アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

家計・貯蓄・資産運用

新社会人に保険は必要か?入るべき保険の種類とおすすめを紹介

2017/05/18

社会人になると生命保険に入る人が多いし、職場にも生保レディがやってきますよね。何やら年齢が若い方が保険料が安いとか。これって入らないといけないんですかねえ。それに色んな種類があるし、どれに入ればいいんでしょうか。おすすめとか知りたいしっていう僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

新社会人に保険は必要か?

就職すると、だいたい職場に生保レディっていうおネエさん(含む【昔の】)がやってきて、飴くれたりなんかちょっとしたお菓子を置いていきます。

が、それをキッカケに保険に入ってもらおうってことで、特に新入社員は狙われます。

もちろん、入ってもいいんですけど、ああいうところっていうか、だいたい大手生命保険ですよね。生保レディがいるところは。

その分人件費やらCM費やらの分、保険料が高いです。それでもまだ結婚とかしていて家族いればいいけど、独身だとねえ。あと、保険料を払うと、手取りがこんなに少なくなってしまって、参ったねえってことにもなります。

ってことで、大企業なり外資系なりで、新入社員でもジャンジャカ給料がもらえるのなら、どうぞお好きなようにってことですが、そうじゃないとある程度勉強してからでもいいと思います。

誘い文句が「年齢が若いほうが保険料が安いですから」っていうけど、1年2年じゃあそんなに変わらないから、納得してから入るようにしてくださいね。

っていうのも、生命保険って基本的にその人が死んだ時に入る保険ですよね。家族がいると、家庭の大黒柱が無くなると、残された家族は露頭に迷うってことで、開発された金融商品です。

ってことは、まだ独身だとあなたが死んでも、ご両親や兄弟、恋人が悲しむかもしれないけど、露頭に迷うってことはないですよね。

まあ、病気の両親であなたの収入を頼っていて、弟もまだ高校生で、これからお金が要るっていう場合はそうでもないでしょうけど。

ですから、一般的に経済面ではあなた一人のことだけを考えていればいいのであれば、生命保険は必要ありません。

将来のためっていいますけど、貯蓄は別にした方が効率がいいです。保険は、基本的に掛け捨てというか、何か遭ったときのためという姿勢で検討しましょう。

どうしても入りたい場合は、市販の本で保険についてある程度は勉強してからにしましょう。そうじゃないと、入ったあとに、なんだか割高だなあって思いますからね。

ただし、独身でも一人暮らしの人は、医療保険は入っておいてもいいかもしれません。そのあたりは、次の章で解説します。

新社会人の保険の種類は?

保険って、基本的に何かあったときに支払われるお金ですよね。保険のために・・・とかいうぐらいで。

ですから、生命保険は死亡した時、または高度障害で働けなくなったときに払われるお金のこと。

となると、上で書いたように独身だと必要とは思えません。が、車やバイクを持っている人は分かるでしょうけど、自動車保険っていうのは、事故があった時に支払われますよね。

そういうもので独身でも必要となると、医療保険ですね。ガンとか心筋梗塞、脳梗塞といった大きな病気で入院したら、その入院費用と手術費が結構かかります。

特に一人暮らしだと、とりあえず入院してその費用をどうしようってことで、その時のために医療保険っていうのがあります。

自動車保険と一緒で掛け捨てが基本です。ですから、何もないとお金を捨てるようなものって言う人もいますが、保険ってそういうものですよね。

ただ、その分掛け金は安いです。都民共済県民共済だと、一月2000円からです。民間のものでも、せいぜい4000~5000円です。

ですから、一人暮らしで心配な人は、医療保険は入っておいてもいいかもしれません。が、これまた保険っていうのは、一時金として、10万円とか、入院何日目から何日目までは1日5000円とかが支払われます。

200日とか300日が限度なので、それを超えると支払われません。まあ、最近はそんなに長く入院させなくなっていますけどね。

ということは、逆に500万円なり1000万円なりがあるのなら、保険に入る必要はありません。保険に入っていても、それ以上は出ないわけですからね。

ただ、一般的に新入社員というか、新社会人にそこまでのまとまったお金はないだろうってことで、もしもの時のために、月々2000円でもかけておくと、最長で500万円分なり、1000万円分なりは支払われますよってことなんです。

ですから、お金持ちは保険に入りません。だって、一括でそれぐらい払えますからね。まあ、保険ってそういうものっていうことは覚えておいてください。

そうは言っても、ほぼ9割の方というかその他大勢の方では、新入社員時に500万円がぽんと払えないでしょうから、医療保険は入っておいていいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

新社会人の保険のおすすめは?

ということで、新社会人が入るとすると医療保険になります。えっ?どこかおすすめは無いのかって?

医療保険って、以前っていうか、私が社会人になった頃はなかったので、とりあえず生命保険の一番小さいのに入って、それの付帯で医療保障を厚くしてたんですけどね。

今は、医療保険だけの単独のものがたくさんあります。保証内容もだいたい同じですが、ガンと脳梗塞と、心臓疾患の3大疾病の他に、いろいろと対応する内容で保険料が違ってきます。

基本的には払える金額と内容を見て、どこにするか決めればいいと思います。それほど差はないですし、興味があればいろいろと研究してみればいいと思います。

が、敢えてどこかない?とか、とりあえず心配だから、一つ入っておきたいんだけどっていう場合は、都民(県民)共済がいいですかね。

上に書いたように、月額2000円で、三大疾病は保障されますし、ガンの新治療対応にしたい場合は、プラス千円、合計3000円でそこまで対応しています。

それに、60歳まで掛け金は同じだし、ほぼ全国どこに引っ越しても、引越し先に県民共済があるので、そのまま引き継ぎができます。

ってことで、取りあえず大都市圏とか、今住んでいるところに県民共済があれば、一つ入っておくのがいいんじゃないでしょうか。もちろん、私も入っています。
保険の見直しならプロへ相談 【保険相談Navi】


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

と偉そうに書きましたが、上に書いたように我々の頃は医療保険ってなかったから、とりあえず生命保険に入っていました。

が、30過ぎてからファイナンシャルプランナーに色々聞いたら、そんなの必要ないってことで、私の場合は都民共済で十分ってことで、入り直したことがありました。

本屋さんに行くと、生命保険関連の本はたくさんあるし、買わなくても図書館にもあるので、一度2~3冊は読んで置くことをお勧めしまーす。では、良い保険を。

※新社会人・新生活についての記事は、こちらにまとめてあります。
新社会人のマナーや新生活についてのまとめ一覧

スポンサードリンク

-家計・貯蓄・資産運用
-,