アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

母の日におすすめの温泉は?温泉ギフトやじゃらんの使い方

2017/02/21

母の日に温泉旅行でもプレゼントしたいって言う場合、どこがいいですかね。関東で意外と近場でおすすめのところを紹介します。それに温泉ギフトを送る場合の注意点とか、じゃらんの使い方とかもね。

スポンサードリンク

母の日におすすめのの温泉は?

母の日のプレゼントって結構悩みますよね。花も悪くないけど、もう少し気の利いたものとか、喜寿とか米寿のときは、ちょっと奮発してってことで、兄弟であーだこーだと言っていると思います。

そんな中、結構人気なのが温泉旅行のプレゼント。できれば、一緒に行ってあげるのが一番だけど、遠く離れている場合とかでも、旅行クーポンっていうのがあるから、それを送ればねえ。

ってことで、その辺のことは別記事にしているので、そっちを読んでみてください。ただね、その旅行クーポン、だいたいは旅行代金の精算に使えるっていうもの。

ってことは、どこの温泉がいいのかって言うのは貰った人が考えないといけません。が、そこまで全部お膳立てしてもらわないとねえ。私の母なんかもそうですが、時刻表すら見ることができませんからね。

ってなると、どこの温泉がいいですかね。もちろん、住んでいるところにもよるから、それぞれ異なると思いますが、首都圏からだと意外と銚子というか犬吠崎がお勧め。

っていうのは、伊豆っていうのがすぐ浮かぶと思います。もちろん伊豆でもいいんですけど、伊豆って電車でも結構かかりますよね。まあ、車って言うのは、貴方が運転していくことになるんでしょうけど。

車だと高速がないから、結構大変です。それにワインディングですからねえ。走り屋はいいけど、高齢者はそれだけでお疲れ。

ってことで、銚子だと電車でも特急で2時間、車でも東関東自動車道があるから、これまた2時間ってことで、アクセスがラクちんなんです。

それに、やっぱり日本一の漁獲高を誇った銚子漁港があるじゃないですか。そして、そして意外と知られてないんですが、業務用の醤油工場っていうか、醤油会社の本社もあります。

ですから、お魚系が好きなお母さんというかご両親でもいいんですけど、日本の味ってことなら、銚子はバッチリです。

あとね。ほとんどの海沿いのホテルはオーシャンビューなんです。で、だいたいこの時期6時とかそれぐらいが日の出ですから、海から上がる日の出が部屋からバッチリ。

その後朝ぶろをして、朝食もおいしくいただけるっていう寸法なんですね。銚子市内っていうか、犬吠崎周辺の観光地もたくさんありますし。これまた別記事にしているから、そっちをどうぞ。

ってことで、首都圏から温泉っていうと、すぐに伊豆ってことを言う人がいるけど、混んでなくて、魚もおいしくて、お酒が好きなら地酒もおいしいし、観光もちゃちゃっとできるしってことで、お年寄りには、銚子はお勧めです。

もちろん、帰りには銚子ポートタワーがある「うおっせ21」で新鮮な魚介類のお土産をじっくり買ってくれば、いうことなしですな。

犬吠埼温泉 ぎょうけい館

母の日に送る温泉ギフトは?

ということなんですが、温泉ギフトの記事でもかきましたが、母の日に旅行ギフト券って人気。ぜひ贈ってあげてください。

ですが、上に書いたように、これってホテルの予約から電車の予約まで全部O.K.っていう訳じゃなくて、その代金の精算に使えるっていうもの。

ですから、遠く離れた母親とか両親とかに送る場合は、ギフト券だけ贈ると、結局予約の仕方が分からなかったとか、お父さんにたのんだけど面倒くさがってそのままだったとかいうこともあります。

ですから、そういう場合は、必ず電車の切符からホテルの予約もしてあげて、切符とホテルの宿泊クーポンを送らないといけません。

そうは言っても、高齢者になると結構体調を崩したりするから、結局はネットで予約して、ギリギリまでキャンセル可能の方がいいかもしれませんね。

秘書とか要人やアーティストの招聘をしたことがある人だと、その辺の手配はチョチョイのチョイでしょうけど、そういうカンジで母親とか両親をお客様と思って手配すると、ドタキャンされても腹が立ちませんからね。

家族と思うと、せっかく手配したのに、直前に風邪引いてキャンセルになったから、それが大変だったとか思ってしまいますけど、基本は一緒に行ってあげるのが一番ってことで、そうじゃないときは、これまた「歳だからしょうがない」ってことでね。お願いしますよ。


スポンサードリンク

母の日の温泉はじゃらんで?

ところで、その宿泊先とかですが、もちろんネットで検索すればいろいろと出てきます。が、意外と使えるのがじゃらん。

じゃらんって、若い女性がメインで使うじゃないですか。まあ、元若い女性でもいいんですけど。ですから、結構要求がシビアです。

それに対応してくれているから、中々いいカンジっていうか、かゆいところに手が届くようなプランもあります。

ですから、まよったときはじゃらんの企画を探してみてもいいと思いますよ。まあ、だいたいはどこも差はありませんが、ちょっとしたことで、これは良かったよねえってことがあったりしますからね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

我々の歳になると、母親や両親も喜寿だ米寿だってことで、単なる母の日だとねえ。ってカンジです。

でも、最近の高齢者はまだまだ若いですから、意外と娘や息子と一緒よりも、勝手に行ってくるからっていう人もいるみたい。

そういうときは、旅行クーポンが便利ですよね。手配もご自分でちゃちゃっとやってしまったりしてね。「そんなことも知らないの」とか言われてしまいます。では、良い母の日を。

※母の日の温泉旅行についての記事は、こちらにまとめてあります。
母の日の温泉旅行まとめ一覧

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,