アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スノーボードのサークルの探し方は?SNSは?キャンプは?

2017/02/26

北の方では、既に初雪も降ったみたいで、ウィンタースポーツフリークの人達はワクワクの季節がやってきましたね。

ここ数年スノボをやってるけど、一緒に行く友達もいなくなって、今年はどうしようという人も結構いるみたい。

一人で行ってもいいんだけど、ご飯のときとか寂しいし、泊りとなると一人で泊めてくれるところも少ない。

こういう時はサークルでも入った方がいいのかな。検索してみたけど、説明文だけではイマイチよく分からないし。

っていう方に向けて、2002年からスノボサークルを運営している私が解説します。

スポンサードリンク

スノーボードのサークルの探し方は?

2002年だかなんだか知らないけど、昔の話はいいから、現在の話が聴きたいって言われそうですね。現在は、ネットで検索すればたくさん出てくるじゃないですか。はいはい、それでどれを選んだら良いのか分からないってことでしたね。

スノボのサークルって、ごまんとあるのですが、結構その年とかせいぜい2~3年で消滅してしまうものが多いんです。若い人がノリで作って、ある程度友達を中心にメンバーが集まったけど、数年したら結婚やら転勤で存続できなくなったというのが多くの理由。

ですから、まずは長く続いているかどうかというのが一つのポイント。ですが、長く続いているサークルというのは、今度はサークル独自の風習というかカラーがあるので、そこに馴染めるかどうかという心配も出てきます。

ということで、一つの提案として、行きつけのショップ等があれば、そこでサークルというかチームというかそういうものが無いか聞いてみるのが良いと思います。

店長さんもスノボオタクだろうし、あなたの事もよく分かっているだろうから、「それじゃあ、〇〇がいいんじゃないの」とか「ちょっとマジでやるけど、うちのチームで一緒に練習する?」とか言ってもらえると思います。

そこで、知り合った人から、こんなサークルがあるとか、団体があるとか紹介してもらえる場合もあるし、業界では有名なチームなりサークルなりの噂を聞くこともできるので、お勧めです。

スノーボードのサークル探しSNSでは?

行きつけのショップとか特にないし、いつも量販店でしか買ってないし。という方、また行きつけのショップはバリバリの本気モードのチームしかないんですよね。っていう方も多いですよね。

そういう時は、SNSで探すしかありません。というのも、単にネットで「スノボ サークル」とかで検索するとサークル一覧みたいなのが出てきて、自分が住んでいる地域や、よく行くゲレンデを中心としているサークルは探せるのですが、どんな活動をしているかはあんまり分かりませんよね。

サークル独自のサイトを持っているところは、そこを見れば概略は分かりますが、それでも実際に入ってみないと雰囲気は分かりません。入会費とか取ってないところがほとんどなので、登録だけするという手はあります。

そこで、サイト上でのやり取りをしながら、雰囲気に付いていけるか、新参者を大切にしてくれるか、方向性が合うかどうかを見極めて、大丈夫そうだったら、一度ゲレンデでセッションしてみるのもアリかと。

スポンサードリンク

それに比べて、SNSだと、まずやり取りから始めるので、雰囲気になじめるかどうか、首謀者じゃなかった、リーダーというか代表者との方向性が合うかどうかがすぐに分かりますよね。

ですので、SNSでメンバーを募集しているところがあれば、そこにまず登録してやり取りしてみてください。ただし、別に差別するわけじゃないですが、ミクシイとかハンドルネームで登録するSNSは、実際に会ってみるとネット上と違ったということも多くあったみたいですので、注意してください。

特に女性の場合は、最初から車に同乗などということは避けるべきです。まずは一人でゲレンデに行ってそこで合流。滑り方や食事の時の話題で問題ないようなら、次回からもってことで、何度か一緒に滑ってみて、本名や連絡先等が分かってからの同乗にしてくださいね。

フェイス・ブックでも基本は同じですが、一応本名での登録なので、ミクシイに比べると不届き者の割合はかなり少なくなるようです。とは言っても、ネットの世界ですからね。まずはゲレンデの合流からが基本です。

スノーボードのサークル探しキャンプは?

じゃあやっぱり、サークルとか難しいかなと思ったかもしれませんが、意外とお勧めなのがキャンプ。キャンプって、なんかバリバリに上を目指す人ばっかりっていうイメージですが、そうでもありません。

特に女性の場合は、ガールズキャンプと言って、女性ばかりを対象として、コーチも女性のプロやデモが努めるっていうのがあるので、安心して参加できると思います。

そこには当然一人での参加者も多いですし、キャンプの内容に合わせてそのレベルの人が集まるので、話も合い易いと思います。

参加者も全国とまではいかなくても、そのゲレンデに行ける範囲の人達が広く集まってくるので、仲良くなれば、「じゃあ、次回はゲレンデ集合で」ってことで、別にサークルに入らなくても、一緒に滑る仲間は増えていくことでしょう。

年に何回かは、キャンプでレベルアップして、新しい友達も作り、それ以外はそこで知り合った人とゲレンデ集合っていうのが、ストレスなく滑れるスタイルかと思います。

是非今シーズンはキャンプに参加してみてはいかがですか。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、私がサークルをはじめた頃はミクシイもフェイスブックもなかったので、サイトで募集するしかありませんでしたが、今はねえ。いろんな通信手段があるので、より多くのサークルや集団を見つけることが出来ると思います。

自分のスタイルにあったサークルや仲間を見つけて、楽しいスノーライフをお過ごしください。

えっ?私のサークルはメンバー募集してないのかって?サークルと言っても、みんな年寄りばかりですからね。滑っているより休憩している方が長い人達ばかりなんです。

どこぞのゲレンデでピンクのゾウさんステッカーを貼った中高年を見かけら「疲れますねえ」と声をかけてみてください。とは言っても、ウンチクだけは語る人ばかりですから注意が必要です。では、お大事に。

関連記事
スノボに一人で行く初心者は?

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-,