アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

母の日の温泉旅行は湯布院がおすすめ?観光やアクセスを紹介

2017/02/21

母の日に温泉旅行でもって思ったら、どこに行こうか迷うところ。なんか湯布院って響きが良くないですか。ゆふいんの森とかいう電車もあるし。湯どころの大分県の湯布院。今年は母の日にかこつけて行ってみますかね。もちろん、観光とかアクセスもバッチリ紹介します。

スポンサードリンク

母の日の温泉旅行は湯布院で

大分の温泉っていうと、別府っていうのがすぐに思い浮かびますよね。確かに湯量だと日本一を誇っているし、街全体が温泉ってカンジだし。

が、実は別府のちょっと奥っていうか、山側の湯布院の方がなんか高級感がありそうな気がしませんか。ゆふいんの森とかいう電車も走っているし。

っていうのは、確かに湯量だけだと別府です。日本一ですからね。ただ、九州山口の人間だと、別府もいいけど、温泉はやっぱり湯布院でしょうっていう人が多いです。

別府は温泉街って言うカンジなんです。ですが、湯布院は元々由布院っていうのが正しいし、由布岳のふもとのしっぽりした温泉地でした。

が、戦後のリゾート開発に反対して、自然との共存を打ち立て、今では映画祭はあるし、文化的な街として日本中から注目され人気も高いです。

それもあって、ゆふいんの森っていう電車まで出来たんですよね。これまたゆふいんの森は高級感あふれる列車ですし。由布院と湯布院と両方をたてて、ひらがなにしたみたいだし。

ってことで、私も小さい頃は毎年のように別府の温泉に家族旅行に行っていましたが、父が「湯布院はお金持ちが温泉宿でゆったりするところじゃ。大きくなってたくさん稼いだら連れてておくれ」って言ってました。

そんな湯布院、母の日にかこつけてお母さんと一緒に、もちろんご両親ご健在なら、ご両親と行ってみるっていうのがいいんじゃないでしょうか。

効能っていうか泉質はナトリウム泉のところ多いですね。癖のないさらさらしたお湯だから、どなたにでも合うはずです。

一部青いお湯もあって、それがまた人気。青いお湯は食塩泉でシリカの結晶が乱反射するからとも言われています。

青いお湯の宿は限られますので、狙って行ってください。なお、青いお湯は特に美肌の湯として女性に人気。

他のお湯ももちろん、神経痛、間接痛を含め、一般的な疲労回復に効果があるので、じっくりとその効能を実感してもらえればと思います。

青いお湯の代表的な宿は「庄屋の館」です。高級感あふれる宿で、宿泊者の評価も高いです。
由布院温泉 庄屋の館

それに庄屋の館は日帰り入浴も可能なので、とりあえず青いお湯を実感してもらってもいいんじゃないでしょうか。

他にも、日帰り可能な宿の温泉はたくさんありますし、共同浴場のクアージュゆふいんなんかは、行く価値十分です。

足湯もあるので、とにかく湯の街としてのんびりゆったりと由布院の街を堪能していただければと思います。

母の日の温泉旅行湯布院の観光は?

そんな湯布院、温泉の街ですが、いわゆる温泉街って言うカンジじゃなくて、なんかアート的な雰囲気の街なので、ホントぶらぶらするだけでも癒されると思います。

ですが、せっかくならどっか見て回る?ってことなら、まずは金鱗湖ですかね。ここから見る由布岳が絶景っていうことで、朝もやの時間はカメラマンがたくさんやってくるほとです。

湖の周りにはお店もたくさんあって、お土産を見るにもいいですし、お土産っていうよりアート作品的な工芸品を売っているお店のあるので、散策には持ってこいです。

工芸品というと、由布院ステンドグラス美術館も人気です。体験コーナーもあるので、オリジナルの作品を作ってみてもいいかも。もちろん、お土産品も素敵なものがたくさんありますよ。

そして、実は由布院、知る人ぞ知るお勧めの工房が。幸運の招き猫を作っている工房が由布院にあるんです。その名も「工房輪葉葉」の招き猫。

ここの招き猫を買った人は、その後幸運が舞い込むってことで、テレビでも取り上げられたとか。この際、寄ってみるのもいいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

母の日の温泉旅行湯布院のアクセスは?

で、その由布院ってどうやって行くの?ってことですが、これまた九州や山口の人達は、勝手に行ってもらえればと思います。

大分自動車道も延長したから、ホントにチョチョイのチョイで行けるようになりました。そういう面でも九州内の移動はラクになりましたよね。

っていうか、東京とか大阪とかからの人ですよね。そもそも由布院の位置が良くわらからんってことだと思いますが、上に書いたように別府のちょっと山側です。

ですから、別府を目指せば大丈夫。はっきり言って、別府から由布院って車だと15分から20分ですからね。それもあって、別府の奥座敷って言われていたんです。

ってことは、飛行機だと大分空港ですよね。大分空港からは、由布院行きの空港バスが出ています。だいたい1時間ぐらい。ラクちんでしょ。

えっ?電車オタクだから、ゆふいんの森に乗りたいって?そうでした、失礼、失礼。ゆふいんの森も大人気ですからね。

ゆふいんの森は博多からでていますので、福岡まで行ってください。飛行機でも新幹線でもいいから、福岡に行って、博多駅からゆふいんの森で2時間ちょっとです。

あと、書かなくても分かると思いますが、広島とか岡山とかの人で、飛行機じゃないけどっていう方は、新幹線で小倉でゆふいんの森に乗り換えですからね。

ということで、芸術のにおいがする由布院、今年は母の日にかこつけて行って見てもいんじゃないでしょうか。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

そんな訳で、小さい頃から由布院には憧れていたんですけど、初めていったのは、ナント高校時代の友人4人。それも男ばっかり。

お湯も最高、料理もバッチリでしたが、なぜか大分に就職していた一人が、「じゃあ、街まで繰り出しますか」って彼の車で出発。

のときに、夏なのに「4人乗るとエアコン切らないとダッシュがイマイチ」とか言い出して、エアコン切ろうとするから、「あのーなんでダッシュが必要なんですか」って言って、エアコンを切るのをやめさせたってことがありました。

まあ、私の友人ですからね。やっぱりスットコドッコイってことだったんでしょうね。その後私以外の3人は結婚しても幸せな家庭があるから、今は家族で行っているみたいです。では、良い由布院を。

※母の日の温泉旅行についての記事は、こちらにまとめてあります。
母の日の温泉旅行まとめ一覧

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,