アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

母の日は袋田の滝の温泉へ?観光とかお土産とかは?

2017/02/21

母の日に温泉旅行っていうのが人気ですが、どこに行くかが悩むところ。色々と候補はあるけど、袋田の滝にある温泉がいいとか。ってそれってどこ?ってところから、観光とかお土産とかも紹介します。

スポンサードリンク

母の日は袋田の滝の温泉へ

母の日に温泉旅行、別に母の日じゃなくてもいいけど、親孝行したいお年頃だと、なんかプレゼントっていうのもねえ。既に持ってるものも多いし。

ってことで、実は母の日に温泉旅行って、ここ数年でとっても人気。まあ、内需拡大でジャカジャカお金を使ってくれた方がいいですしね。

とは言っても、どこに行けば良いんでしょうかっていうのが悩むところ。特に首都圏からだと、どこでも込みますからね。

となると、意外と穴場が常磐方面。こっちって、車でもで電車でも空いているんですよね。車だと、常磐自動車道はそんなに込まないし、電車だとスーパーひたちだと、結構早いですよ。

でも、常磐方面って言ってもいろいろあるじゃん。常磐ハワイアンセンターですか?って言われると、そこまでいかなくてもいいところあります。

袋田の滝温泉。一応茨城県。ですが、ほとんど福島県ってことで、茨城の上の方。ってもちろん地図上で上ってことで、方角的には北になりますけどね。

ここは知る人ぞ知る冬は凍る滝ってことで、関東一円、果ては全国からオタンコナスがやってきます。

それに秋は紅葉がキレイなんですよね。ですから、秋は行ってもいいけど、大渋滞。その分、他の季節はゆったりのんびりとした時間が流れています。

となると、やっぱり母の日あたりの初夏というか遅い春というか、そのあたりに行きたくなるところです。

ってことで、おすすめのところなんです。というのも、滝があるからマイナスイオン満載。そして、茨城の海の幸と山の幸がフンダンな料理と、お肌スベスベのお湯がお母さんはもとより、日々お疲れのあなたもリフレッシュしてくれると思いますよ。

というのも、ホントアクセスがいいんですよね。東京から水戸まではすーぱーひたちで1時間ちょい。そこからは水郡線で1時間半ぐらい。

ってことで、2時間40分ぐらいで、ついてしまうんです。小旅行にはバッチリってカンジ。車でも楽ちんです。

常磐自動車道の那珂インターチェンジを目指します。三郷から1時間半ぐらい。そこからは、国道118号で50分ってことで、これまた2時間半ぐらいなんです。

もちろんそうなると日帰りもできるし、確かに日帰り温泉もあります。ですから、ちょちょっと入ってくるっていうのもありだけど、できればじっくりと泊まりで行ってきてほしいものです。

母の日に袋田の滝の観光は?

もうこれは袋田の滝に行ってもらうしかないでしょう。っていうか、それを目当てに行って、温泉がついでっていう人の方が多いかな。

でも、まあ、今回は温泉メインで滝はおまけでもいいでしょう。といっても、この袋田の滝、実は日本三名瀑に数えられているんです。

高さは120メートル、幅は773メートルで、滝の流れが大岩壁を四段に落下するんですよね。ですから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれています。

またある説には、昔、西行法師がこの地を訪れた時に、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と言ったとか言わなかったとか。ってことで、四季折々の美しさを味わえると思います。

ってことで、四段の岩壁を流れる水のつくり出すラインは白糸のようになめらかなんですね。でも時には激しいってことで、いろんな顔を見せてくれるみたい。新芽吹く木々の緑に縁どられた春も見応え充分です。ご堪能ください。


スポンサードリンク

母の日に袋田の滝のお土産は

ところで、その袋田の滝、お土産って言うと何があるんですかっていうと、ここはねえ。こんにゃくです。でーたーってカンジですが、こんにゃくは奥久慈こんにゃくってことで、水戸藩の名産品だったみたい。味は絶品です。

ほかには、ゆば。大子町のゆばっていうのもこれまた美味です。食べるものばっかりってことですが、まあ山の中ですからね。

あとは、最近地ビールも人気みたい。やみぞ森林ビールっていうのは、湧き水を使ったビールっていうので、ビール党には人気です。

袋田の滝の仲見世におみやげはたくさんあるので、ブラブラ見てもらえればと思います。ちなみに、車で行った場合は、帰りに笠間に寄ってくると、焼き物がたくさんあります。それはまた別記事にしますかね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、意外と穴場の温泉が袋田の滝温泉。私も何度も行っていますが、あまりに良かったっていったもんだから、水戸でコンサートをやったオペラ歌手が、翌日フリーだったから、そのまま水郡線で行ったっていうのがありました。

女性だったから、宿の人が心配して駅まで迎えに来たとか。まあ、日曜日の夕方にいきなり電話で「部屋空いてますか」って言われたねえ。お気をつけください。では、良い袋田の滝を。

※母の日の温泉旅行についての記事は、こちらにまとめてあります。
母の日の温泉旅行まとめ一覧

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,