗面台。これは普通に市販の洗剤で掃除するだけで、ほぼ現状に戻るので、しっかり掃除しておきましょう。

それから、壁の画鋲の穴。基本的にはしなくていいってことになっていますが、穴の大きさにもよりますよね。

あまりに大きいと、これはってことになります。が、だいたいホームセンター等にいくと、壁穴埋めのキットとかが500~600円で売っているので、それで塞いでおくと大丈夫でしょう。

あと、気になるのが、クロスの汚れとかキズ。これは程度によります。ちょっとしたキズや汚れだと、これまたキットがあります。

キズや汚れだと、修正液みたいなのがあるから、それを塗ればほとんど大丈夫です。クロスを張り替えないといけないぐらいのものだと、素人はどうでしょうか。

同じ柄のクロスを売っていたら、チャレンジしてみてもいいでしょう。が、タバコのヤニなんかだと、全面張り替えになるから、外で吸うようにしてないと厳しいでしょうね。

全面張り替えじゃない場合は、1メートル単位で貼り替えになるから、それほど高価でもないです。

また、経年劣化と判断が微妙な場合は、家主さんとの折半とか、割合を決めて負担ってことになるので、そこは査定の人の心象を良くするように接してくださいね。


スポンサードリンク

引っ越しの退去時のフローリングは?

壁紙と同様悩むのがフローリング。フローリングのキズは、借り主負担なんです。色あせとかは、経年劣化ですが、何かでキズを付けると張替えになります。

ですから、今更言っても遅いかもしれないけど、フローリングの部屋には、カーペットを敷くなどして、傷がつかないようにしないと大変です。

が、これまたちょとしたキズなら、クレヨン形式で修正できるのがホームセンターに売っているので、見てみてください。

ただ、本当にキズだけならいいですが、古くなると剥がれてきたりするんですよね。その場合は張替えになります。

ですから、不具合が出たら、その段階で仲介不動産屋なり家主に連絡して、ここのフローリングがハゲかけているんですけどって言ってください。

そうじゃないと、中々経年劣化って言う風には認めてもらえないので、借り主負担となってしまいます。あと、これは地域性がありますが、東京なんかでは畳の表替えは家主負担です。

が、長野は借り主負担なんですね。そういうのはだいたい契約書に書いてありますが、東京の感覚でいると、ウソでしょってなります。

ですから、長野では畳のない部屋のほうが人気なんです。だって、6畳とかだと、1枚5000円でそれだけで合計3万円とかとられますからね。気をつけてください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ってことで、基本的には出る時っていうか、立ち退きのときは自分でできるだけの掃除はしておくと、クリーニング代が結構違います。

あと、最初から退去時にはクリーニング代3万円を敷金から差し引くとかいう契約も最近は多いです。

ですので、その辺は契約書をじっくりと読んでおいてくださいね。それに、いくらクリーニング代を差し引かれるからっていっても、ある程度は掃除しておくと、追加料金を取られなくて住むので、退去時の掃除は基本です。

では、良い退去を。

※引っ越しについての記事は、こちらにまとめてあります。
引っ越しについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-引越し
-,