アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

母の日の温泉旅行は別府でしょう?観光とかアクセスとかは?

2017/02/21

母の日の温泉旅行、というか、温泉というとやはり一度は別府に行ってみたいですよね。日本の温泉量の10分の1をほこる別府。ザ・観光都市でもありますし、全国どこからでもアクセスがいいですからね。

スポンサードリンク

母の日の温泉旅行は別府 

日本全国いろんなところに温泉はありますが、やはり湯量という面や街全体が温泉ってことになると、別府温泉ってことになりますよね。

ただね。九州じゃないですか。大分。ってことで、首都圏とか東日本だと、行きたいけどちょっとっていうのがあるみたい。

と言っても、大分空港からすぐですからね。今回は別府温泉っていうのもいいんじゃないでしょうか。

というのも、別府温泉って言ってもじつは8つの温泉郷があるんです。ですから、もちろん、一番有名な別府温泉に行ってもいいけど、それ以外の近隣の温泉もまた味わいがあっていいんですよね。

いわゆる別府八湯っていうやつ。簡単にそれぞれの特徴を挙げておきますかね。

まずは、別府温泉。別府温泉は、JR別府駅周辺に位置する温泉街で単純泉、食塩泉、重曹泉、重炭酸土類泉など多数の温泉が湧き、各泉質に応じて効能があると言われています。

温泉街は別府八湯の中では最も歓楽的な要素が強く、夜になれば飲食店や別府タワーなど繁華街のネオンが煌くってことで、とりあえず別府の温泉っていうと別府温泉ですかねえ。

それから浜脇温泉っていうのがあります。浜脇温泉は、朝見川の河口一帯にある温泉街で、JR東別府駅の前の海沿いにある温泉です。市営温泉「浜脇温泉・湯都ピア浜脇」がある他は、小さな共同温泉が多いので、こじんまりとっていうのなら、浜脇温泉もいいかも。

続いては観海寺温泉。観海寺温泉は、朝見川上流の山の斜面の古い街道沿いにある温泉街で、別府湾の見晴らしがよいこともあって、意外と人気です。単純泉、含重曹食塩泉で神経痛・リューマチに効能がある。大型リゾートホテル杉乃井ホテルと、室内温水プールアクアビート、ボウリング場、劇場や大展望露天風呂などのレジャー施設が並ぶので、ファミリーにはおすすめです。。

堀田温泉っていうのは、観海寺温泉のさらに奥、由布院温泉へ向かう九州横断道路(やまなみハイウェイ)沿いにある源泉地帯で、江戸時代に開かれた静かな山の湯治場です。湯量が豊富なのが有名。長逗留するのならいいかも。

明礬(みょうばん)温泉っていうのもあります。別府市街から少し離れた伽藍岳中腹の標高400mの所にある地熱地帯で、その名の通り江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街。湯の花は別府の名産ですからね。泉質は、酸性硫化水素泉、緑ばん泉で神経痛・リューマチ・皮膚病に効能があり、別府温泉保養ランドでは美肌効果の高い『ドロ湯』が味わえます。

続いて鉄輪(かんなわ)温泉。鉄輪温泉は、別府市街と明礬温泉との中間にあり、いまだに湯治の雰囲気を残す温泉街です。湯治客は貸間旅館にある温泉の蒸気を利用した装置「地獄釜」で自炊しながら長逗留しています。泉質も単純泉、食塩泉、炭酸鉄泉など多彩である。別府地獄めぐりの中心に位置しているので、観光には便利です。

柴石(しばせき)温泉というのもあります。紫石温泉は、血の池地獄や龍巻地獄の一帯にある由緒ある温泉で、895年に醍醐天皇、1044年に後冷泉天皇が入湯したといわれています。泉質は、含鉄泉、硫酸塩泉などです。

