アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

転職でハローワークはブラックだらけ?見分け方や締め出しの効果は?

2017/03/01

転職する時に、ハロワークってとりあえず行くと思いますが、ハローワークの求人ってブラックだらけっていう噂もありますよね。そうなんでしょうか。ブラック企業の見分け方やブラック企業の求人票の特徴、ブラック企業締め出しは効果があるかなどをお伝えします。

スポンサードリンク

転職でハローワークのブラックだらけ?

ネットで検索すると、「ハローワーク ブラック企業」って言う記事がわんさか出てきます。そんなにハロワークの求人ってブラック企業ばっかりなんでしょうか。

そもそもブラック企業の定義っていうのが難しいと思いますが、よくあるのが、求人票と違ってたっていうやつ。

残業はないと書いてあったのに、面接で「残業出来る?」って聞かれたとか、「正社員」って書いてあったのに、契約社員だったとか。

まあ、そういうのは、ブラックと言えるかどうか分かりませんが、求人票と違うってことで、お断りすればいいと思います。

そして、紹介状を書いてくれたハローワークにすぐに通報。っていうか、「求人票と条件が違ったので辞退しました」って報告しましょう。

ただね。これは割合の問題なんですよね。確かに転職サイトとかだと、そういう企業は少ないけど、全くないってことはありません。

特に転職サイトはお金を払って掲載するので、転職サイトの方も、細かくその企業のについて、どんな業務でどんな人がほしいのか、待遇はどうで、正社員なのか契約社員なのかを聞いて、それで掲載します。

が、ハローワークは基本的に、求人票に従って、正社員かパート・アルバイトかぐらいしか区分けがなくて、書いてきた通りの載せるんですね。

まあ、もちろんあまりにこれは違うだろうっていう内容だと、「ここは、こっちになりますね」とか修正はしますが。

ですから、中小企業とかだと、求人になれてない人がやってきて、こんなもんだろうってことで書くから実態とかけ離れていたりします。

ということは、逆に優良企業も埋もれていたりするんです。特に優良企業っていうか、ホワイト企業はほとんど人が辞めないじゃないですか。

ですから、何年に一度っていうカンジで求人を出しますよね。そうすると、担当者も変わっていたりして、前にどんな風に出したかは分からない。

で、こんなもんかって書くから、実際求人票を見たら、シケた内容だったりします。が、実はホワイト企業だったってこともあるんですよね。

それに、そういう会社は、とりあえずハロワークに求人出して、それでも人が来なかったら、有料のサイトとか新聞広告に出そうっていう所も多いから、ハローワークの求人だからって言って、全てブラック企業とか言えないんです。

特に地方だったり、大都市でも中小企業だったりすると、有料サイトは2段め3段目の話というところも多いですよ。それを踏まえて探してみてください。探し方については、次章にしますかね。

転職でハローワークのブラック企業の見分け方は?

じゃあ、ブラック企業かどうかの見分け方っていうのは、どこなんでしょうか。気になります。

まずは、定点観測が一番。それもあって、辞めてからじゃなくて、辞めようと思ったら、すぐにハローワークに登録してくださいって言ってるんですよね。

というのは、ブラック企業って、どんどん人が辞めますよね。ですから、常に求人を出しているんです。ということは、アレ、この前も出てたけど、まだ決まらないの?って言うカンジで、1年中求人が出ているような企業は怪しいです。

それから、妙に甘い言葉を多発しているところ。「経験不問」なのに「幹部候補」とか、幹部っていっても、名ばかり店長とかっていうこともありますからね。

あと「急募」っていうのもねえ。それだけ人がいないってことですよね。ホワイト企業なら、定年なり、その他の理由で辞める場合も、会社に迷惑がかからないように辞めるから、「急募」ってことはありません。

そのあたりは、まず求人票で見分けがつくところですね。あとは、ハロワークでも転職サイトでもですが、実際に面接に行ってみないと分かりません。

上に書いたように、「残業なし」って書いてあったのに、「残業できる?」って聞いてきたとか、「正社員募集」って書いてあったのに、「最初の3ヶ月は契約社員で」とかいうのは、お断りしましょう。

そうそう、それから試用期間が異様に長いのも怪しいです。通常3ヶ月ですからね。これが6ヶ月間は試用期間っってなると、考えたほうがいいでしょう。

試用期間の間は、すぐに首にできるっていうのがあるから、それでこいつは使えないって思うと、明日から来なくていいって言おうと思っているところだったりします。

あと、これはハローワークだからこそ確認できるんですが、過去にその企業が何回ぐらい求人を出しているかを聞いてください。

あまりに頻繁に出している所、特に3ヶ月毎とかに出しているところは、完全にブラックです。お役所とかで、1年契約のところは、違いますけどね。

ってことで、ハローワークの求人でも、転職サイトの求人でも、上に書いたことは必ず確認するようにしてくださいね。


スポンサードリンク

転職でハローワークのブラック締め出しは効果ある?

それから、ハローワークっていうと、ブラック企業"の求人を受理しない制度っていうのが出ましたよね。酷いところは企業名も公開するっていうやつ。

これって効果があるんですか?って聞かれるけど、まあ、ないよりかはマシ。ってカンジ。

というのは、もちろんザ・ブラックで、どうしようもない企業は、求人も受け付けれられないし、企業名も公開されるから、そういうところには効果がありますよね。

ただ、上に書いたように、そこまでじゃないけど、結構求人票と違うっていうのは多いですからね。

ですから、この法律ができたからと言って、安心って言うわけにはいきません。それは、ハローワークじゃなくても転職サイトでも一緒ですけどね。

そうはいっても、中小企業とか地方の企業だと、とりあえずハローワークに出すから、そういうブラックもどきの会社が溢れているってことなんです。

私が経験したことですが、ブラックじゃないけど、無知によりブラックもどきの会社っていうのは、特に地方の中小企業は多いです。

経営者の感覚として、首都圏に比べて20年遅れている人が多いですからね。いわゆる昔の家内制手工業の時代で、雇い主と丁稚ってカンジ。

ですから、雇ってやってるんだから当然だろうみたいな感覚で、それが法律違反になるとか、世間一般でいうブラックになるとは思っていないんですね。

その辺りは、もう世間知らずのタダの金儲けしか興味がないオヤジってことで、さっさと見切りを付けたほうがいいですね。

ということで、まだまだ会社というのは社会に貢献するものだっていう意識の経営者はほんのわずかみたいですよ。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

転職で中小企業とか地方の企業に入る場合は、そこの労働組合があるかどうもチェックポイントになります。

だいたいブラック企業には労働組合はありませんからね。ただ、ブラックじゃないみたいだけど、労働組合はないし、どうしようっていう場合は、いわゆる「ユニオン」っていう一人で入れる労働組合があるから、とりあえずそれに入って見るのもいいと思います。

特にネットで入れるのは、1月単位で組合費を払えばいいから、入ってみてホワイト企業だったら、適当なところで組合を脱退してもいいですからね。

その辺のことは、また改めて書きたいと思います。では、良い転職を。

関連記事
転職はまずはハローワークから
ハローワークの担当者をエージェントとして活用
ハローワークで資格取得は職業訓練校に行く?
職場でいじめは嫌がらせに遭ったら?
転職サイトって効果あるの?
一人でも入れる労働組合があるの?
転職した場合の給料の相場って?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,