最後は、亀川温泉。亀川温泉は、JR亀川駅すぐの海沿いにある温泉街で、泉質はナトリウム・塩化物泉である。一遍上人が九州に上陸した地点と言い伝えられている上人ヶ浜(別府大学駅近く)に、市営温泉「別府海浜砂湯」があります。

ということですが、まあ、どこでも別府の温泉だから、スタイルに合わせてってカンジですかね。実際は、どこに泊まるかによるから、もちろん湯治って言う事なら別だけど、宿で選んでいいと思いますよ。

見晴らしという面では、やっぱり杉の井ホテルがあるだけあって、観海寺温泉が絶景ですね。ちょっと高台だから、別府市内も見渡せますしね。

料理は実は別府って別府湾っていうだけあって、海の幸が豊富なんです。城下かれいが有名ですが、関サバもおいしいですし、また温泉を使った蒸し料理「地獄蒸し」も有名。ってことで、海と山の幸をじっくりと味わってきてください。

母の日の温泉旅行別府の観光は?

そんな別府、観光はっていうと、これはもう地獄めぐりははずせません。って、閻魔大王がいる地獄じゃなくて、温泉噴出口で噴気・熱泥・熱湯などが噴出している地帯のことです。

国指定の名勝にもなっていて、海地獄とか血の池地獄っていうのは、見ての通り。海みたいな青い色とか、血のような赤い色をしています。

坊主地獄っていうもあって、ボコボコと灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似てるのもは、見ていても飽きません。足湯もあります。

それから間欠泉の竜巻地獄も見応え充分。ですが、ちょっと他の地獄があるところからは離れているんですよね。タクシーをチャーターしてっていうのがいいかもしれませんね。

あと、別府というと鶴見岳っていうか別府ロープウィって言う方がいいかな。ここからの眺望は絶景です。杉の井ホテルとかからだと、タクシーですぐだから、行って見るのもいいと思います。

標高500メートルの麓駅から、一気に1300メートルまで上がります。また、山頂には七福神めぐりとかもあって、確かお賽銭の100倍返って来るっていうのもあったと思います。初夏の季節はおすすめスポットです。

他には、一応別府タワーっていうのもあります。タワー研究会の人なら行ってみるのもありです。別府湾が一望できるので、上りごたえ十分です。

別府といえば、地獄蒸しということで、鉄輪でやっている地獄蒸し料理の体験工房があります。別府駅からバスで20分ぐらいです。ぜひご体験ください。


スポンサードリンク

母の日の温泉旅行別府へのアクセスは?

そんな別府、アクセスはっていうと、上に書いたように、東京大阪名古屋とかからだと、飛行機で大分空港っていうのが便利。

空港からは、空港バスで45分でJR別府駅ですから、チョチョイのちょいで到着です。あと、大阪とかからだとフェリーっていうのもあります。さんふらわあですな。1泊です。

四国からも連絡船的なフェリーが出ています。八幡浜からは別府港に到着。それ以外も近隣の港へのフェリーがあります。

鉄道だと、小倉まで新幹線でやってきて、そこからは日豊本線のソニックって言う特急で小倉からは1時間半ですね。

九州や山口県内の人なら、別に書かなくても分かるでしょう。車だと東九州自動車道か大分自動車道で別府インターから15分ぐらいですかね。

ですから、東京や大阪からでも、実はアクセスがいいってことで、今年の母の日は別府温泉っていうのもいいんじゃないでしょうか。

別府亀の井ホテル


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

下関の小学生は別府が修学旅行っていうのがおおいですね。個人的には家族旅行でよく夏に行ってました。あのころは特急は寝台特急しかなかったんですけど、今はソニックがあるから快適です。

それに高速道路もできたから、車でも下関・北九州からは2時間ぐらいで行けるようになりました。と言っても、今住んでいるところからは結構大変なんですけどね。改めて行って見たいと思います。では、良い別府を。

※母の日の温泉旅行についての記事は、こちらにまとめてあります。
母の日の温泉旅行まとめ一覧

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,